topimage

2014-06

All you need is Love - 2014.06.28 Sat

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0627 FRI DAY
 
    小話  
|||||
  All you need is Love  |||||


 20140621asuna6912.jpg



  
パラダイムシフト(英: paradigm shiftとは、

  その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の
  価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言う。

  地球歴史上では6500万年前の小惑星衝突による生態系の変遷。

  人類の歴史上では 例えば・・天動説 → 地動説 や、相対性理論、
  電気の発明などの例がある。

  



  |||||||||||||||||||||||||| パラダイム・ディ ||||||||||||||||||||||||||||||


  娘の婚礼のあの日から7日が過ぎ、
  やっと、なにか書かねば・・と心が起きた。

  しかし、あの日のことは
  主観的にも客観的にも、どうにも書けない父のココロなのである。
  報告を楽しみに待っていてくれた方々には申し訳ないと思う。

  ただ、この場を借りていくつか記しておきたきコトあり。
  以下順不同・・思いつくままに。


  ーーーーーーーーーーー 6.21 ーーーーーーーーーーーー


  ◎ 婚礼の日の朝、ホテルのわたしの部屋を訪ねて伴に居てくれた
    盟友には、ふと " それがふさわしい " との天啓が心中に閃いて
    ネクタイを結んでもらったこと感謝せり。

     ごめん・・わたくし、
     結び方がわからんと言って故意に頼みました !

    
  ◎ 娘は、ある友人女史に、
    当日のブライダル・ブーケを制作依頼していたが

    娘がどうしてもと拘ったターコイズブルーの " 秋色紫陽花 " が
    実はこの季節はまだオフ・シーズンで流通していない。

    その 紫陽花を、探しに探して・・
    やっと栽培家のひとりが咲かせていた一鉢の花を見つけてくれて
    その唯一の " 花一輪 " を添えてくれたこと・・深きに感謝。

    披露宴会場は、どの席も紫陽花に彩られてとても綺麗だった。


  ◎ 娘がスピーチをお願いしたのは大学の恩師の教授先生。
    その温かきスピーチの中の、

     今日はこの席に 妻は来られませんでしたが・・

    との言葉に、私は家内とともに涙あふれり。
    ひな壇にいた花嫁姿の娘もきっと・・。

    恩師の先生の奥様は、2年前に急逝されている。
    現代医学の手も届かなかった末期的病いとの闘病の末だったと。

    娘は恩師先生の奥様にとても可愛がっていただき、
    よく家に呼んでいただいて、ともに料理やお菓子作りを楽しんだ。

    最後に声をかけていただいて高知へとび、
    ともにお菓子作りをしたのは、奥様が亡くなる2ヶ月前のこと。
    
    奥様はご自分の病状を知っておられたことを思えば
    胸苦しくなるほどに嬉しきことだった。

     恩師先生、奥様はちゃんと、
     先生のそばに立っておられました。
    

  ◎ 結婚式にさかのぼること数ヶ月前のこと、
    衣装選びに心奔走していた娘に、ふと???なことを尋ねた。

     披露宴での衣装だが・・
     " 打ち掛け " と " ウェディング・ドレス  " だけ?
     これだけでイイのか?


      うん・・これだけでイイ。

     して・・そのココロは?

      衣替えばかりしていると、
      せっかくみんなが私のために来てくれている披露宴なのに
      着替えで半分は居られなくなるからダメなの。

     
    たしかに、娘の言ったとおりだったと父唸る。


  ◎ 結婚式の朝、ホテルにて・・
    90歳になるわたしの父は急速に体調が悪化して病院へ。
   
    わたしの兄が付き添ったが、
    おそらく厳島神社 12:30からの挙式には間に合わんだろう・・と。

    そして、こちらが宮島に着くフェリーの中で兄より連絡あり。

     今、なんとかそちらへ向かっている。
     到着予定時刻は12:15。


     兄ちゃん、タクシーを使っているのなら、
     そのままフェリーに乗り込んで・・そして・・

     いや、こっちは今、遊覧船に乗って向かっている!
     船で直接、宮島に着く。

      ん? 

       ・・・???  ゆう ら ん 船 ?



    病院での応急処置によりなんとか元気を取り戻した父と兄は、
    Dr.に目下の危急の状況を説明、宮島への最短アクセスを尋ねたところ、
    原爆平和公園から直接に宮島へ向かう遊覧船がベスト・・と。

    おかげで、ぎりぎり間に合いました。

    実は我が父は、
    持っていくる薬と 置いていく薬を分けて、
    うっかり間違えて、置いていく薬を持ってきてしまった、

    ・・のでありました、とさ。


  ◎ 6.21のこの日、わたしが撮った写真はほんの数カットのみ。
    
    しかし、写真は・・史上最強の布陣とも言える、
    Kenzo氏、タダコフ氏、オオクマンダー氏らの手に委ね・・

    また娘が学生時代にアルバイトでお世話になったNHK撮影クルーが
    動画記録を買って出てくれた。

    なによりも・・
    彼らがその技量だけではなき、娘との心深きに縁のある盟友たちに
    恵まれたこと・・父、なんだかはらはらと感涙す。


  ◎ 君たちが選んだ披露宴の入場曲:All you need is love は
    父の、胸騒いだ青春時代の好きな曲でもあった。

  

  |||||||||||||||||||||||||||| マリッジ・シフト |||||||||||||||||||||||||||||||||||



 20140621asuna5218.jpg  

                 撮影は・・by オオクマンダー


  それにしても、天の采配:担当者は、
  この日は、かなり気配りに労してくれたようで。

  6.21の天気の降雨予想は 絶望的な60〜70パーセントだった。
  当日の朝にホテルの窓のカーテンを開ければ、外はやはり雨模様。

  その雨が昼前には静かに止んで・・ばかりか、
  婚礼の儀にはお日さまが差してきた。

    完全数 6 のチカラのなせるコトか!

  夕刻からまた雨になったことを思うと
  ただただ、天を仰いでありがとうのココロ。

  最後に・・

  この日このとき、遠き近きにかかわらず、
  娘のそばに心添えてくれたみんなに あらため心よりありがとう。

  新しき門出に、ともにある心に勝る祝意なし。
  娘は、その稀有なる唯一の贈り物をみなからいただいた。

  ゆえの娘の、笑顔が、涙が、とてもうれしかった。

  みんな、ともにいてくれて ありがとう。



   |||||||||  エピローグ  ||||||||||

   あの日以降・・わたしの胸中において、
   ささやかながら " パラダイム・シフト " が観測されている。




 
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード