topimage

2017-06

GP 報告会の宴 - 2012.11.25 Sun


     
2012  1125   SUN DAY
 
        小話  
||||| 祝:帰還の宴
   |||||

 

20121125chochyo0645.jpg    
  夜、家の玄関前に羽を休めていた蝶。
  この羽の‥侘び寂びを偲ぶ意匠が控えめながらも とても美しい。
  コイツは、これまで見たことがない種なのだが、
  まだ同定に至らず。


土曜の夜は、グランパース前線基地にて、
うら若き女史ふたりの、それぞれの帰還報告の宴に皆が集う。

広いとも言えない10畳ほどのGP司令官室に、
下は小学2年生から、上は54歳のおっちゃんまでの老若男女が
えぇ〜・・と、15人くらい‥いたか?

ニュージーランドでの一年間、標高2800mでの山小屋での半年間、
その、とっても生活感があふれる写真のスライドショーの上映のなか
ボケ・ツッコミの嵐が吹き荒れて・・

いつものとおり、酒がほとんどなくとも、
時間を追って、みなのテンションは不況知らずのバブル状態へ。

気がつけば、とっくのむかしに日付がかわっていて、
やむなく幕を引いたのは、かるく午前1時を回っていたと思う。

われわれ一族って、どうやら‥
会話だけで、脳内快感物質:エンドロフィンが溢れ出る人種なのである。
いや、それはもう脳内麻薬と言っていいかもしれん。

いつも粋な会話に飢えていて、
深い浅きに、思考が縦横無尽に広がる会話がないと禁断症状が出る、
いわば会話ジャンキーなのである。

 一般市民の方々、ちょっと‥いや、かなり変な我々ですが、
 けっして危険な人種ではないので、逃げないでくださいね。
 


   20121125chocyo0642_20121125213726.jpg


この夜宴のレポートを報告した2人の女史を含め、
他4名のメンバー計6人が、私のシンラアカデミーのOBである。

彼らは中学生の頃から、この夜に集まった私の友人たちから
可愛がられ、ときに厳しく叱咤され、あちこちの遠征を伴にして・・
そのお付き合いも長くは10年近くになったりしている。

これは私の想う " 理想の教育現場 " なのである。
ちょっと言葉で言い表せないが " 部族制 " とでも言ったらいいか。


 |||||||||||||||||||| シンラ一族 ||||||||||||||||||||||||


その部族の祭りの宴たけなわとなった夜半過ぎ、
シンラOBのひとりの女史が姿勢を正し、あらたまって言うには、

 はい、わたし…結婚することになりました。

そうして、彼女のことを子どもの時から知るわれわれ初老軍団は、
やや落ち着きをなくしながら、祝意にあふれた楽しき宴を続けたので
ありました。

 なんだか、
 お祭りの夜のような余韻が残る1日でした。
 
 






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/182-1d187606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テストじゃないテストの憂鬱 «  | BLOG TOP |  » 祝:帰還の宴へ

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード