topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃香窯を訪問する - 2013.05.03 Fri

  

      
2013  0503  FRI DAY
 

      小話  
|||||
桃香窯を訪問する |||||


 20130503noborigama9463.jpg


桃の畑の摘花作業も3日目の今日のこと、
昼からのお仕事が始まって30〜40分ほどたったころだったか、
お母さんとビルド・ストーン氏が合流して、
早々とお茶の時間となり

そのお茶の席でお父さんが・・

 このちょっと奥の山の中でなぁ、

 若い女の人が、ひとりで造った " 登り窯 " があってなぁ〜 
 4日ほど前に窯に火を入れてなぁ、
 10日ほどは火を焚き続けるいうとったから、

 ちょっと行ってみるか!


 ほぉ〜! 

   若い・・女の人・・ひとりで・・ 登り窯・・と。
   
   うむ、ぜひ 行ってみましょう!



 ならば‥と、さっそく軽トラの荷台に乗って4人で出撃。

 ・・と、ほんの3分ほどでそこに着いてしまった。


 20130503noborigama9485.jpg


おぉ〜 たしかにそこには、

 熱く火焔を吐いている " 登り窯 " があって、ひとりの女性が立っていた。



    20130503noborigama9488_20130503195232.jpg

 
 この女性の名を、仮に " 桃香(ももか)さん " としよう。
 この登り窯の名が " 桃香窯 " なので・・。

   ちょっと・・なんで仮名なんや?

      えっ? あぁ〜〜・・。
      な、なまえを・・聞くのを 忘れてました。

 
 

        20130503noborigama9483.jpg


 火の番が一段落ついたところで、
 桃香さんに話を聞いた。

  彼女がここに窯を構えたのは10年ほどまえのこと。
  その前は動物園で働いていて
  動物たちの世話をしていたのだが・・

  あるとき、焼き物の魅力にハマってしまって・・
  自分は、はかない生命に関わるよりも、
  焼き物のような永遠に変わらぬモノに関わりたいとの想いが募り・・

  ついに発起して3年ほど師匠のもとで修行をしてのち
  この山に縁があって自分の窯を構えた、

  ・・とのこと。
  


 20130503noborigama9477.jpg


 この山に入ってから、まるまる1年ほどは
 女ひとり、ツルハシやスコップで 登り窯つくりに格闘していたとか。

 わたしの不躾な問いに答えてくれる桃香さんは、
 なんだか " 楽しくてたまりません的 空気 " を発散しておりました。
 おそるべし可愛い女性である。

 ただいま2児の母、
 出産、子育てのため5年間 お休みしていた登り窯、
 今春、待ちかねての再開なのだそう。



  ||||||||||||||||||||||||  桃と焼き芋  ||||||||||||||||||||||||||




 そろそろお暇しなくては・・と挨拶をしたら、

 あぁ〜 ちょっと待ってぇ!

  来てくれる・・って聞いてたから
  登り窯スペシャルの焼き芋を準備してたのよ。
  ちょうど食べごろの時間だから・・
  食べてって!



 
   20130503noborigama9500.jpg

 
 と、桃香さんが駆け寄って取りついたのは、登り窯の屋根のところ?

 その焼き芋は、
 登り窯の屋根に並び積んである耐火レンガの中から出てきた。
 

   窯の熱で2時間よ。

     とても美味しいから・・どうぞ!
  

 
   あっ、どうも・・じゃ〜 登り窯 焼き芋 いただきます。

   あ、あ・・熱っ! 熱っ・・熱っ〜〜いぞ!



 20130503noborigama9506_20130503194814.jpg


 なんという焼き芋だろう・・これは。

  濃厚でかつ芳醇なる香りと甘さに、そして・・
  その皮も実も、 " しっとり " と " ホッコリ " と焼けていて・・
  遠赤外線100パーセント焼き の一品である。

  う、うまい。

  この焼き芋が、いつでも食べられるなら、
  わたしは魂を売ってもいい。


 20130503noborigama9513.jpg


 さて、美味しい焼き芋もいただきお暇する時となり、
 帰りがけ、遅ればせながら慌てて自己紹介をしたところ・・

 桃香さん、何かに想いを巡らせるような表情で、
 わたしの顔をじっと見て・・


  越智さんとは・・どこかで・・
  きっとお会いしたことがある・・ような・・
  
  ん? ・・・(ドキッ)


       20130503noborigama9509-2.jpg


  えっ?  そ、そうですか?

   どこでお会いしたんでしょう・・かね?



 帰り際、もうクルマに向かって歩きながらのことだったので、
 それ以上のことに話が及ぶ時間もなく・・
 ちょっと不思議な出会いのままに、お別れとなりました。
 
 

   20130503noborigama9521.jpg


 登り窯からまた軽トラの荷台に乗って桃の畑へ・・。

 さぁ〜仕事にかかろうか・・と時計を見れば、
 ややっ、私の帰還時刻まであと30分もない。

 
  おとうさん! 
  わたくし、今日の昼からは ロクに仕事をしておりません!
  午後の仕事分は無しにしてください!



  ははっ、気にせんでエエよ。

   ワシが連れて行ったんじゃから・・(笑)。
   これも農家の仕事のエエところよ。


   
 今日もまた、日和も良く楽しき一日となりにけり。
 収穫が大きい毎日である。








スポンサーサイト

● COMMENT ●

天狗さんへ

焼き芋 美味しかったでしょう??
ワタシも 以前焼き物をやっていて
年に一度 登り窯をやっていましたが
窯で焼いたお芋は 格別だったですよ

まりもさんへ

ま、まりもさんも・・
料理にお菓子に織物に、焼き物までも。
なかなかに多彩な奥義を身につけていらっしゃる、
あらため・・驚きです。

登り窯の " 焼き芋 " は絶品でございます。
焼き方しだいで、あれほど甘みのコクと深さが得られるとは!
料理の道もまたこれ深し・・でございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/284-d86e6186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有明浜の夕暮れ «  | BLOG TOP |  » 桃畑のサヌキ富士

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。