topimage

2017-08

水路にどきっ! - 2009.04.15 Wed

|||||||||||||||  土佐 本山 樫の谷 ||||||||||||||


    ‥‥‥* 畦  歩 *‥‥‥‥

             あ ぜ     ほ

   azeho diary

      天 狗  里 山  絵 巻

 >> のばら寄り添い‥

のばら  

   ワイルドでありながら可憐でかわいい。

    こんな子が好きである。( ← ほっとけ! )




四国地方はきのう14日火曜日に低気圧が通過‥ 久しぶりの雨となり。

こんな雨の後は、山々の遠景が澄んで美しい ‥はずなのだ。

私のいるサヌキからはおよそ100キロ彼方の棚田の谷、あぁ~無念。



先日、棚田のある樫の川東岸を散策したときのこと‥

たくみな棚田のテーブルデザインもさることながら、その棚田に流れ入れる

水の道‥用水路が這うその斜面の一景に心ひかれた。あの広大で複雑に並んでいる

棚田のすべてに水が行き渡るよう、見事に水路網が張り巡らされている。







 谷の一景02






ときに土手を横に走り、ときに岩で組まれたトンネルをくぐって‥

さらには分岐して水を分ち‥水がまるで生きているかのように流れている。

水路のほとんどは古い石組みでつくられていて、苔むして草が陰をつくっている。

思わず腰をおろし‥

しばし水の流れに目を洗う。( ← 詩人気取りか! )



こういった小さな景色のなかに、とてもすばらしい一景がある。

この山間の棚田を縫う小さな水路に魚はいるのだろうか? もう少し水温が

高くなれば網をいれてみよう。 





 ーーーーーーーーーーーー* 水路 *ーーーーーーーーーーーーー





 竹の水路




 棚田のおっちゃんは‥ときに見事な仕事を見せる。


 上の写真だが‥ 田に水を入れるために、

 青竹をパシッと割り、それを単純に重ね‥

 重しに石を一個置き‥ 

  写真では分かりづらいが‥

 竹が交差する部分では、水が溢れないように小さな竹の一片を添え

 またその重しに泥の塊をドン。

 

 見たわけではないが、

 これを造ったおっちゃんは、ほんの2~3分の作業だったのでは。

 おおざぱっぱで粗いシステムだけど‥ほぼ完璧に機能している。

 そうそう‥ 

  これでイイのだ( ←バカボンのパパ口調で、 )


 ‥と、強引に納得させられてしまう。


 ちょっと‥

 唸ってしまった水の仕掛けだった。





















スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/10-6a9ddafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おたまじゃくし «  | BLOG TOP |  » 4月12日 棚田一景

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード