topimage

2015-05

土佐 出撃ならず - 2015.05.24 Sun

 

 >> SHINRA  DEEP  FIEL STOR
Y


  |||||||||||||  2015  05 24  SUN DAY  ||||||||||||||



     小話 [  土佐 出撃ならずして 庭通信 つれづれ  ]


     20150523flower9193.jpg
  
                    
  写真の花の名は・・たしか レースフラワー だったかな?

  昨年の秋 DIYショップのガーデンコーナーで
  枯れかけ処分品 ¥50円 で売りに出されていたのを救出してきた苗だった。
  わたしの庭ですっかり元気に育ち いくつもの花を立ちあげている。

  このレースフラワー・・
  むちゃ小さな花がギッシリと集まっていて、その花がまたギッシリと
  集まっているという集合体形態の花、

  ・・なのだが

    おぉ! 集まっているのは・・どうも花だけではなかった。
  


  20150524garden9313.jpg

 
  よぉ〜く見ると・・
  チマチマ集まっている白い花の集合体に、
  これまた小さな小さな甲虫が!

    その数ざっと100は下らないか。

  なかなかカワユイ奴らなのだが、ふだんあまりお目にかからない彼ら
  いったいどこから湧いてきたのよ?

 
 
  |||||||||||||||||||| ファーブルマーブル研究所 |||||||||||||||||||||||


  今日 日曜日は・・
  ほんまやったら楽しみにしていたお出かけコトがあったのに
  あんなこんなな大人の事情で出撃ならず。

  自宅待機にてややゴキゲン失速気味にて消沈。

   土佐の山中にあるお寺で行われていた " チベットの祈り " 。
   僧侶たちが砂で曼荼羅を描く " 砂曼荼羅 " を見に行きたかった。

   その筋に明るい友人がチケットまで用意してくれていたのに
   返す返すも残念であり、この場を借りてごめんなさい。

  
  人類が信仰する宗教はこの惑星上に数多とあるが
  私の知る限りにおいて・・とエラそうに言いだしてはみたものの
  そう知っているわけではないからなんとも言えんが、

  私の知る限りにおいて、その世界観が
  無限の宇宙観まで構築したなかで人の在り方を説いているものは
  仏教やネイティブ系をルーツにもつ文化が秀でているように思える。


  ・・・・・・・ *** ・・・・・・・・
   

  宗教に関しては・・どうも・・
  きっと宗教だけではなく全てのことだけれど
  書物や言葉で勉強するだけで
   " 私は悟った " と勘違いしている方々が多いと感じられる。

  情報処理能力に長けてはいるが精神的に未熟なタイプは特に危ない。

   生まれてこの方 海を知らない人は
   言葉を尽くして海を説明され語って海を教わることはできても
   永遠に海を感じることができない。

    海を知るということは
    分析されて得るものではない。

  その教えの真髄を知るには
  自分の五感をもって知り得た経験を積み洞察を深めその教えを再発見してこそ
  人は創られていくものだ・・と思いたい。

   そんな人は 実は身近なところに居たりする。
  
   
  20150518momo9162c.jpg

   今季から 桃の袋掛け掃討作戦に
   若く美しき人妻たちの婦人部隊が加わり、桃の園はやや花の園となり。
   写真左はそのひとり・・マユリン・モンロー女史。


  私の知る ある農家の人は
  神の教えの言葉からは遠いところに生きているが

  毎日毎日 老いゆくカラダを酷使して、畑に通い、
  黙々と世話をし手入れをし やがて稔る収穫に黙して微笑むその姿なぞは
  どこか巡礼する僧侶のように見えてくる。

  
  うむむ・・行けなかった後悔の重さか?
  なにやら話が重くなってる。

  まぁ〜・・てなわけで

    今日はおとなしく我が庭の小宇宙を巡礼しておりました。
  


  20150522kaeru9165.jpg


    あのですねぇ〜 キミ。

      別れた奥さんとの思い出があるのでしょうが
      隣にイイ新築物件が空いてますぜ、旦那!



  そして今年もやってきた・・ ↓

  
  20150524garden9257.jpg


  ハキリバチがせっせと葉っぱを丸く切り取っては運んでおりました。
  このジューンベリーの葉っぱがお気に入り。
  
  一回切り取るのにかかる時間はほんの10秒ほど。
  飛んで帰ってくるのに3〜4分ほどだから 近いところに巣があるらしい。
  ちょっと追っかけて見たが、市街地にあって追跡は困難。


  それから 毎年楽しみにしている彼らも見つけた。

  20150524garden9242.jpg


  体調6〜7mmほどの美しく青い甲殻を輝かせる小さな客人 
  あしながバエのみなさん。



  20150524garden9254.jpg


  好んで泊まるのは 白いカラーの葉っぱ。
  1mmほどの小さな虫を捕まえて食べているらしい現場を目撃したのだが
  残念ながら 撮った写真はぜんぶピンぼけ・・次回に勝負。

 
     20150524garden9309.jpg


   新居を目指して登攀中のアマガエルをスクープ。

   最近 我が家の白いカラーに集まるアマガエルたちのその顔で
   6〜7匹は なんとなく個体識別ができるようになった。

   しかし ふと思ったのだが・・

   我が家に産卵するような水場はないのだから
   彼らはその恋の時節がきたらいったいどうするのだろう?
   
   やはりそのとき彼らは 水を求めて旅に出るのだろうか?
   でもウチの近所にはこれといった水場がないぞ。

        もうその季節は間近なのだけれど。




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (471)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (6)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (2)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード