topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取 大山 三鈷峰 その1 - 2012.07.20 Fri

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

             

         天狗陰陽暦
      2012 0720  


        
七日巡り:金の日



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



  鳥取 大山 三鈷峰 の歩き方   記録編


20120717sankoho2322.jpg      
 鳥取 大山を 北裾野から望む ↑ クリックで拡大します。


7月17日 火曜日のこと、

鳥取は、大山の一峰である三鈷峰(さんこほう)という山に

足を運んだ。

来たる取材登山に備えての・・試登と言える山行である。


この試登調査隊メンバーは、

友人でもある山岳ガイドのオッカー司令官と私の2人行だった、

・・はずであったのだが、

出発の二日前になって、この " お出かけ計画 " を耳にした女性が

2人あり。、その無謀なる挑戦者の名は・・

 O・モカワン女史とマユリン・モンロー女史の2名。

そのふたりが急遽参加することになって 4人隊となった。


山岳ガイド:オッカー司令官の事前の説明によれば、

この三鈷峰は中級者レベルの山で、その行程はかなりの脚力を

要する・・とのことであったが、そんなことなど知る由もなく、

ただただ  " 私を山に連れてって "  的な

お出かけ気分で参加した女性ふたりは、後悔先に立たず的な労苦を

背負っての山行となり(合掌・・涙)。


0120717sankoho1661.jpg  


この三鈷峰調査日程は、

みなみなの・・それぞれの・・" おとなの事情 " ゆえに

17日 火曜日だけの 1日計画。

少しでも時間的余裕を確保するため、前の晩:月曜日の深夜に

現地入りして一寝入り、早朝のスタートとなった。


ちなみに、

登山口に近い下山野営キャンプ場に着いたのが午前1:30 ごろで

起床予定時刻は 午前5時 (怒)とのこと。



20120717sankoho1675.jpg


その貴重なる わずかな睡眠時間、

男らしく女性ふたりにテントを譲った我ら初老の男ふたりは、

朝まで絶え間なく執拗に " 蚊の猛攻 " にさらされて・・

 7wt ぅぅ^^^bh!!

  クソ! 0 どりゃ・・23@uc  ca:///・・・


20120717sankoho1711.jpg  


午前6時 ともかくも我々は出発した。


登山口はこの大山の森のふところに鎮座する大神山神社の境内。

この神社が。その佇まいからして、

どこか四国のそれとはかなり異なる気配を漂わせている。


    20120717sankoho1736.jpg

深い木々のなかにつづく石畳の参道が・・長い。

1 km ほどもつづいただろうか?


境内の空気が・・古来より伝わりし信仰の重さを感じさせる。

より静かに、より深くに、より清くに・・


20120717sankoho1746.jpg


たしかに、なにかが、社(やしろ)や森に宿っている。

おる! なにかがそこには・・おる!

・・ような

ただなき存在感を放っている・・そんな感覚。


20120717sankoho1749.jpg


そういえばおとなりの島根にはあの出雲大社もあった。

この地方の古きよりの人々の、神々に対するその信仰心は・・

ただものではない。



20120717sankoho1919.jpg

山に入ると・・

オッカー司令官は " 覚醒 " する・・らしい。


20120717sankoho1865.jpg

   ↑ クリック拡大して見れば・・

   山の稜線に 小さな小屋が確認できます。


山に入っておそよ1時間30分が過ぎて視界の開けた尾根で休憩。

尾根筋の木々の、はるか彼方の稜線に小さな小屋が見える。


あそこが・・

来週の本番登山で宿泊する予定の " ユートピア小屋 " である。

あの小屋の左手にある稜線までトラバースして・・

そこから逆の稜線を行ったところに " 三鈷峰 " がある。


私もオッカー司令官もエネルギー充填120パーセント、

意気揚々だった・・が、

かたわらの、ふたりの女性隊員は、

はるか彼方に見える・・あまりに小さ過ぎるその小屋の遠望に、

ややグッタリ気味に言葉少なく見つめていて・・

やがて・・

前に進むしかないその一歩を踏み出したのでありました。


 >> つづく。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/112-d51052dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳥取 大山 三鈷峰 その2 «  | BLOG TOP |  » 子猫の歩き方

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。