topimage

2017-08

ウリミバエの悲劇 - 2012.09.13 Thu

 

 
||||||||||||||||||||  巻  ||||||||||||||||||||


               天 狗 陰 陽 暦


          2012 0913


             
七日巡り:木の日


       小話   || ウリミバエの悲劇      ||

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


20120913goya5552.jpg  

今日のオープニング写真、
まるでB級ホラーのモンスターばりのオドロオドロしい有り様ですが、
これなんだか 分かります?

答えは‥ゴーヤ。
熟した実が 散開してその種を見せびらかしているところ。

ちなみにこのゴーヤ、
わたしの子どもの時代にはコレが食卓に並んだ記憶はない。
市場に出まわってきたのは1990年代になってからくらい?

当時の生産地は、おもに沖縄などの南西諸島と南九州地区だったが、
ウリミバエという " 瓜殺し " と恐れられた寄生バエの拡散を防ぐため
生産地域からの出荷が制限されていたのが、

1990年ごろ、放射線による " 不妊虫放飼 " によって、
ウリミバエ一族は根絶されたのを受け、やっと市場が解禁になったらしい。

この " 不妊虫放飼 " というのは、
羽化直後の個体に放射線を施して、文字通り " 不妊 " にしてしまい、
その不妊集団を〜億匹単位で野に放ち、
交尾はしても繁殖できないようにしてしまうという

言わば、代々子孫の因縁を断つ絶滅兵器。

う〜ん・・ちょ、ちょっと怖い。
放射線を使っているところが、なんとなく嫌な感じがする。

いくらゴーヤが食べたくとも、
彼らを " 絶滅 " まで追いやって、いいのか・・な?

・・などと、ぼんやりと思いながらも
昨夜の夕食にゴーヤを食べたばかりの私であるから、あまり大きな声で
エラそうなことを言ってはいけない。


たとえば、マラリア原虫やそれを媒介する蚊を根絶することは、
どこかわれわれ人類の存続に関わることだと思えないこともないから、

 やむを得ないのよ!
 ‥と認めざるをえないところもあるが、

 ただ、 
 ウリを食べてただけのウリミバエにとっては、

f-mi_uri01.jpg

    ワシが ウリミバエじゃ。

 なんでや(怒)。
 わしらが、なんか、オマエらに悪いことしたか?
 瓜 食ってただけじゃん。


・・と怒っているにちがいない‥と思う。

 今日はちょっと暇つぶしの話題で、
 これにて御免!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/138-af07daf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太陽系の歩き方:タイタン «  | BLOG TOP |  » 夜雷 渡る

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード