topimage

2017-08

今夜は しし座流星群 - 2012.11.17 Sat


     
2012  1116   FRI DAY
 
    小話  
||||| しし座流星群
   |||||

 

 20121107jyuso9637_2.jpg

  標高1600m 白髪小屋より 東の空を臨む。
  右下にオリオン座があります。


今夜 11月17日 土曜日の夜は、ちょっと楽しみな しし座流星群 の夜。

 日暮れ後、東の空にしし座が上がってくるので、
 日没後から 東の夜空を眺めていたらいいのだ。

 しかも今夜の月は新月で、
 はやくに地平線に沈むので観測には好条件。
 一時間あたり数十個見られる・・とも。
 
思い出すのは、あの‥全天が流れ星の滝となったしし座流星群:伝説の夜、
あの大出現は、何年のことだったのか?

 ちょっと、ググって見ると・・

   えぇ〜 とですねぇ・・あった、2001年 ですねぇ。

そうかぁ〜もう11年も前のことだったのか。
そういえばあのとき、まだウチの子らは小学生だっったような・・。

あの夜、我が家族は、
徳島県の山中、標高1500m付近にある落合峠に陣取って、
寒さに凍えながら一晩中つづいた流れ星の嵐の空を見上げていた。

文字通り、星の降るいい夜だった。


 
||||||||||||||||| ガリレオ天文観測所 |||||||||||||||||


しし座流星群は、地球が‥
宇宙空間に密集して散らばる " 塵(ちり の雲 " の中に突入した際に
その塵が地球の大気層で燃え尽きる現象。

しし座流星群のその塵(ちり)は、
テンペル・タットル彗星が母彗星になっていて、つまりは・・

このテンペル・タットル彗星が通ったあとにまき散らしたゴミ、いや
その塵の雲のなかを地球が通過するという次第。

orbit.jpg
          
国立天文台 天文情報センターサイトからお借りしました。

この彗星の太陽を巡る 公転周期 は33年。
前回の訪問は1998年で、その3年後に流星大出現が起きた。
ならば、次の訪問はというと‥

  1998 + 33 = ・・ 2031年!

そのころ私は70歳は越えているが・・
そのころ 夜空を見上げるくらいの知的能力はあるだろうか。



 
||||||||||||||||| ガリレオ天文観測所:用務室 |||||||||||||||||


金曜の夜のアカデミーでの授業で、
子どもらに " しし座流星群 観測のすすめ " を話していたところ・・

 え? 流星‥って、何?

   流れ星‥って、見たことないわ。

  すいせい‥って、あの水星か?

      星‥ってなんや? 
 ん? ‥星が塵なのか?


 ・・・・・・・。

 ちょ‥ちょっと待て、おまえら! 
 まずは‥太陽系から話をはじめるぞ・・まず真ん中に太陽があって・・
 おまえら、太陽は‥知っているな?

 そう、その " 太陽 " だ。
 実は夜空に見えるあのキラキラした星っていうのは、すべて、
 遠くにある " 他の太陽たち " なんだが・・

 わたしたちの太陽のまわりを‥
 ・・・・・

そうして話して約一時間、なんとか " 初めてのしし座流星群 " 講義を
やり終えて、そこで授業が終わってしまった。

 これで‥ 
 何人かでも夜空を見上げてくれたら・・
 ふふっ、わたしの勝ちである。

 さて‥天気はどうかな?






スポンサーサイト

● COMMENT ●

見えんかった

23時ごろ、寒い中、意を決して外へ出たのに見えるのは雲だった~。
私も2001年が忘れられないくち。今になってわかるけど、ほんとにあの年は奇跡だったんだな~と。
しかし、白髪小屋の写真はすごいな~。オリオン座の中の星が丸見えだ!

そう! そのオリオン座がですねぇ〜

 まわりに‥あまりにも星の数が多いために、オリオン座がわかりにくい‥んですわ。
 こういう星空を年に数回は眺めることを、つよくオススメします。

 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/177-d86d95b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メロディ登山:後方支援 «  | BLOG TOP |  » 消える絵

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード