topimage

2017-05

夜雷 渡る - 2012.09.10 Mon



 
||||||||||||||||||||  巻  ||||||||||||||||||||


               天 狗 陰 陽 暦


          2012 0911


             
七日巡り:火の日


       小話   || 夜雷  渡る      ||

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


20120623 flower0854  

昨夜、つまり月曜の夜は、
断続的に " 激しい雷雲 " がカガワ西エリアを次々に通過した。
日付が変わるころがもっとも激しく、
暗い外は 絶え間のない雷の爆音と稲妻の閃光ショーがつづく。

おぉ! これはこれは‥ とばかりに、
軒下にイスを引っ張りだして一時間ほど " 荒ぶる天空の舞台 " に
魅入ってしまった。

このときにですねぇ。
ほぉ〜!・・と気づいたことがあって、深夜ひとり 心踊る。

どこか西の空で炸裂したカミナリの、
その雷鳴が‥その西方から 徐々に天空を駆けめぐり渡ってゆく様が
見えまし‥いや、聞こえました。

音響版 3D 劇場と言えばいいでしょうか。
ほら、空を渡る飛行機の爆音が進路にそって移動して聞こえるような‥。

それの数万倍にあたるエネルギーを秘めた雷鳴が、
空を複雑に屈折しながら、全天に渡ってゆく大気の震動が見えたようで
ちょっと感動してしまった。

しかし、自然の猛威は
そんな爆裂なエネルギーの炸裂する嵐だけではないのだ。

雷鳴に聞き惚れていた間 
私は‥絶え間なく蚊の猛攻にさらされた結果、必死の防衛もむなしく
足や腕、首筋など計20ヶ所ほどをやられて被害は甚大。

特に‥どうやってそんなところを刺したのか、
背中の真ん中あたりに被弾した 2ヶ所 の爆心地は救助の手が届かず、
かゆくてかゆくて‥しばらく寝付けなかった。

しかし、これらが一体となって

 過ぎゆく夏の夜の大いなる記憶として
 我が身に刻まれた‥というものなのだ。

 ・・ということで(涙)。


 
|||||||||||||||| 追記 ||||||||||||||||

あのヒヨコ事件をここに紹介して以来、
さまざまなる友人知人の方々からの声をいただいた。

やはりその声のほとんどは、
あまりのショッキングなデキゴトに対しての恐れにも近い気持ちから
不安に駆られた声だった。

ムリもない事だと思う。
わたし自身が当初、あまりの不可解でおぞましきなデキゴトに
右往左往したのだから。

あれから、これまでの私の‥
子どもの世界を知りえた経験と知識と直感をもとに、
ほぼ " 彼女の居る世界 " を理解できるまでになったと思う。

後日、このブログ上で
女の子がなぜヒヨコの運命を笑うに至ったか? 
それにいたる彼女の世界のことをきちんと発表しなければ‥と、
その心 日に日に高まり。

ただ ここで先に言っておきたいのは、

 彼女は 決してモンスターにあらず。

 子どもの知性や感覚が、
 はたしてどんなに異形なる姿であったとしても
 それが、その子の属する最小社会による環境に育まれたものだとすれば
 問題の核心は、
 彼女の属する最小単位の社会である家族や子ども社会にあり。

 
 彼女や他の子どもたちの例をもふまえて‥
 生物界のなかでもっとも社会性の強い種である私たち人類の、
 その子どもたちの精神が、どう育まれてゆくものか?

 そのことを 後日、ここで、
 きちんと記す所存である。
 
 

スポンサーサイト

● COMMENT ●

蚊も生きるため必死だったことでしょう~
読んでるだけで、かゆくなってきますが…

それと、あの雷と雨すごかったですね~
その夜は、ばぁちゃんの通夜でした・・・
たぶん一生忘れることのできない、夜です。

コンニチハ。
リアルでは“(・ω・)ノよっ!お久しぶりっス”な私ですが、ネットでは“初めましてヨロシクお願い致します”なあけのほうです。

久々にブログ覗いてみたらば更新されまくりまくりまくりんこで追いつくのに必死でありました。

『ひよこミキサー』については、懐かしくて、しかたありません。
それゆえ、その少女の心が理解できまくりで正直痛いです(あらゆる意味で)。
そして、ソレに毒されている子供たちがいることに憤りを感じています。
アレは本当に品がありません。
“クラスの皆が凍ったように私を見ている”っていう雰囲気は大正解だと思います。

makiさん

そうか、あの夜は通夜だったんですよね。
同じ夜、同じ時間に、同じ空の下にいたことが不思議にもなにか幸せなことのように感じます。
おばぁちゃん、会ったことはなくとも
人の縁を通じて私も、はからずも天に逝く道を見送れたのかも。
いい夜でしたよ。

あけのほう さん

やぁ! コメントありがとう。ネットで初めて‥こんにちは!

ヒヨコの映像、いろいろと調べましたが、
どうやら数年前からネット上で騒ぎになっているようですな。

それがなんであれ、同じモノを見ても、
経験知識の豊富な大人と、今まさに脳内プログラムが創られつつある子どもとでは
その感じ方もその影響もまったく異なれり。

しかもそれが自分の直接体験ではなく、どこかの誰かがやってることを、
日常生活の流れる生活空間のなかで、単にポチッとするだけで見られることには、
精神プログラムが未完成なこどもにとっては憂慮すべき影響がありと思えリ。

でも、そんな経験でさえも、
周囲のみなが、それをどう評価するのか? どう感じたりするのか?
その場の空気によってまた良き学習となることもあると思っております。

問題の確信は、ネットにもYOU TUBEにもなく、
それらを含めたこどもの生活空間の有り様でしょう。

‥にしても、ごく少数の " 最低下品なゲス野郎 " の人間もいることは確か。
ネット世界はそんな彼らの異形な怪物性を助長するようで、こりゃぁほんまに困ったことです。

そう! 大事なのは " センス " だよな!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/137-805c63e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウリミバエの悲劇 «  | BLOG TOP |  » 小夏秘話

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (471)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード