topimage

2017-04

本はどこへ行く - 2012.11.28 Wed


     
2012  1128   THURS DAY
 
       小話  
||||| 本はどこへゆく
   |||||


20121128up1510.jpg  



今朝は冷えた。
クルマのフロントガラスには ビシッと薄氷が結晶化してはりつき、
田畑はうっすらと白く霜降り景色。昨夜は澄みきった夜空だったから
放射冷却現象が起きたのだと思う。

さて、最近 気になっているちょっと不可解なことがある。

 それは‥シンラアカデミーで必須課題である " 音読 " の教材に
 使っている本に始まったことなのだが、


 |||||||||||||||||||||||| 本屋大好き本舗 ||||||||||||||||||||||||||


 現在、アカデミーの、
 小学生クラスの音読教材で使っている本というのが

  「 ジュラシック・パーク 」 著:マイクル・クライトン

スピルバーグの映画も凄かったが、この原作は遺伝子工学の可能性と
カオス理論から予想される警鐘を柱にした傑作と言える物語。

上・下 2巻の大作だが、
ジェットコースターのような感覚で一気に読み切れる秀逸なストーリー展開
だけではなく、最先端の遺伝子工学知識を背景にしながら未知なる可能性と
不可避な危険性とのメッセージが伏流水として流れていて‥

わたくし、何度も読み返す本の一冊です。
ちなみにあの有名な映画は、この原作の5分の1ほどのエピソードを
再編成して構成したものなので、原作のほうがはるかに完成度が高く
読み応えがある。

この世界は複雑系と呼ばれる事象でなりたっていて‥

それを正確に予測、コントロールすることが本質的に不可能であるとの
カオス理論から示唆される文明への強い警鐘メッセージ性が、映画では
ほとんど失われている。

昨年に起きた東北大震災と、それにともなう原発事故のなりゆきが、
ジュラシック・パークで展開された物語の骨組みとほとんど同じで、
あらためておそれいった感深し。


     201203291000066d1_20121129014653.jpg

・・で、

その原作の " ここぞ " と選んだ部分を切り出して、小学生の音読の教材に
使っているのだが、これが‥ふふっ、子どもらのハートを " わしづかみ "

 まだモノゴトの内面的な深さまではココロ及ばない子どもたちには、
 こんなストーリー性で引っ張る本が、言葉の魅力に触れさせるのに
 最適な教材なのである。


そしてそのジュラシック旋風は、
教室に置いていた音読プリントを見つけ読んだ中高生クラスへも波及し、
その " 次はどうなるんだ効果 " が爆発的な連鎖反応を起こし、

とうとう待ちきれなくなった子どもらは、
ここ数日、本屋さんを駆けまわる事態になってしまったらしい。

しかし・・探せど探せど、
どうやらこの地域の本屋さんや Book Off の棚には
もうジュラシックパークの本は見つからないらしく、

如何ともし難いその憤懣の声を聞くことになった今日のクラス。

わたしもせっかくのこの好機をむざむざ逃すのも惜しく、
希望者には、私がアマゾンで代理購入することを提案して、危うくも
暴動化寸前だったクラスの沈静化に成功したのである。

子どもらが帰ったあと、
さっそくにネット: アマゾンの「本」部門で検索をかけて見ると、
はいはい‥さすがアマゾン、在庫にぬかりなし。


 |||||||||||||||||||| Book On ||||||||||||||||||||||||


そこでふと気づいて、
できるならお安くと「 古本 」でどうかと検索をかけてみて
画面にずらりと並んだ 古本:ジュラシック・パークのリストを見て驚いた!

 その本の価格が・・ 1円

 1円 ですよ、あなた!
 もちろん別に送料 250円が必要なのだが、
 なんで 1円?

 これでは古本屋さんは たった1円の儲け にしかならんだろうに。
 されど 1円 なのか?
 でもアマゾンに出店するに必要な経費を考えると‥?

 とにかく大量にある在庫を片付けたいのか?
 
 それとも、今の情報化社会にもてはやされているらしい
 顧客のビッグ・データを得んとするための手段なのだろうか?
 
 便利ではありますが、
 なんだか 今の世の中はカオスの渦の縁に立っていて、
 経済市場は自家中毒症状に至っているように思えます。

 ね? そう思いませんか?
 マルカム博士!

 
  :::::: 追伸 :::::::

 この本の著者:マイクル・クライトン氏は
 2008年にこの世を去られた。

 あなたの創造した物語は、こどもたちへと語り継ぎましょう。
 あなたのすばらしい本に心より感謝します。

 
 


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/184-22c6f59f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訃報の知らせに «  | BLOG TOP |  » テストじゃないテストの憂鬱

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (471)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (6)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (2)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (1)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード