topimage

2017-08

ミヤマカラスアゲハ - 2012.09.02 Sun



 
||||||||||||||||||||  巻  ||||||||||||||||||||


               天 狗 陰 陽 暦


          2012 0901


             
七日巡り:月の日


     小話   || 深淵 レポート 飛びもの編    ||

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


20120825mibuchi5058.jpg

ずっと心惹かれていた蝶がいて・・

  その名を
" ミヤアゲハ " という。

  " ミヤマ " は 深山(みやま)、
  " カラス " は 真っ黒の烏((からす)

・・のようなアゲハチョウという名の由来でしょう。


今回訪れた深淵の渓流には、このミヤマカラスアゲハがときおりに
飛び回っていて、わたくし・・ちょっと興奮して追っかけまわして
しまいました。


20120825mibuchi4851.jpg

そうして、とうとうこの1葉のカット!

昼なお暗い渓流のなかに差し込む陽光に反射して、
キラッ‥キラッ‥と輝く様は、あっ!‥と声が出るほどに美しい。

このミヤマカラスアゲハの羽は、
その表と裏で、色や輝きの見え方がまったく異なります。

20120825mibuchi5050.jpg

ごらんのように、
羽を閉じた状態では、ほぼふつうのクロアゲハですが、
羽を開くとその色は、
見る角度によって、金属的な緑色から紫色に変光して輝きます。

これは " 色 " というよりは " 輝き " と言っていいでしょう。
あの世界的に有名な モルフォチョウ と同じ仕組で輝いているようです。

日本の蝶の中で、
私がもっとも好きな蝶はナニ? ‥と聞かれれば
アオスジアゲハミヤマカラスアゲハの二雄が座して甲乙つけがたし。

 洒落た洋館の大広間でカクテルドレスを身にまとい、
 軽やかに舞い踊る若く美しき才媛が アオスジアゲハ

 ・・とすれば、

 書院造りの重厚な座敷に、西陣織を羽織って・凛と背を正し、
 遠くを見つめ何を想うか若奥様が ミヤマカラスアゲハ。

‥といったところでしょうか?

 えっ? また妄想が過ぎておるのでは‥とおっしゃる?

 うむ・・その旨 然り。


20120825mibuchi4860.jpg

そして 

 とうとう!  この " ミヤマカラスアゲハ " と、
 我が 一指相伝:指先交友を成すことができました。

人気の無き深山に住まうからか、あまり人を警戒する様子はありません。
でもなんだか‥特別にやさしくしてもらったようで ウレしきかな。

ミヤマカラスアゲハよ、また会おう。
こんなに近づくことができた興奮のせいで、ちょっと浮き足立って
しまい、ピントも露出もダメダメな今回の写真だったから‥

次こそは君のその‥
ハッとするような美しい一様を撮ってあげたい。

シグマ SD15 フォビオンセンサーよ!
それができるのは、オマエしかいない、頼んだぞ!


 |||||||||||||||| 陽 炎 
||||||||||||||||

そしてもうひとつ、この深淵の夜に
我が宴を訪れてくれた美しき客人をご紹介しよう。

     20120825mibuchi5202.jpg


 まるで妖精のようなこの客人の名は " カゲロウ " 。

 ねっ!

  こんな美しき客人がすぐそばに居てくれれば、
  酒盃もすすむというものでござろう。


スポンサーサイト

ベニシジミ 蝶 - 2012.06.25 Mon

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

             

         天狗陰陽暦
      2012 0625  


        
七日巡り:月の日



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



   ベニシジミ  図 鑑 候 補 絵巻

20120623sijimi0816-2 2

 シジミチョウ科 ベニシジミ


ごくふつうに、そこらへんに飛び回っている超身近な シジミチョウ。

・・・なのだが、

この「シジミチョウ」という呼び名は、実は彼ら小さなチョウ一族の総称名、

すなわち、ひとつのグループ属名で、

この [  シジミチョウ科  ] 一族は、さらに5つの小さな亜科族に分かれている。


だから、今日のこの小さなチョウは、

 シジミチョウ科:ベニシジミ亜科 ベニシジミ ・・なのである。



 ||||||||||||||||||||||||||||||||| ファーブル:さぬき研究所 
|||||||||||||||||||||||||||||||||



ちょっと 斜めからのカットを。

20120623sijimi0821.jpg


脚のその、ちょこんとしたふんばりが可愛い。

ハデなオレンジ色の前翔を,

 なかば隠すように重なる地味系グレーの後ろ翔(はね)が

なかなか粋な意匠だけれど、

どうしてこんなにも異なったコンセプトになったのだろう。

「チラ見せ効果」を狙ったのか?


しかし、それが謎としても、

その後ろ翔(はね)の…グレー後縁のレッドな縁取りは、

ここには赤が欲しいと筆を入れたデザイナーのすぐれた素性の良さを感じる。


羽の 黒い点の散らし方も、一見ムチャクチャなようで

よぉ〜く見てると 規則性がうかがえてオモシロイ。



では、次は「正面」からのカット。


20120623sijimi0828.jpg


う〜ん、実にその端正な立ち姿とまなざしには ドキッとします。

羽を閉じたときも、正面から見て隙間なく

ちゃんと流線型なクローズデザインになっているようで ちょっと驚きました。


・・・にしても

なにより、かわいいですな、こいつは。

今度はぜひにも、

このベニシジミのベニシジミらしい印象派写真を狙いたい。








謎のモンキチョウ - 2012.06.09 Sat

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

           
             
 


           天狗陰陽暦
      2012 0609  


          
七日巡り:土の日



   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



20120608upmonki5229.jpg  



このチョウチョ‥

ずっと何の疑問もなくふつうの紋黄蝶(モンキチョウ)と記録していたのだが

写真を整理していて‥ふと " 気になるコト " が心に引っかかった。


 こいつ、紋黄蝶と名乗るからには

  翅に " 紋 " があってしかるべきではないか?


たしかにこのかわいいチョウ、黄色は黄色だが翅に紋がないことに気がついた。

それに‥子どものころから馴染みあるはずのモンキチョウや、その親戚筋である

モンシロチョウ一族らとは‥ちょっとサイズが小さい気がするし、なんとなく

翅の " 仕立て " の質感がちがうように感じられてきて‥


ちょっとググってみた。

まずは  [  モ ン キ‥  チョ ウ  ] ‥‥で、どうよ?

・・・・・・ふぅ〜ん

出ました。

まぁ〜あまたにあふれる情報のなかから典型的モンキチョウと感じる画像が

コレ↓‥なのだが、


800px-Colias_erate_poliographus_sep01.jpg


はい‥紋黄蝶には、たしかに、翅には白い " 紋 " が、あります!

そして‥

   ↓‥ 私の黄色いチョウと比べてみると‥


20120609kitakicho5275 2


やはり ちがう。

 どこか " 立ち姿 " もちがうぞ。

う〜〜〜ん?

 地域差による " 亜種 " なんだろうか?

 ・・・・・。

  もしや‥まさか‥の [ 新種 ]  !?

  おぉ〜 !!!


 ‥‥‥‥‥‥ ファーブル讃岐研究所 ‥‥‥‥‥‥‥


もはや押さえることもままならぬ興奮に、キーボードの上を指が走る。

黄色い チョウチョ‥ 黄、 蝶、 チョウ、

 超図鑑‥ あっ、ちがう。 落ち着けオレ。

 蝶図鑑‥よし、

  えぇ〜っと‥ この「シロチョウ科」か?


クリック、そしてまたクリック・・・んで? 

・・・・

  あっ、これか?


724px-Eurema_hecabe_2011-11-03.jpg

 和名:キタキチョウ(キチョウ)
 
学名:Eurema hecabe hecabe

 分類:節足動物門>昆虫綱>有翅昆虫亜綱>鱗翅目>シロチョウ科

 前翅長は20-27mmで、近縁のモンキチョウよりもやや小さい。
 翅は黄色で、雄の方が濃い色をしている。前翅、後翅とも外縁は黒色に縁どられ、
 裏面に褐色の斑点がある。夏型と秋型があり、前者は外縁の黒帯の幅が広いが、
 後者は黒色の縁が先端に少し残るか、もしくはない。


ほぉ〜 ・・・キタキチョウね。

モンキチョウの近縁種とあるね‥ 知らなかった。

日本全国どこでもふつうに見られるチョウとのことで新種発見の野望と期待は

泡と消えてしまった。

どうやらずっと身近にいたものを、どれもこれもモンキチョウひとくくりで

ザクっと認識していたものらしい。


みなさんもご関心あらば、モンキチョウとキタキチョウの二種識別を試みあれ。

やや小ぶりで、その飛翔はモンシロチョウやモンキチョウよりも小回りがきき

敏捷なるフライトを見せます。


彼女(もしくは彼)と別れ際最後に‥

奥義:指先交友拳を尽くした友好関係樹立式をとりおこないました。


20120609monki5265.jpg


うむ‥

 かわいい奴。

 また会おう。








遭遇:アオスジアゲハ - 2012.05.28 Mon

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

           
             
 


           天狗陰陽暦
      2012 0528  


          
七日巡り:月の日



   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



  庭先ファーブル生物記

201205152aosujiageha8769.jpg



 暑い日差しの中を ご近所を散歩中のこと

道ばたのそば、だいぶくたびれて立つ物置小屋の‥その影や日なたを

かなりな高速で飛び回る小さな黒い未確認飛行生物を目撃、


すぐさま息をころしつつ静かに観察体制に入って、忍び足で接近。

その黒い飛翔生物は、思った通り「アオスジアゲハ」だった。

わたしが「蝶族」のなかでもっとも上位にランク付けしている蝶、

子どもの頃から惚れてしまった蝶なのである。


その‥スタイルデザイン、カラーデザイン、飛翔スタイル、

どれをとっても私の心をくすぐるインパクトがある‥のだが

こいつは蝶族のなかでも、

F1クラスのスピードと飛行技術で、めまぐるしく高速に飛び回るもので

なかなか交渉が難しい相手なものだから‥

よけいに男心がくすぐられ(?)‥片思い的なおつきあいを続けてきた。

だから‥か、

何時何時でも‥視界の中にこのアオスジアゲハをとらえれば、私のカラダは

自動的に追尾モード( =ストーカーモードとも言われている)に入る。


 見よ!

  ↓ ‥ このデザインセンスを!

20120515aosujiageha8772.jpg


あまたある天上のデザイナーのなかでも

よほど優秀なるデザイナーが手をかけたのだろうこのデザイン。

この写真ではわからないが

翅の外側のうしろには、レッドやイエローもあしらわれている。

ちなみに翅の青いパステルカラーな部分に「鱗粉」はないそうだ。


この日の数日前には、二匹が後ろ向きに合体した‥つまりは交尾姿勢の

熱愛カップルを目撃。

そのときには葉っぱの上よろしく楽しんでいる二羽まであと20センチの

ところまで近づくことができた‥のだが、あいにくカメラを持ってなくて

記録にとどかず、ウレシさ半分‥悔しさ半分‥涙がでそうになった。


 ‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥


この日のアオスジアゲハは、この小屋の陰の汚い地面へのタッチ&ゴーを

繰り返していたのだが、

どうやら地面に滲み出ている水を求めているらしい吸水行動だったらしい。

もしかしたら‥そのジメジメした土の水分には、彼らにとって魅力ある有機的、

または無機的な物質が香っていたのかもしれない。


かれら一族の母なる木は「楠(くすのき)」の一族である。

だから神社や公園などがストーカーポイン‥いや観察ポイントとなるはず。


彼らをもっと‥じっくりと‥精密に‥写真を撮ってみたい。




田植え近し日 - 2009.04.28 Tue


  |||||||||||||
土佐 本山 樫の谷 ||||||||||||||

     ‥‥‥* 畦  歩 *‥‥‥‥

                あ ぜ ほ

    azeho dia
ry
       天 狗 里 山 絵 巻

     [  棚田 錦織ドレス  ]
   090425ageha5000-1.jpg  
      ぜひ画像をクリックして拡大してご覧下さい。
   

前回のクロアゲハにつづき‥
今日のオープニング・フォトは、おなじみのキアゲハ。
おなじみの‥とは書いてはみたものの、写真に撮って、こうやって‥
あらためて眺めてみるに‥


 なんという‥錦な色彩!
 なんという大胆かつ繊細なるデザインなことか!

 それにこの‥
 コバルトブルーの散らし方なんかは、
 奇跡のような配色である!


‥と、いまだに興奮を抑えきれない初老の天狗でありました。

こ、これは‥ なんだか‥
蝶一族のみなみなのドレスアップした装いを写真に記録していくことは‥
実に興奮するお仕事としてクセになりそうである。


ただ、私には彼らチョウチョ一族を写真に記録するにあたり、
守るべき撮影礼儀というものがある。


 ◎ 撮影礼儀指南:その壱 

   写すにあたり捕獲するべからず



なぜかというに‥
網で捕まえたり、手で掴んだりしては‥彼らのその繊細なる翅(はね)が‥
損なわれる怖れがあるからである。汚れなき姿を撮る‥これぞ天狗の奥義
バージン・ショットである。


 Q、そんなことをしていて撮れるのか?

  Amswer: 困難極まりなきことですが可能です。


では‥
私の奥義のひとつをお見せしましょう。



 090425ageha5034-1.jpg



 ほらねっ! 
 彼ら蝶一族の礼儀を知れば‥彼らから近寄ってきてくれます。
 けっして私がつまんで指に乗せたわけではありません。

 
われわれ攻獲機動隊の調査において守るべき行動三原則。

 * 行動三原則:その1 
 
  「自分の五感で認知したことだけを真の知識とする」


 ‥という鉄の掟を全うしてゆくとこんな奥義が会得できますのじゃ。


 いつでも‥というわけにはいきませんが、
 気と機を見極めれば、蝶一族とはかなり親しく交流できます。

 だれでもできますから挑戦してみてください。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ azeho ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 090424tanada4634.jpg

  田岡さん家では、通常の苗床づくりが真っ最中でした。




  439協議会


 さる4月24日 金曜日のこと‥
 高知県 本山町役場で開かれた439連絡協議会に出席した。


 天野礼子女史、山下一穂氏をはじめ‥
 各町村のみなみなが一同に集まり439エリアの今後の計画を談義す。


 ‥‥が、しかし、
 予算とか許可とか認可とか‥そんな業界用語が飛び交う会議において、
 私はまるでテニスの試合の観客のごとく‥顔を右に振り左に振り‥ただ頷くばかり。
 新しい農業を進めるには、農業ばかりか行政知識も必須らしい。

 みんな‥よくぞ、
 あんなややこしく面倒なことをこなせるものである。


 ‥で、私の出番は会議最後の議題であった。
 439のホームページやブログについて、皆にその効用を喜々として話した。

 会議前半‥聞き役に徹せざるを得なかった鬱憤を晴らさんとばかりにしゃべる。
 みなさん‥ この天狗之里山絵巻、よろしくお願いします。





 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ azeho ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥




 [  コメント通信 感謝御礼  ]



 このブログを書き始めてもうすぐ一ヶ月‥
 ここ数日のこと‥相次いでコメントをいただきました。


 オズさん‥ 遊人さん‥
 ブログを記すものにとって、読者からいただくコメントほど、
 心おどることは他にありません。

 
 上記のおふたりのコメントを聞けただけで‥
 よっしゃぁ~ 見ておれ! ‥と、心奮い立つもの在り。
 ありがとうございました。


 なお‥いただいたコメントには
 同コメント欄にて必ず返信コメントを返しますので‥。
 コメント欄の‥私のコメント見出しをクリックすれば文面が開きます。

 よろしくお願いします。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ azeho ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 090424tanada4686.jpg

   樫の川流域にひろがる棚田エリア:最深部を望む
 


 アゼホ・ホットラインにて‥
 オズさんから「ミツバチの問題」について情報をいただきました。


   異変が起きているのは西洋ミツバチで‥
   日本ミツバチには影響はないのでは?
 

 ご意見ありがとうございました。
 さっそく、ネットにてざっとググってみましたところ‥
 たしかに西洋ミツバチに限って起きている問題のようです。


 ただ‥正直に言えば、
 西洋ミツバチと日本ミツバチとの相違や養蜂用途については
 知っているつもり‥でしたが、

 恥ずかしながらそれらの知識は二次的な情報ばかりで、実は‥
 見た目に、
 西洋ミツバチと日本ミツバチの区別さえつかない‥
 ‥というアホな事実が発覚しました。

 これより‥この2種のミツバチを
自分の目で確認する覚悟です。

 できうるならば‥ぜひにも我が指にとまっていただきたく、
 彼らと親交を深めたいと思います。

 かつてアシナガバチ一族と接触交流が成功したことがありますが、
 あのときは、直径15センチの巨大な巣に群がるアシナガバチ一族に
 そっと近づいて巣に手を伸ばし‥ 

 ついには私の指に1匹のアシナガバチが‥ 感動の一瞬でした!



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ azeho ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 090424tanada4631.jpg

      きっと‥気持ちいいのだろうな。



  [  棚 田 計 画  ]




ほんとうはコレを最初に書くべきだった。
なんたって‥この絵巻は、棚田の日記なのだから‥。

4月24日現在‥吉延(よしのぶ)の棚田は土を耕した状態で春を迎えています。
さて‥水もぬるみ、新緑も青々と濃さを増す5月‥いよいよ「田植え」を行います。


 * 田植え日程 *

   5月16日 土曜日 朝9:00より

    吉延の棚田にて


しかし‥田植えと言っても、
今期にこの棚田で試みるのはふつうの田植えとはかなり手法が異なります。

それは「 紙 」を使う田植えなのですが‥みなさんの???は承知の上で
追ってこの日誌上で紹介していきます。


この日‥棚田ファンクラブ:畦歩の会では、
香川県より4~6歳までの子どもたちのいる家族を招待して参加する予定です。

いよいよ棚田での米づくりの‥はじまりはじまり。



  ーー追記ーー

 さて‥棚田プロジェクト開始までまだ半月余り。
 この里山絵巻‥ネタをどう繋ぐいでゆくか? 話題捻出に悶絶の天狗は如何に?
 乞うご期待!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード