topimage

2014-07

AIR CUP 1 戦記 2 - 2014.07.31 Thu

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0731 THU DAY
 
   小話  
|||||
  AIR CUP 1 戦記 2  |||||


     20140727aircup7256.jpg

     地対風観測装置 の整備に余念のない ある無名のパイロット。   


       注! 今日のネタ ちょっと長いです!
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  さて・・と、
  前半・後半 30分ハーフで、それぞれのハーフで許される3回のフライトで
  勝負を決する AIR CUP 1。

 その前半:第1投目の試技飛行で " 10秒5 " の大台タイムにのせる見事な
 フライトを見せたビルド・ストーン氏の [ Shishi killer 号 ]

   註: Shishi killer :この機体名は シシ・キラー ・・
     猪:イノシシの「シシ」にキラーで、つまりは 猪殺し、あるいは
     猪ハンター が由来なのである(と思う)。


 対して " 4秒7 " という屈辱的な記録に沈んだ [ ヤマガラ号 ] 。

 Wスコアとも言える大差がついた一投目を終え、
 はや前半ハーフにして、異様なる緊張と興奮が満ちてきたAIR CUP 1。

 それではその「前半ハーフ」の記録結果を見ていただこう。


        [  前半 ハーフ 滞空記録:LOG  ]

                 シシキラー号    ヤマガラ号

     ◎ 1投目   10 秒 5      4 秒 7
 
     ◎ 2投目    棄権        8 秒 5

     ◎ 3投目    棄権        3 秒 8


  上記のフライトLOG を見て、ナニかおかしいことにお気づきでしょうか?
  そう! なんと [ シシキラー号 ] は第2投以降を 棄権 したのである。

  ビルドストーン氏の 棄権コール、
  これには私もその場で はぁ〜? と凍りついてしまった・・が、
  すぐさま 彼の試合巧者たる彼の策謀意図に思い当たり、

    おぬし! さすが・・でござる。

  と深く一礼を向けた。

  コレを読んでくれている読者のみなさまにあって、
  この彼の大胆かつ危険な 棄権作戦の意図を読みきれる方が 
  はたして何人おられるだろうか?

  では、彼の策謀の意を解説せねばなるまい。


   AIR CUP 1 は紙飛行機による滞空競技、

   実はこの紙飛行機は当然素材が「紙」ゆえに非常にデリケートで
   飛行ごとに機体に負担がかかり、まして着陸に失敗して機首から激突
   したりすれば、かなりなダメージを受け・・

   飛行毎に、機体のバランスやセッティングはますます難しくなり、
   なお紙の機体ゆえに、すぐに翼が ヘロヘロになってしまう。

  
  ゆえに第1フライトで、
  すばらしい記録を出した機体の状態をそのまま温存しつつ、

  なおかつ 戦況をリードした優位性をいかし、
  記録が伸び悩んでいる相手(わたし)に対して、自信と余裕をみせつけ
  一気に精神的なプレッシャーをかけることで、

  勝負の流れを自分のモノにする
  
  さすが 幼少期より幾多の勝負事を経験してきたと言われ、
  技術者かつ勝負師としてもその名を知られたビルドストーン氏である。
  


  20140727aircup7244.jpg


  前半ハーフの戦いでは、
  彼の術策にはまり巧くやられてしまったヤマガラ号であった。

  思った以上に " 精神的な緊張 " に強いられ、
  4機用意した機種の選別にも " 迷い " が出てしまい風も読みきれなかった。

  休憩10分間、お茶タイムに席を並べて座り、
  見事なタイムを叩きだし、巧みな試合運びを見せるビルドストーン氏に
  敬意を払いつつ談笑。

  そうして後半ハーフが始まった。


     20140727aircup7247.jpg


   後半戦 第 1投目

   シシキラー号: 3 秒 9   ヤマガラ号: 6 秒 4

  わたしのヤマガラ号は相変わらず月並みな記録だが、
  対するシシキラー号は、なんと!
  ほとんど離陸失敗の墜落にも等しい 3秒3!

  前半で10秒5を出した同機体なのだが、
  それほどまでに紙飛行機の飛行はセンシティブなのである。

   この後半 第1投が微妙に試合の流れを変えた・・か?

  あれ? ・・と、シシキラー号を回収するビルドストーン氏。

    ウプッ(笑)・・とほくそ笑むワタシ。

  そして、今大会最大の見せ場は その後の第2投にやってきた。


  後半 ハーフ第2投 ・・まずはヤマガラ:4号機から
  残るは2投、ここが天下分け目の1投になることはわかっていた。
  入念に機体のバランスを調節して、あとは風を待つ。

  そして待ちかねた、やや強い北風が吹いてきて・・
  わたしは右手をあげて合図をおくった。

   ヤマガラ 後半2投目 テイク・オフします!

  セヤッ!・・と真上に投げ上げた機体は、
  理想の螺旋を描きながら見事な上昇を見せ、高度をかせぎ・・

  最高到達点に達したところで速度を失いユラリと傾いた機体は、
  自然に すぅっと水平飛行への移行に成功!

  ゆっくりと・・螺旋を描き、まわりながら・・
  向かい風に機種を向け、すぅ〜〜っと滑らかな飛行を見せる。

   キタ━ (゚∀゚)━!!!!

    イケーー !!   トベーー !!

  そして滑べるように地面に着地!

  静まり返った AIR CUP 1会場・・記録タイムのアナウンスを待つ。

   ただいまの記録は・・ 12 秒 8



  ||||||||||||||||||||||| こちら管制室 ||||||||||||||||||||||||


  このわたしの2投目の記録をみて、
  ビルドストーン氏も、温存していた秘蔵の機体を出してきた。
  彼もここが勝負どころと心得ての覚悟が見える。

  ながいながい風を待つ時間が流れ・・
  残り10分を切ったところでついにシシキラー号がテイク・オフ!


    うわっ! こ、これは・・ 伸びるぞ!

      や、やばい・・おぉ〜  風に 乗ったな!



  かなり記録は伸びたはず。 きわどいぞ・・コレは!

    ただいまの記録は・・

           
11 秒 0


  歓声とも悲鳴ともさだかではなきザワメキがあがった!

   ヨッシャ~! ふぅ〜・・あぶない、実にあぶないところだった!



  |||||||||||||||||||||||| 大空の吉宗将軍 ||||||||||||||||||||||||||||


  20140727aircup17351.jpg

   成績上位表彰状の他に、参加者パイロット全員ひとりひとりに
   個人記録認定証が用意されている。


  全身全霊をかけてのキワドい勝負を逸したビルドストーン氏に
  もはや勝負力はなく、つづく3投目はチカラなく5秒台に沈み・・

  第 3投目を残し AIR CUP 1 オープン戦において
  私の優勝が決定したのである。


     ふむ・・あのねぇ〜みなさん!
     この AIR CUP 1。 思ってた以上、はるかにオモロイですわ!
     これほどドキドキな真剣勝負感は久しく感じたことなかった。


    命知らずの紙飛行機野郎たちの、参戦をお待ちしていますぜ!



  ||||||||||||||||||| AIR CUP 1 代表取り締まられ役 ||||||||||||||||||||

            [  エピローグ  ]

   優勝を決めて余裕のワタシ・・まだ残す1投は、
   ふふっ、大会記録をさらに伸ばしますかな? ビルドストーン君!
   ハハッ!・・と笑い抑えることできず、

   勝者の足取りで、吹き流しの立つ[ 投機点 ] へゆっくり歩いていると・・

    ん?  向こうから・・

      誰かが こっちへやってくるぞ? 


   たまたまこの駐車場を横切ってく兄ちゃんか・・な? 
   と、あまり気にも止めず ヤマガラ号のセッティングをしていたら

   その兄ちゃんが、まっすぐに私のところへやって来たではないか!
   はて・・??? コヤツ・・何者? なんの用だ!

  
   兄ちゃん: あのぉ〜 ちょっとお伺いしますが・・

   わたし : おぉ〜、何かな?


     ここの駐車場を利用する許可は取ってますでしょうか? 」

 
     ・・・・・ FINE ・・・・・

   その兄ちゃんは、
   この駐車場を預かるゴールドタワーの手先で・・あっ、いや、
   関係者であられたのである。

   かく問われて返すことばがあるはずがない。
   丁寧に謝罪をしてお咎めもなく無罪放免となり。

     総員! ただちに 撤収ぅ〜〜! 

   これで2度とこの場所は使えなくなってしまい、栄えあるAIR CUP 1
   第1戦ははや伝説と化したのである。

   次の第2戦は・・8月中 瀬戸大橋公園、でやろうかな?

     公園だから 大丈夫 だろう( と思う )





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード