topimage

2017-06

火星からの手紙 - 2012.12.06 Thu


     
2012  1207   FRI DAY
 
      小話  
||||| 
火星からの手紙    |||||


    
 20121206pond1392-2

     夕 暮 映 出 現 水 面 線 画

こないだ‥ NASA から、
人類史に残る重大発表があるらしい‥との情報が世界をかけめぐって、
これはきっと 火星で生命が見つかったという発表にちがいないとぞと
われわれ人類はちょっとソワソワしていたのだが‥

どうやらその成り行きは " 当たらずとも遠からず " 的なコトに落ち着いた様子。

11月末のある日のこと、われら人類の火星外交官として派遣されている
火星探査機キュリオシティが地球に向けて‥

  あのねぇ〜 旦那! なんかコレ 
  ちょっとオモシロイものが見つけちゃったんですけど‥どうよ!
  そのデータを送るけんね。

  こっちはかなり寒いんですけんど ガンバリマス。

というようなメールを送ってきたものだから、

 20121207mars16468_full.jpg

 火星でがんばっているキュリオシティ:おちゃめな自分撮りカット

  写真の中で 1, 2 , 3 , 4 , 5 , と No , がふってところあるが、
  分析のために土を採取したところ。


  ところで 
  このキュリオシティの自分撮り写真、いったい誰が、
  もしくはどうやって撮ったのか、不思議に思いませんか?

  実は、この自分撮りプロジェクトには、
  あの映画監督のジェームズ・キャメロンが深く関わっておるのです。
  この監督はこういう自然科学的なドキュメンタリーが大好きみたい。
  ちょっとオタク・ネタでした。



‥んなものだから、
そのキュリオシティが送ってきた火星の土の解析データを調べてみたら

 なんとまぁ〜 その土の中に、
 生命のカラダを作るに必要な有機物が見つかったのだ‥と
 NASAのおとうさんたちが言うのである。

20121207mars16469l_20121207094800.jpg

  ↑ キュリオシティがスコップで土をすくった跡。
    その画像の解像度にも驚かされますが、
    これ、地球の表面じゃないか?
    と言われても不思議じゃないほど " ふつうな写真 " なところが
    私の心の脇の下?をくすぐります。

 
しかし、たしかにソレは生命の材料となる物質だったのだが、
その由来となればまだまだ不確実なうえに、

もしかしたら
キュリオシティ自身が地球からもってきたモノかも‥といった可能性も
なきにしもあらず‥的に、
言わば、今後の期待高まる調査の前哨戦のような騒動でありました。

そんなわけで、ついに火星に生命が見つかった!‥と早合点したメディアが
世界をお騒がせしたというのが今回の顛末らしい。

今や火星にはその地下に大量の水が " 凍って " 存在していることは常識で
30億年前の火星には、広大な海が広がっていたことも定説になりつつあり。

大気と太陽と海があったのなら・・

20121207mars6452-43_full.jpg

実は、今回の騒動となったキュリオシティが行った土の採取・分析活動は、
これからの本格的な調査に向けての簡単なリハーサルだったことを考えれば
期待がどんどん膨らんでくるデキゴトでありました。

ちなみに軽自動車ほどもある探査機キュリオシティが、
8月に火星に着陸してから、かれこれ4ヶ月が経ちますが‥
すべての調査分析機器の作動テストがすみ、良好な状態が確認され
現在は近くの5000m級の山へ向かっている。

12月2日現在、
着陸地点からキュリオシティが進んだ距離は‥およそ25メートル!
ゆっくりゆっくり進んでいます。

 がんばれ キュリオシティ!




スポンサーサイト

火星からの手紙 - 2012.08.17 Fri

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

             

         天狗陰陽暦
      2012 0818  


        
七日巡り:土の日



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


20120816yugure4765_20120818084139.jpg   

庭のケヤキに常駐していたクマゼミ大合唱団も静かになった。
夏が折り返し点を回ったことを知る我が家の虫暦である。

朝のあの壮絶なるシャオシャオ大合唱が無いだけで
ずいぶんと涼しく感じられるぞ!

今年のクマゼミの羽化は例年の半分ほどだったか。
その羽化の写真を狙っていたが、ついズルズルと計画倒れに。
いかんいかん。

私の野望は、ズルズルと地すべりしてゆくが、
さて、世界のちゃんとした方々は、
日々きちんと任務を遂行しているのである。

 *** お知らせ ***

つ、ついにこの18日 土曜日の夕方に、あの ・・

 KSB 最強ドリーム百貨店クルーの三鈷峰登頂記
 ON AIR されるんです。

 あの苦しくも楽しく、また美しかった山行が
 オギノマジックでどんな世界になるのか!

 夕方の4時55分 
 KSB 5チャンネルの前に みんな集まれぇ!


わ、わたしは・・家内の実家へ帰省することになったので
あとからVTRで観ることに。

 あぁ〜楽しみでもあるが、いつものことながら・・
 やや緊張する。


 ・・・・・・ NASA 局 より ・・・・・・・

そして日夜働くKSBクルーと共に、
こちらの奴も休ことなく ずっとがんばっていたのだ。

   inside-mars-rover-terrifying-landing_57837_big.jpg

もう過去ネタとなってしまったが、

8月6日のこと、火星探査機:キュリオシティ(好奇心)が
無事、火星着陸に成功した。

上記イラストのように、
今回の着陸は、なかなかにSFっぽくてカッコいい着陸方法だ。

前回のスピリットとオポチュニティの時は、
幾つもの風船で包まれたようなエアバッグ方式で自由落下して
地面を何度もバウンドしながらコロコロ転がって静止してのち
中からコンニチハ!

スピリット&オポチュニティ方式が,

  ピクサーのアニメっぽい絵柄なら

キュリオシティのそれは、

  リドリー・スコットばりののハード・SF的な絵柄か。

  どちらもそれぞれに趣があって好きだが。






この動画はキュリオシティが火星に着陸する過程のCGイメージ。
5分ちょっとの動画です、お暇な方はどうぞ。

この着陸計画の最大の問題は 情報信号の遅れ にある。
つまりそれは、
どういうことなんかと言いますと・・

地球と火星がえらい遠く離れているので、
 光速で信号が届くのに10分以上もかかってしまう、
・・ということである。

だから地球からのリアルタイムなコントロールが不可能なので、
キュリオシティは、

 自分で状況を観察しつつ分析・行動を起こし
 最善の方法を選んで着陸を遂行しなければならない。

そして大気圏突入からその着地までの7分間が、
通信も途絶え何が起きているのか分からない恐怖の7分間として
見守る関係者の寿命を縮めるものらしい。

よくがんばった、キュリオシティ!

677444main_pia16063-43_1600-1200.jpg

着陸したキュリオシティが " 自分撮り " した一枚。
おぉ〜なかなか君は おちゃめな奴!

677510main_pia16068-43_1600-1200.jpg

さっそく観測を開始したキュリオシティが送ってきた一枚。
着陸地点であるドデカいクレーターの外輪山が写っている。

地球のどこかと言われても不思議じゃない景色だ。

 ・・・・・***・・・・・・

これからは本格的な " 生命探査 " が行われるそうで、
今や火星の地下には、大量の氷や水が存在することが確認されて
いるゆえ、水といえばそれは生命の源だから・・

科学者たちの期待はかなり高まりつつあるそうだ。

最後にさらにお暇な方に・・
恐怖の7分間の NASA コントロール室でのライブ映像。
あぁ〜 私もここにいたかった!












カマキリと火星探査車 - 2012.06.17 Sun

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

             

         天狗陰陽暦
      2012 061  


        
七日巡り:日の日



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



20120615kamakiri0357.jpg



カマキリの‥生まれたてサイズの赤ちゃん。

大きさ 5~6 mm なのに、その動きは驚くほど敏捷で動き回り

さすが昆虫界きっての狩人の名に恥じない種族の子である。


自分より何万倍も大きい人間に向かって、立派に攻撃姿勢をとっている。

その巨人に立ち向かう真剣さが殺気を放ちつつ、ちょっと滑稽で愛らしく‥

どこかドンキホーテの姿に重ねて見える。


しかし‥これほど小さなカラダに、

これほど精緻に動く行動機能システムとプログラムが完成されている姿は、

現代のわれわれ人類の‥最先端の科学技術をもって作られているクルマや

飛行機、またはロボットを比べてみても‥それを遥かに凌駕している。


まざ〜昆虫の進化の歴史の数億年に比べれば、

人類のつくるモノの歴史など、たかだか200年ばかり‥年期がちがうわ。



人類の作るモノの‥その行動や姿に、

恣意的でない自然な愛らしさや美しさが備わるまでには

人類はまだまだ勉強をしなくちゃ〜ならんでしょうな。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥ ファーブル讃岐研究所 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


機械技術テーマついでに‥

人類のつくる機械の‥われら最先端なる技術を駆使して作られた‥

ひとつの機械をご紹介しましょう。


まずはそのイラストクリップを‥


201261.jpg


これの名は、Curiosity  [ キュリオシティ ]

昨年の11月に打ち上げられた火星探査宇宙船の‥

MSL :( Mars  Science Laboratory )に搭載されている火星探査機である。

2012年 6月現在、宇宙の虚空を火星に向かい猛烈なスピードで静かに航行中。


火星到着はもうすぐ‥8月6日に火星に着陸する予定。

次の写真はNASAによるその着陸のイメージ。


004.jpg 


これまでNASAは 火星に3機の探査車を送りこんでいて‥


なかでも双子探査機のスピリットとオパチュニティの2機は、2004年から

火星上で " お仕事 " を始めて‥ 当初は彼ら技術陣でさえも、

過酷な火星環境のなか、なんらメンテナンスや支援なき孤立状態では

90日も持てばいいだろうとの思惑だったのだが‥

 スピリット通信途絶を伝えるニュースは こちら


彼らは大方の予想を遥かに超えて‥


スピリットは2009年 5月に車輪が砂にハマって移動が叶わなくなり

2011年 4月にミッションを終了するまで7年間任務を全うし‥


兄弟のオポチュニティは‥8年もの歳月を越えて今もなお、火星上を‥

自力で移動しながら火星の写真や観測データを送り続けているが、

これは 彼らを作った制作者らも驚くほどの設計耐久限界を越えた活躍は

実に驚くべきことである。



portrait.jpg

 ↑ この写真は‥

 今年の3月末に火星のオポチュニティから届いた自分撮りの写真。

 彼の生命線であるソーラーパネルが赤い砂で覆われている。

 この砂が‥風によって吹き飛ばされないと " 深刻な状況 " になる。


465355main_pia13222b_1600-1200.jpg


 火星の砂漠上を移動するするオポチュニティから見た風景。

 旅先からの手紙といった一枚。



 ‥‥‥‥‥‥ NASA 香川支部 ‥‥‥‥‥‥‥

下の写真が‥

火星探査社ブラザース(またはシスターズ)のそろい写真。


20120612-00000018-rbb-000-0-view.jpg


手前一番ちっこいのが一番機のローバー。

左手が双子探査車の‥スピリット(またはオポチュニティ)で‥

右端のでっかい兄貴(または姉ちゃん)が

今まさに兄弟たちのいる火星へと駆けつけんと向かっているキュリオシティ。

このキュリオシティは軽自動車ほどもあるようですな。


201260.jpg


キュリオシティは、もうすぐ‥8月6日に火星に到達‥

おもに火星上の生命活動、または生命活動の痕跡の探査が主たる任務だ

そうで、わたくし‥その報告が今から待ち遠しい。


ちなみに Curiosity とは「好奇心」という意味。

こうやってみると‥まだまだあか抜けない姿だし動きも鈍そうだけれど

どこか " 愛らしさ " を感じるのは私だけではあるまい。


キュリオシティが‥どうか無事に火星に到達しますように。

氷点下 −20度〜 −!00度、風吹きすさぶ火星の砂漠では‥兄弟を失い、

たったひとりになったオポチュニティが君を待っている。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード