topimage

2017-05

ミッション100指令 - 2012.10.22 Mon


     
2012  1021  MONDAY
 
      小話  
|||||
ミッション100指令    |||||

     

   20121020henro7950.jpg


日曜日は朝から夜までアレやコレやなお仕事で埋まり、
みなでワイワイと賑わっているはずのグランパース遠征もままならず。

シンラ・アカデミーの士官候補生たちも定期テスト直前となり
土曜、日曜日と‥ばんばん予定外授業を勝手に入れてくる。

シンラ・アカデミーではテスト前だからと言って、
「直前〜対策授業」とかいった特別な授業はぜんぜんしない。

いや、正確に言えば‥
テスト前だからこそ、他に頼らず自分で仕上げるように訓令を出してる。

ココでは、テスト対策は自分の力で、
自己完結した挑戦をして 初めて1人前として認められるようになる。

いざ、これから子どもが真剣勝負に臨もうかと覚悟を決めるべき時に
エエ大人が、コレをやれアレをやれ‥などと面倒をみることが、ちょっと
おとなの態度として間違っていることのように思うからだが、

そういうふうにして子どもに対すると、
彼らは少しづつ自負心をもって自立学習していくようなのだ。

テスト前、コチラからは何も用意しないが、
子どもらからの提案、要望、相談は、それら意見を吟味したうえで
聞き入れている・・から、テスト前の土曜・日曜は‥朝も昼も夜も、
子どもらからの教室利用のリクエストで埋まってしまう。

そしてまた新たな指導方針作戦を練って、
それは今回のテスト1ヶ月前から発布され 現在 試行実施されている。

名付けて " ミッション 100指令 "

 君たちはそう遠くない将来、
 各自相応の仕事に従事することになる。

 仕事を完遂させるためには、
 100パーセントの準備をもって臨まねばならないのだ。

 たとえば・・
 ロケットを宇宙へ飛ばすために、
 大きな橋をかけるために、
 家を建てるために、
 人の命を預かるために、
 8000mの高みへ昇るために、
 1カットを撮るために、

これらの任務に対し、95パーセントの準備では許されない。
いや‥実は100パーセントの準備でも不足なのだ。

どんなに準備をしているときでも、必ず不測の事態が起きる。
その局面では、君はまったく知識も経験もない緊急の事態に対して、
迅速なる " 最良の判断と行動 " が必要になる。


 このミッション100指令は、
 君らがそういう実力をもつがための初歩的訓練なのだ。

 君らのテストは 君ら自身のものであるが、
 いつか誰かに対して、何かに対して責を負う日のために
 その訓練として向かって欲しい。

 よってここに指令を送る。
 
 英語、数学、理科、社会‥この4科目のテストに対しては
 自らの試行錯誤をもって取り組み、
 100パーセントの準備をしなければならない。
 ただし、国語は作戦目標から除く。

 健闘を祈る‥ OVER

 
こんな講義をしたのがほぼ1ヶ月前のこと、
そして4人ほどのオモロイ子どもらが、心の何かに火が着いたのか
ウソのように猛烈に勉強を始めた。

今日現在、テスト3日前になって、
もうやるべき課題や問題集がなくなったぞ・・とほざいているが、

ふふっ‥甘いぞ、ガキども!
99点は取れても、ミスもなく完璧に100点を取ることはなぁ〜 
またレベルが違うのだぞ。

しかし彼らのテストの結果が如何であっても、
私からその結果を聞くようなことはしない。それは彼らのものなのだ。
それに彼らのおのおのの実力は、ふだんよりもう知っているのだし。

でも、密かに楽しみではある。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

100点の話・・・

ちょっと思い出しました。
オリンピックで金メダルをとると世界一と認められるけど、銅メダルをとっても世界第三位というわけではない(その他大勢に含まれる)というのを思い出しました。
まあそれだけ、金とその他のメダルは違うのだと・・・銅メダルをとってあんなに喜んでいる日本人って・・・
レベルは全然違うけど、100点って大変ですよね。

金と銅のメダルのの話‥なるほど。

スポーツの話題ついでですが、夏春高校野球のトーナメント制‥って、
必ずどこかの高校が全勝して優勝するシステムなのだと気づいてから、ちょっと興ざめ。
まぁ〜もともと興味はないのですが。

今の学校‥って、子どもに自主性を‥とか声高に叫んではや70年。
私の知っている近辺の学校で、ほんまにそのことを推進実行しているところは皆無。
彼らは、ただのスローガンや主義に酔っているか遊んでおるだけです。

個人的な先生単位ですと、私の先生だった方々も含めて
これまで、ほんとうに子どもの自主性を育てようと試みておられたのは‥3人、かな?
きっと、ほとんどの先生や大人たち自身が、自主独立な精神を知らないんでしょうから。

この国では、
先生になるうえで、先生として‥人間としての資質は問われません。
資質のある人材を発掘して実力のある先生を育てるシステムが必要です。

自分も子どもと向き合う以上、以上の言は‥我が胸にも刻みましょう。





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/161-fc0b1419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オッカー司令 on RADIO «  | BLOG TOP |  » 母の手術の日

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (471)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード