topimage

2017-06

ヤマガラと大人たちと - 2015.02.16 Mon

 

 >> SHINRA  DEEP  FIEL STOR
Y


  |||||||||||||  2015  0216  MON DAY  ||||||||||||||



     小話 [  ヤマガラと大人たちと・・  ]


  20150215yamagara6313.jpg


  むかしむかし‥・と言っても、ほんの2,3日前のことじゃった。
  コトリのおじさんはその週末の2日、たてつづけに山へ上がったんじゃ。

  その一日目は子どもたちと・・そして二日目は大人たちと・・
  その日ヤマガラたちは、この冬一番と言ってもいいピーナッツ祭りになり
  山の上は 上へ下への大騒ぎに沸いたんじゃな。

  コトリのおじさんもヤマガラたちに負けずゴキゲンじゃった。
  そりゃ〜教え子の子どもたちや、海の向こうからは大人軍団の方々が
  ヤマガラたちに会いたいと来てくれたんじゃから。

  この大人軍団御一行というのは、
  はるか海を隔てた吉備の国から来香された御一行で、あの南方の写術師:
  Kenzo氏の開く写技指南道場の門下生でおられる方々じゃった。

  師の導きにより、みなコトリの飛翔の一葉を得んと集いし
  最新鋭の高速写撃機を標準装備した武装師団と言える陣容じゃったが、

  武装とは言っても、それは光学写撃機というもので
  見かけの重武装感とはウラハラに、ただただ絵をいただくばかりという
  これほど友好を深めるに役立つ武装機器というものは
  思うに 他に例はないでしょうな。
  

 
  20150215yamagara6277.jpg



  写術指南のKenzo氏も " 人類-鳥類 社交場 " の一画に陣を張り
  他のみなさまがたもズラリと居並びたるその様はなかなかの一景じゃった。

  ヤマガラたちも臆すること無く次から次へと飛んできて
  時たつ間もなく社交場ではみなの黄色い歓声があがったんじゃが・・

  やがてその歓声は、うわっ・・とか、あっ・・とか、あぁ〜・・とか
  嘆息感あふれるうめき声にも似た不思議な空気に満たされたそうじゃ。

  コトリのおじさんには分かっていたんじゃな。
  だれでも 飛んでるコトリを写撃せんと挑めば必ずそうなるものじゃと。

  でも、舞い踊るコトリたちを相手に、
  次こそは・・と夢中になっているそのおとなたちの有り様というものは  
  とても微笑ましき一景に見えて・・

  コトリのおじさんはさらにウレシクなってきたんじゃそうな。

  んなものだから・・この日のコトリのおじさんは、
  自分がコトリを写撃することは忘れて、善戦している陣内を歩きまわっては
  ときおりに自分の力量の及ぶ内で助言していたそうな。

  まぁ〜アレが " 助言 " と言えるかどうかは怪しいところ、
  ワシは 恥ずかしきことじゃから止めとけ・・と忠告したかったんじゃが

  まぁ〜それが助言になったかどうかは別にして、
  それはそれで言った方も受けた方もどこか楽しそうな様子じゃったから
  わしもグッとこらえたんじゃな。
 
 

  20150215yamagara6265.jpg


  この日 コトリのおじさんは
  時折に下の方の様子を眺めては、ウムム・・と唸っておった。

  その視線の先をたどって見やれば、
  そこには別部隊の写撃チームが陣取っていたのじゃが、
  その部隊の装備は、全長1メートルはあろうかという巨大望遠レンズ砲が
  ズラリと並んでいたそうな。

  それは大艦巨砲連合艦隊とも言える威容じゃった。

  その連合艦隊の皆様方の照準が狙っているのは
  この季節にしか見られない、渡りの途中にやってくる ある小鳥の姿らしく
  そのお目当ての小鳥がチラッと枝先に見えるやいなや、
  居並ぶ巨砲が唸りをあげて高速連写の雨あられ。

  目の前ほんの5メートルばかり先のスズメほどの小鳥相手に
  殺気立って巨大望遠レンズ砲をぶっ放すその光景は
  コトリのおじさんにはどこかコメディ・ドラマの1シーンに見えたそうな。

   アレでは どれもこれも、
   図鑑の写真と変わらない絵ばかりだろうに。


  まして 彼らのところにも遊び戯れているヤマガラたちを
  鬱陶しそうに邪魔扱いしている様子を見るに及んで、

  このときおじさんは、ぼそっとナニかひとり言をこぼしておった。

    彼らが 小鳥が好きかどうかは あやしきことなり。

  
  そうして振り返ると・・我が陣営では、
  大人たちが飛び交うヤマガラたちの喧騒の中、歓声あげハシャぐ一景あり。
  
 
    あっ! い、今の・・ついにやったかも!

      くぅ〜〜っ、いかん・・お、おそかった!

    うむむ・・・むむむ、なんでや?

      ねぇ! こ、これ見て! と、撮れた!

    あかん・・あかんわ。

      おれ・・嫌われてるんか? 

     
    ・・・・・ 撮れた。 あぁ〜・・キレイ。
  

  心あたたかくなるこの喧騒のなか、
  おじさんはその枯れた胸深くにあることをしみじみと確信しつつあった。

   この日 我が コトリノトリコ・クラブ は、
   世界征服に向けた大きな一歩を記したことになったな。


  ワシは、そんな大それた言もええかげんにせい・・
  と言いたかったんじゃが
  
  人知れずひっそりと微笑むコトリのおじさんの様を見ては、
  グッとこらえて ここは黙って見守ることにしたんじゃ。

  さて、夕刻が近づき 有志のみなさまを送った後に
  コトリのおじさんの胸中には、願いとも心配とも定かではなきことが
  ポッと灯っておったんじゃ。


   願わくば どうか今日の彼らの写撃記録のなかに
   1カットでもいいから やったぞ この1葉 が ありますように。



  この日 コトリのおじさんの写絵記録にあっては、
  ほとんど絵と言えるような絵はなかったのじゃが、

  いつになく心静かに落ちてぐっすりと眠りについた・・と。
  まぁ〜いい日になった ということなんじゃろうな。

  ただ 安らかに眠りに落ちるなか・・
  ある南方からの知らせが、夢見心地のなかで明滅していたそうな。


   写術師:Kenzo氏が、
   新たなに工夫を加えた写技を得て 
   近々にもやってくる。



   な、ならば・・ 

     う、うけて 立たね・・ば なるま・・い て。

  



スポンサーサイト

ヤマガラ飛翔絵巻 - 2015.02.01 Sun

 

 >> SHINRA  DEEP  FIEL STOR
Y


  |||||||||||||  2015  0202  MON DAY  ||||||||||||||



     小話 [  ヤマガラ 飛 翔 戯 演 舞  ]


  Exported Image_2015-02-01 23-06-01


  むかしむかし・と言っても先週の土曜日のことじゃった。

  前日に大寒波に見舞われ白く輝き連なるサヌキの山々を見ていた
  ひとりの初老のおじさんは ある想いに駆られて 居ても立っても
  いられなくなったんじゃな。

    山ではいっそう寒さ厳しかろうて・・
    コトリどもも飢えておるじゃろうな。

  そうして朝早くそのおじさんはピーナッツと写劇機を手に山へ向かいました。

 



  20150131yamagara4764.jpg

  

   ことりおじさんは、ウッスラと雪が覆う山道にさしかかり
   こんなときのためにと用意していた鎖を車輪に巻きつけて登りましたが

   その雪も北斜面の陰になるところだけのことで
   前日に降り積もったはずの雪はおおかた溶けてなくなっていんじゃな。

   おかげで ことりのおじさんは
   山頂直下の、まったく雪のない車停め場についたときには、
   鎖をガラガラ唸らせて こっ恥ずかしい姿じゃったとな。



  20150131yamagara5329.jpg


  いつもの赤い屋根の小屋に陣取ったことりのおじさんは
  すぐさま10羽ちかいヤマガラたちに歓迎されてウレシそうじゃった。

  ほんまのところヤマガラたちのお目当ては
  おじさんの持っているピーナッツじゃったのだが、そんなことは
  ことりが好きなおじさんにとってはどうでもいいことじゃった。



      20150131yamagara45137a.jpg


  ことりのおじさんがこの山へ通い始めてもう10年になるかな。

  あるときから、
  そして写撃機を使ってヤマガラたちの飛ぶその稀有なる優美な姿を
  羽ばたくその姿容を絵にしたいと撮り始めたんじゃが・・

  びゅ〜っ・・と飛んでるコトリを写し撮ることは、
  おじさんの想像をはるかに越えてとってもむつかしいことじゃった。
  
  むかしは 36枚撮りフィルム × 5本 = 180枚 撮って、
  写真屋さんから現像が返ってきてワクワクしながら開けて見ても
  ほとんどが、何も写っていないか、ぼんやりとナニかが写っている
  そんな写真ばかりでひとり肩を落とし涙を流し・・

  さらに追い打ちをかけるように、
  垂れ流しに近い出費を責められては拳を握りしめていたそうな。

  しかし 時代は進んで昨今にあってはデジタルな写撃機を使い
  湯水のようにタダでカット数を使えることもあって、苦言を言われることも
  なくなり多少心安らかに山へ向かうことになってるそうで・・
  



  20150131yamagara4288.jpg


  そのおじさん自慢のデジタル写撃機も
  飛ぶ鳥を落とす勢いのある目覚ましいデジタル技術進化に取り残され

  日々、最新鋭機のニュースを見ては
  指をくわえて鼻水を・・いや、ヨダレを垂らしていたそうじゃが
  買えないものは買えないことりのおじさんに残された手段は・・

  ただただ撮る、撮って撮って撮りまくる・・という、
  下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるかも・・的な、飽くなき現場経験だけが
  わずかな持ち駒じゃったんじゃな。




    20150131yamagara45976a.jpg


  たしかに、1000カットちかくも撮ってみれば
  そのうちの何カットかには、ヤマガラたちのあの夢見た飛翔の姿があり
  それだけでことりおじさんは胸熱くなり見つめておったそうな。



      20150131yamagara4289a.jpg


  何度も何度も山に通うにつれ、経験というものはおそろしいもので
  いつのまにか おじさんの写撃術にも工夫がみられるようになったそうな。

  いや、それは工夫と言うものではなく
  あれこれしているうちにいつのまにかそうなっていた・・というような
  そんなことなんじゃろうが・・

  いつのときだったか、
  ある日、写撃機を構えたおじさんを見た通りがかりの者は、
  あやつはコトリたちとダンスを踊っている変わり者じゃ・・と
  村人たちに語ったそうな。



  20150131yamagara5485a.jpg



  この日も 前の年の山行で痛めた左脚をかばいながらも
  嬉々としてことりたちと不器用に踊っている姿が村人に目撃されたそうな。



    20150131yamagara44912a.jpg

 

  この日ことりのおじさんは、
  983カットを撮り終えたところでとうとうピーナッツが底を尽き
  やっと山を下りたそうじゃ。



  20150131yamagara5586.jpg


  メモリーいっぱいの写撃データを抱え、この日の成果への期待に
  胸ふくらませたおじさんが、奥さんと息子が待つ家に帰り着いたのは
  陽も傾きかけた夕方のことじゃった。

  おそい昼食のラーメンを急ぎかっこみ、
  いそいそと電子頭脳機の映像装置の前に座って記憶貯片機をセット

  ドキドキしながら画面を見つめ・・
  その日に撮った絵を次から次へと・・送っては消し 送っては消し・・
  やはりほとんどボツな絵ばかりがつづいて、

   おじさんはちょっと泣きそうになったんじゃが、

  100カットあたりを過ぎたころじゃったか?
  信号入力盤の [ delate ] を叩く指が ハッと止まったそうな。 
  
  そのとき画像映写機の画面には

   日の光に透けて羽をいっぱいにひろげたコトリの姿が
   大空を背景に飛んでいたそうな。
  


    20150131yamagara5941a.jpg


  おじさんにはワルイが、
  言ってみればその写真絵図はかなりピンぼけだったのじゃが、

  あまりに喜んでその絵図をじっと見つめているおじさんは
  それ以上のことは言い出しかねる空気じゃったから・・

  わしもぐっとこらえて見守ることにしたんじゃな。



      20150131yamagara44871.jpg


  たった1カットに小躍りしていたおじさんは
  やや興奮を抑えながらまた映像機の絵図を送りはじめたんじゃが、

  この日のおじさんはどうやら天に愛されていたようで
  いつにない数の当たり絵図が得られたそうな。



  20150131yamagara4190a.jpg



  たとえそれが 確率 1000分の11。
  つまり 写撃率はたかが 0.11パーセントなのだと知ったとしても
  おじさんのゴキゲンは揺るがなかったじゃろ。


       20150131yamagara45499a.jpg



  ことりのおじさんにとっては
  いい絵図が撮れたから良かった・・ということではなく、
  いい絵図を得ることで、さらなる ことりの魅力に触れ得たことが
  喜びじゃったんじゃな。



    20150131yamagara4573a.jpg



  撮影の合間の、ちょっとティータイムのときも
  戯れてくることりたちのその愛らしき仕草にうっとりしていたそうな。
       



  20150131yamagara5956a.jpg



  おじさんはいつかこんなことをブツブツ言っていた。

   どうして、なぜに、こんなにも美しく愛らしい生物が
   いったいどうやったら創られると言うんじゃ。
  


  20150131yamagara5936a.jpg


  もし人類の手で
  これと同じ美しさと機能を備えたモノを作り出そうとすれば
  それがもしできるとすれば 
  まだまだはるか未来のことになるじゃろうて。




   20150131yamagara44974a.jpg
 

   映像機に映る絵図を見ていたおじさんは、
   ふと あるアイデアを思いついたらしいんじゃな。

   それが今日の絵巻のなかにいくつか出てくる白黒写絵図なのだ
   というんじゃが、

   これのどこがそのアイデアなのか不審に感じて聞いてみたんじゃが
   おじさんが言うには、


    ピンぼけの写真はボツになるところだが、
    それを白黒変換した画像にするとだな・・なんだかちょっと

    ボケ具合がかえっていい雰囲気を漂わせているような・・
    そんな気がするんじゃな!



   と、なんだか子どもだましのワザにしか聞こえないのだが
   まぁ〜おじさんはそれでひとりウフッと笑っているようなので
   それ以上のことは言えないことになってしもうた。



         20150131yamagara45792a.jpg
  20150131yamagara6054a.jpg


   
      20150131yamagaraa5940.jpg





  今回のヤマガラ飛翔絵巻は、いつもより多めに回して・・じゃなく、
  いつもより多めにアップしておるようじゃが、

  まぁ〜それだけ この日のことりのおじさんはウレシかったんじゃろう。

  まぁ〜皆の衆、ここは優しく見守ってあげてつかぁ〜さい。
  しかし今の様子では今週中にもまた山へ行く気配が濃いようじゃから

  いつまでもは笑ってはおられんぞ・・という声やむなしでしょうな。
  ひとりよがりな歌声は時にうっとしいものですから。

  まぁ〜これらヤマガラたちの絵図を見たどなたでも
  ちょっと心ひかれでもしているようでしたら、
  
  ことりのおじさんの無意識化にあるその本意は、多少とも
  報われることでありましょう。



       ではみなさま 謝謝 再会 。
   








ヤマガラ飛翔ギャラリー - 2013.02.24 Sun

 

     
2013  0224   SUN DAY
 

   小話  
||||| 
Dance with Little Birds    |||||

 20130222yamagara4646.jpg

  
では コトリノトリコ CLuB より
わたくし " 代表取り締まられ役 " の天狗の「 つばさ PHOTO ギャラリー」
をおとどけします。

小鳥は、飛んでいる姿にこそその本分がある。


 20130222yamagara3411.jpg




   20130222yamagara4386_20130224211526.jpg

 20130222yamagara4020.jpg






  20130222yamagara4355_20130224211526.jpg






 20130222yamagara3657.jpg




      20130222yamagara4577.jpg

 

20130222yamagara4764.jpg



 20130222yamagara5579.jpg





 20130222yamagara4370.jpg






    20130222yamagara4767.jpg






 20130222yamagara5452.jpg





 |||||||||||||||||||||||| 徹子の小鳥部屋 |||||||||||||||||||||||||||
 
 
今回の撮影には、
他にもお客様が入れ替わり立ち代わり、まっことにぎやかな宴となり。

では特別ゲストをご紹介しましょう。


20130222yamagara5625.jpg
 
 このハトぐらいはある大柄な緑の上着に、赤い帽子とネクタイの方は
 大型のキツツキ族の「 アオゲラ 」さまです。



20130222yamagara5635.jpg

 こちらなかなかオシャレなスーツの着こなし?
 ヤマガラの親戚筋に当たるシジュウカラさまでございます。
 ちょっとシャイで まだ交際を受け入れてくれません。



 20130222yamagara4309.jpg

   こちらの方はスズメよりも三割ほど大きいハギマシコ。
   冬季に大陸からの渡り鳥。
   胸部に彩られる赤い彩色がハギの花に似てのハギ・マシコ。

   この日は30羽ほどのグループで、私のまわりでエサをさがして
   いました。

   ちょっと神経質なようで、私がゴホンと咳をすると、
   ババッと群れで飛び去りますが、空を2〜3周まわってから
   すぐに帰ってきます。


   


20130222yamagara3251.jpg

 これも大型のキツツキ族の「 アカゲラ 」さまでございます。
 アオゲラとともに日本のキツツキの代表選手です。



   20130222yamagara5515.jpg


  わたくし、コガラです。
  ご覧いただきありがとうございました。


寒さがつづいて、彼らがまだ飢えている間に、
あともう一回、できれば数回はまた撮りに行きたい。

ほんとうに、
彼ら小鳥の一族が飛翔する姿が見えた時にはドキドキ。
ほんとうに楽しい写真撮影である。

肉眼ではなかなか見えない世界ですから、
わたくし、ますます萌えてきます。

 





ヤマガラ:レポート - 2013.02.23 Sat

 

     
2013  0223   SAT DAY
 

   小話  
||||| 
ヤマガラ写撃:戦果報告    |||||

       20130222yamagara3382.jpg

  
   
標高およそ1000m 雪の大川山で
およそ4時間ほどコトリたちと戯れてきた。

積雪は思ったほどでもなく15センチほど、予想では途中でクルマを捨てて
徒歩でのアプローチを覚悟していたが、なんなく頂上パーキングまで到達。


20130222yamagara3236_20130223131122.jpg



この時期、山のコトリ一族は飢えているのである。
いつもの親善外交場所である管理棟前に陣取って、バタピーの準備をしてると
飛んでくるわ、飛んでくるわ・・飢えたヤマガラたちが!

ざっと20羽くらいはいただろうか、
そのコトリの群れが私の肩や頭に群がってきて回りを飛び回るその光景は、
まさしくヒッチコックの " 鳥 " を彷彿とさせる一景だったろう。


20130222yamagara4115_20130223131122.jpg


さて、今日土曜日は午後に、
シンラ・アカデミーOBのひとりマユリン・モンロー女史の結婚式へ出席。
同女史は彼女が小学5年生のころからの生徒である。

シンラ・アカデミーを経営していて、
この仕事をやっててよかったな・・と思えることのひとつに、子どもらと
大人になってもずっと付き合えることがある。

    ( もちろん先方が望めば‥だが )

よってヤマガラレポートは後日に詳しく、とあいなり。

ただ、今回とってもウレしきことがあって、
誰もいない雪の中、ひとり小躍りして喜びまわり猫はコタツで丸くなる
のであった。

そのウレしきこととは?

この日は騒々しいヤンチャなヤマガラの群れの中に、
今までほとんど見かけることがなかった " コガラ " という小鳥がいて、

間近で見ることだけでもかなりウレしいことなのに、

 なんと! 
 この初顔の初々しくも見目麗しき彼女(←個人的な願望)が・・

 ほら・・・


20130222yamagara5505_20130223132438.jpg  


わたしの手で、羽を休めてくれたのだ。

  ↑:ホンマは手に持っているバタピーを狙っているだけである。

 カ、カワイイ!
 なんと繊細でちいさな顔、それに感じられないほどの重さ。

初顔でこんなにも友好的な彼女の所作に、
初老にいたる人類代表のわたしは、胸がドキドキしてしまった。

そして " 初めてのお付き合い " にもかかわらず、
彼女のその、すばらしい飛翔の瞬間も手にすることができたのである。

あぁ〜 行ってよかった!

 オッカー司令官の体調が悪くてよかった!
 これは、天の采配である。


 ということで、写撃写真ギャラリーは次回に。
 これより結婚式へ出航します。

 OVER




ヤマガラ小話 - 2010.03.03 Wed



 |||||||||||||||||||||||
土佐 本山 樫の谷 |||||||||||||||||||||||

               ‥‥‥* あぜほ *‥‥‥
              

       azeho dia
ry
          天 狗 里 山 絵 巻
 
                        天狗陰陽歴
                            2010 0303  


                      七日巡り:月の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


          里山:静物多様型 類別 絵巻 
 

            小 鳥 一 族  
 

             編  
      

20100220daisen125.jpg

                 [  ヤマガラ  ]      
 
             Photo by
フーミーエン  [ コトリノトリコ クラブ:女子系会員 ]




2月20日の寒波が抜けて、ずっと陽気がつづく。

モトヤマエリア:吉延からの、心待ちにしている一報‥


    こちら吉延 

   降雪あり、

   棚田は 白銀に 眩しく 輝いている

   すぐ来られたし!

   
‥なる " 知らせ " が届くのは、どうやら来期の冬になるかもしれない。

でも、それでいいのだ。


 " 雪の知らせを待つ " 日々というのは、

気温や風、さらには気圧配置などさまざまなる冬の放つ気配に触れることで

大地と親しくなることでもある。そういうふうにして‥


  ふつうの1日が‥ささやかながらも心浮き立つ1日になる


‥ということでもある。
   




  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 里山絵巻 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



20100220daisen9994.jpg



 [   天 狗  小 翔 帳   ]



里山に群れるコトリ一族のなかでも、

最大勢力をもつ一派が、このヤマガラ一族である。


この一族はコトリ一族の中でも、もっとも社交的で‥ ヤンチャで‥

人なつっこく‥愛らしいコトリ一族だ。


上の写真は、わたしが通いつめているコトリノトリコクラブの聖地での

そのヤマガラ一景なのだが‥

ここでは驚くべきことに、野山に住むネイティブのヤマガラたちが、

われわれホモ・サピエンスをほとんど怖れることなく慕ってくれるので、

文字通り " 肌と肌が触れ合う " おつき合いができる。

 
今の季節、寒冷に眠る山々では食べ物が少ないせいだろう‥か、

クルマを降りるや否や‥

気配を察した5~6羽のヤマガラが駆けつけ‥て?、いや‥飛びつけて?

肩や頭に止まり、チィ~チィ~とうるさい。


まぁ~正直に言えば、彼らの真の目的は‥

私の持ってきた手みやげ( ←バタピー ) が目当てなのだけれど‥

それでもネイティブな野鳥一族との‥こんなダイレクトな触れ合いは

センス・オブ・ワンダーなる経験である。



20100220daisen9906.jpg



ここでは‥

ヤマガラの群れに混じって、他にも‥

ゴジュウカラ、ヒガラ‥ と、肌触れ合うおつき合いができる。



このコトリたちが‥

手に止まりしときに感じるのは、おどろくべきその " 軽やかさ " だ。

ヒガラにいたっては、指先に感じる重さはほとんど無きに等しく‥

その存在を感じれるのは、彼らの小さくカワイくも獰猛な、あの‥

脚のかぎ爪の‥ちょっと痛こそばゆい感触だけだ。



この愛らしいコトリ一族のその進化の血統が‥

まぎれもなく‥あの中生代の覇者であった恐竜一族の末裔の‥

それもラプトル系の子孫であるらしいことを

この小さくとも獰猛な殺気を漂わせている " かぎ爪 " が証明している。


あぁ~‥ 

 我々ホモ・サピエンスも進化のなしたひとつの可能性だが‥

 この惑星の大気を飛翔するために先鋭化された彼らの進化の有り様は

 とても美しく‥また唯一のものだ。


 
ただいま‥

 コトリノトリコクラブ、会員募集中なのである!

 入会希望の方は、

 今‥その場で、

   コトリが好きである!

 ‥と宣言されるがよろしい。

 それであなたは正式にコトリノトリコクラブ所属となる。

 今なら‥

  即、幹部会員になれますぞ!

  ( 現在の会員数は五指に余るくらいなので‥ )













 


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード