topimage

2017-08

一指相伝:コガネグモ - 2011.07.15 Fri



 |||||||||||||||||||||||
 四国辺境絵巻  |||||||||||||||||||||||

           
  
  SHINRA Diary
            天 狗  絵 巻
 
             天狗陰陽歴
        2011 0715  


            七日巡り:月の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 >> 森のあしながおじさん

20110703yoshinobu2703.jpg  


苦手な方にはごめんなさい。

前回は、" クモみたいな生き物 " をご紹介しましたが、
今日は‥まさにそのクモ! 
それもかなりデカいクモとの一指相伝交友録です。

吉野川:帰全山公園キャンプ場で一夜を明かした友人御夫婦と
朝の棚田を散策していたときのこと‥
キレイな若奥さんが‥やや興奮した声で私の名を呼んでいる。

なにごとか?‥と駆けつけてみれば、
彼女の指差す先には、このデカいクモが大きな巣を張っていた。

 こ、こいつは‥‥ん? 
 ジョロウグモ ‥じゃ~ないな。

 ・・・・ ?

よくよく見てみると、その全身は毛羽立っていて、8本の脚には
なにやら禍々(まがまが)しい刺まである。

 う、うわっ! ‥‥怖っ!


20110703yoshinobu2703-2.jpg


ふと‥私をこのクモに紹介してくれた奥さまを見やれば、
やや逃げ腰の彼女の目には、なにやら私への期待を込めた熱い眼差し。

 よ、よかろう。
 一指相伝:指先交流拳は相手を選ばぬ。
 お、お手合わせ‥願おう。

し、しかし‥いかにも邪悪な感じ漂うその様に心逃げる。

いや‥この惑星上の生きとし生けるものに邪悪なものなどいないのだ、
‥と心あらためて姿勢を整え、

 さぁ~ 深呼吸をして‥息を整えて‥


 一指相伝の奥義は、
 こちらの殺気を消し、相手を受け入れることにあ・・・

 ‥と、ここで

そばで見ていた若旦那が、待ち切れず、はよせんかいな! ‥と
ばかりに巣を " エイヤッ " とズタズタにして、

 糸でぶら下がって逃走をはかろうと暴れているクモを
 私につかっけてきた!

 や、めんかい!

クモはもう完全に " キレ " ていて八本の脚をムチャクチャに振り回して
完全に怒り心頭、戦闘モード全開のただならぬご様子。

 ああっ~・・完全に怒ってる。
 今,触れば‥コイツは‥ぜったいに‥オレを噛む。

‥と確信したものの、
もはやキレイな奥さまの手前、今さらに敗走するわけにもいかず、
ビビりながらも暴れまくっているクモに手を差し出してみたのだが

 ・・・と、
 空中で足がかり無く暴れていたクモが‥
 私の手に触れるや‥

確かな足場を確保できたからか‥意外にも、落ち着いた様子で
手のひらに スタッ‥と乗ってくれた。


20110703yoshinobu2718.jpg  



ただ‥彼(または彼女)とて,
いきなりに巣をぶっ壊されてなお、巨大な生物(←若旦那のこと)に
追われる身なのだから‥

当然 彼(または彼女)は本能的に、より安全なところを目指して‥



20110703yoshinobu2710.jpg


わたしの腕の内側をワキの下まで‥ザザザ‥と走り抜け、その八本脚が
サワサワサワ‥と私の柔肌を撫でる感触に
 
 悪寒半分 快感半分 ‥を伴い、

思わず喘ぎ声が漏れるほどの震えが全身を駆け抜けました。
ともあれ‥どうにか一指相伝は成就できましたわけで‥

・・・ふぅ~。


 ‥‥‥‥‥‥ ファーブル13世 ‥‥‥‥‥‥‥

このクモは名は‥

   [  コガネグモ  ]

日本中にふつうに見られるクモだそうだが、私はあまり馴染みがない。
もしかしたら遠目に見て、いつもジョロウグモだと思っていたのかも。

‥にしても、コイツは凄まじく悪役どころの顔つきである。

 キレイな奥さまと若旦那、

  ・・・ あ、ありがとうございました(涙目)。





スポンサーサイト

棚田生物:ラミーカミキリ - 2011.07.02 Sat



 |||||||||||||||||||||||
 四国辺境絵巻  |||||||||||||||||||||||

           
  
  SHINRA Diary
            天 狗  絵 巻
 
             天狗陰陽歴
        2011 0702  


            七日巡り:土の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 >> 平成 モダンスタイル
   

20110629kamikiri2157.jpg



 ↑‥本山の棚田で遭遇したこの礼服を装った虫。

コイツは調べると「ラミーカミキリ」‥といって明治くらいに

異国から日本に侵入してきたカミキリ虫一族とのこと。

名のラミーの由来は、このカミキリムシが好きな植物の名から

きているそうで‥



 ‥‥‥‥‥‥‥ 牧野植物園:別館 ‥‥‥‥‥‥‥‥


 ここで ラミー博物知識


ラミーはイラクサ科に属する多年生の草本類で東洋の麻といわれる

ほど,古くは縄文時代から丈夫な繊維として使われてきたとのこと。


吸湿・発散性、清涼感にすぐれ光沢感もあるうえに、かなり丈夫な

繊維なのでユニホームやホテルグッズ、新幹線の座席カバーなどに

使われているんですって‥へぇ~!


日本ではラミーは古くから「からむし」または「まお」と呼ばれて

いて大正時代に入って中国から多量の苧麻が輸入されまた改良種が

栽培されるようになってからは、苧麻と呼ばれるようになったそう。




 ‥‥‥‥‥‥‥ 牧野センセイ13番弟子 ‥‥‥‥‥‥‥‥



こ、これは‥なんとオモシロきことかな!

カミキリ虫の情報を追っていて思わぬ博物誌の深みにハマりました。

このラミー‥別名:芋麻は、

つまり‥廉価版ヘンプ(麻)といったところでしょうか。


ほんで、このラミー‥どんな植物なの?

今日の写真のバックに写っている葉っぱがまさしく ソレでした。

ふつうに山野にあるまぁ~言わばありふれた草ですな、これは。


ついでになってしまったけれど、

このラミーカミキリのデザインコンセプトがまだよく分からない。

第一、目立ち過ぎるじゃろ‥コレでは!

ふつうの虫のように、敵に発見・捕食されないための

 「ワシはめだたないぞ的:擬装作戦」

ではなく、「  ワシ、食ったら不味いけんね 」的な、注意・警告

をメッセージ・コンセプトにしたデザインなのだろうか?

たしかに‥あの白黒ハッキリデザインは、生物的な印象ではなく

とても食べれる気がしない。
 
  ( 食べる気はもともとないが‥ )


‥にしても、この礼服っぽいデザインセンスは

ちょっとどこか可笑しくも 真面目っぽくて思わず微笑んでしまう。

そうか! なんとなくチャプリンを思い出してしまうのだ!




今夜はまたホタルの舞う秘谷へ向かう。

昨夜からの雨も上がりそうで気温も上昇すれば、むふっ‥今夜は、

今年最大のホタル出現ピーク期となることが期待される。


では‥お昼を回ったころ‥

行ってきます。



異種生物との指先交遊録 - 2011.05.19 Thu



 |||||||||||||||||||||||
 四国辺境雑紀  |||||||||||||||||||||||

           
       
shinra diary
           天 狗 森 羅 絵 巻
 
             天狗陰陽歴
        2011 0519  


            七日巡り:木の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 >> 一指相伝 異種生命間交遊術

20110517kemusi0897.jpg


子どもの頃から、
野に山で多様なる生物を見つけると、とにかく触ってみたくなるという
ちょっと困った性癖?のまんま大人になってしまった、‥のだが

それでもこの50年余の経験を‥
ときに、やばいほどに痛過ぎる経験を踏んできたこともあって
自分で言うのもなんですが‥
かなり洗練された異種生物との交遊奥義を極めつつある、
‥との自負がある。


20110517kemusi0919.jpg

野山の異種生物を " 捕まえる " ‥のではなく
彼らに、一時を‥我が手の平の上で遊んでもらう。

痛過ぎる経験から学んだことは、

 ほとんどの虫においては、
 噛んだり刺したりする行動は、受動的自己防衛型行為であり、
 こちらから積極的攻撃行為をしないかぎり
 彼らと友好的な関係を樹立することは可能となる。

 ただし、一部の吸血生物は除く。


     20110517hachi0936.jpg

つまり、彼らを捕まえようとする行為は、
彼らの身を守ろうとする行為を触発して攻撃体制を誘発する。

ゆえに彼らの方から、
手に乗って‥もしくは、とまってもらうようにすれば、
ちょっとウレシい交友を結ぶことが可能となる。


20110517hachi0949.jpg

 ↑‥なぜか刺すことなく必死に " 噛んで " いた日本ミツバチ

‥で、そんなことして何になるの?
はい‥そんなあなたの疑問、ごもっともでございます。

えぇ~‥特に何がどうなるということはありません‥が、
強いてその「何」を申しますれば、

ふだん身近にいて、ときに目障りであったり怖かったりする
生き物たちに対する強固な固定観念がメルトダウンして、
彼らが、とても新鮮に‥かつ魅力的な存在に感じられてくる

‥という " 感じ " でしょうか。



  |||||||||||||||||||||||||  緊急避難エリア  |||||||||||||||||||||||||||


さて‥ここから先は、
良き市民の方々は覚悟を決めて見ていただくか、もしくは
ここでブログを閉じて‥幸せな家庭にお帰り下さい。

一指相伝のなかでも、上級者編に入ります。
わたしも、かなりな時間迷いつつ心揺れたお相手は‥
脚がたくさんある嫌われ者の‥
アイツです。


 こんにちは!

20110421mukade9052.jpg

これほどまでに、
自分の見極めた自然の掟に対する信条を問われたことはなく、

それだけに‥それを証明してくれたこのムカデには
ホモサピエンス代表として感謝と賛辞を贈りましょう。



20110421mukade9086.jpg


しかし‥正直なところ、
全神経は指先に集中し、心臓は早鐘を打ち‥目を離せず‥
とっても緊張した寸暇の交遊時間となりました。

でも見た目の怖さとはウラハラに、
彼の(もしくは彼女)の、その歩むタッチは‥
それはそれは繊細で優しい感触でした。

ただ今、この「一指相伝:指先交遊拳」の正統なる継承者を
募集中でございます。

我こそは‥と思わん方、御一報を!

  あっ‥ 逃げないで!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード