topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有明浜の夕暮れ - 2013.05.05 Sun

  

      
2013  0505  SUN DAY
 

      小話  
|||||
有明浜に暮れる |||||


 20130505ariake9522.jpg


 このゴールデンなウィークも後半戦だが、
 どこへ行っても、人、ヒト、ひと なので毎年あまり動かないようにしている。

 そんな、世はゴールデンな今朝、とつぜんに、
 家内が子どもらとともに実家へ帰省するぞと大本営発表!

 聞けば、愛媛:松山の親戚家に遊びに行くということなので
 なんだか気乗りしなく、やんわりと同行辞退。

 昨日からはビルドストーン氏が、
 徳島山中の、我ら秘密の幕営地:深淵(みぶち)に入っているはずなので
 そちらを急襲しようかとも迷ったが・・
 日帰りにならざるを得ず、ならば‥と断念。

 ・・・で、どうするよ?

 ということで、朝から家にこもって " 本 " と " ビデオ " に溺れていたが、
 昼過ぎになってくると、どうにも胸の中の虫が騒ぎ出して落ち着かない。

 しかしこういうコトはよくあるコトなので対処療法はわかっている。

   [  処方箋  ]

    とにかく人気のない所へ行け。


 
 20130505ariake9574.jpg


 ただ、この狭い香川にあっては " 人気のない所 " を望むのは難しい。
 県外まで遠出するにはもはや時間が遅い。

 ならば・・あそこしかあるまい。

  サヌキ王国:西エリア 海岸沿いにある " 有明浜 " 。

  そう、その有明浜は・・
  毎年、激戦が繰り広げられているあの " マテ・カップ " の干潟である。

    註:マテカップとは・・

    例年、この干潟で行われるマテ貝をめぐる潮干狩り闘いのこと。
    5年ほどまえ、土佐のタダコフ氏が始めたとされる。
    優勝者には名誉と賞状とふんどしが与えられることで有名。

    
  この有明浜は、小っちゃくて狭っちぃサヌキ王国にあって、
  とにかく、圧倒的に海や空が広い唯一の空間なのである。



 20130505ariake9618.jpg


 午後2時過ぎに有明浜に入った。
 干潟には、潮干狩りの人出がまぁまぁな数の影が見えている。
 子ども連れの家族が多いようで、なんだかホッとする。

 でも、その子どもたちも小学生までのようで、  
 中学生、高校生、さらには30歳までの青少年の姿は極端に少ない。
 


 ||||||||||||||||||||| こんばんは、干潟 満男 です |||||||||||||||||||||||| 



 人気がない‥とまでは望めないが、
 これだけ広い空間に散らばっているとあまり気にならない。

 私が砂浜に陣を敷いたころ、
 どうやら潮が満ちてくる時刻らしく、干潟の人たちは帰り支度のよう。

 空は一片の雲もない快晴。
 水平線( 正確には、内海なので地平線 ) には靄が流れている景色。

 これは・・きっと、夕暮れがキレイだろうな。
 日暮れ時に 刻々と変わりゆくであろう空と海の色模様・・か。

 陽が沈むまでぼんやりと待つことにして寝っ転がっていたら、
 いつしかウトウトと寝てしまって目が覚めたら、潮が満ち人は消えていた。

 太陽が高度を下げつつあり海が黄金色に染まってきた。



 20130505ariake9613.jpg

 
 ここからの30分ほどが、夕暮れ劇場の大舞台なのである。
 やおら起き上がって、人気のない砂浜に立つ。

 視界のかぎりに人の姿は浮かばない。
 世界中、だぁ〜れもいないのだとする妄想も容易な光景に満足。

 おぉ、ほらほら・・

 
    20130505ariake9673_20130505221743.jpg


  マテカップの象徴 マテ杭が・・


 20130505ariake9709.jpg

 
 いよいよ太陽が・・

  あぁ〜 見てる間に、音もなく 空と海の色がかわってゆく。


    20130505ariake9729.jpg



   マテ神のシンボル:マテ杭が、太陽を喰らう。



    20130505ariake9744.jpg


  水平線近く、空が・・タイヘンなことになっている。


 20130505ariake9764.jpg


  ほぼ陽が沈んでも、空の残り火のような色を映してか、
  海にはまだ少し明るい色が波間に揺れていいる。

  午後7時頃にはとうとう水平線の残り火も落ちて、
  天上の空には青が濃く深くなり、海は暗く深くなってくる。

  一番星を見つけたのを機に 腰を上げ帰路につく。



  ||||||||||||||||||||||||  天地明察観測係  |||||||||||||||||||||||||


  行ってよかった。
  身も心も自分純度100パーセントにまで回復。

  星の運行を感じれる場所‥とでも言ったらいいのか、
  そういう場所で静かに過ごすことオススメである。

  ここ有明浜の夕暮れには、
  近々にも、知人友人たちの小さな友だちを連れてこよう。
  それは森の幼稚園の前哨戦でもある。


今年はまだマテカップが一度も開催されてない。
マテカップ:タダコフ総裁が多忙により、日がとれないからなのだが・・
ならば、先に " ひとりマテカップ " に走って誘い水とするか?

えぇ〜っと、次の大潮は・・いつ、かな?

 近くは10日からの新月・・か。
 その次は、25日からの大本命:満月の大潮とくる。

ふむ、まずは今週末にクワを入れてみたいものである。

 



スポンサーサイト

● COMMENT ●

えーGPで大宴会してました、てんぷらパーティー、しかも天狗さんに電話する?「家族サービスの日だって」って、誰かが言った・・・

けんぞ_氏へ

あぁ〜やはり!
たぶん来ているだろうと、有明浜の帰りにGPへ寄港するつもりだった、のですが・・
浜でカラダが冷えたのか、なんだか発熱の悪寒におそわれて、やむなく帰宅コースへ。

ゴールデン・ウィーク、そのつもりだったのに、
結局のところ私の家族サービスは空振りに終わりました・・とさ。

てんぷら・・新しいメニューですな。
あぁ〜ウマイかき揚げが食べたい、またやりましょう!

2013有明オープン

ごぶさたしております(^-^)
ピン、ポン、パポ~♪
遅ればせながら2013マテホリカップを5/26(日)に検討しております。
あくまで検討段階ですが(それを外すと・・・)、ごく近日中に発表いたしますので
一瞬腰を浮かした皆様しばしお待ちください。

昨日、昼からずっと同浜にて母子でマテ掘ってました( ̄▽ ̄)
ゆっくりお過ごしの天狗さんに出会わなくて正解だった⁈
なんせ全身びしょぬれでしたけん、、、

マテカップ総裁:タダコフ氏へ

総裁よりのマテ指令‥了解しました!
こちら " 特殊潮干狩り隊:干潟のシオマネキ " は待機レベル:グリーンを維持、追って指示を待つ。

それでですねぇ〜 5/5の有明浜の調査では、
どの家族も、かなりなマテ収量があったようで、バケツを下げるカラダが傾いて歩いていたことを
ここにご報告します。

それと、いつもの場所にはマテ戦士の姿は少なく、ややキャンプ場寄りの方が賑わっておりました。
干潟情勢に異変がおきているのでしょうか?

では、マテ神の御加護がありますように。

くま母ちゃんへ

くまちゃん、ほんまいかな!
あの干潟の戦場の中にクマ一家が戦っていたとは・・。

>> 出会わなくて正解だった?

 いえいえ、所詮わたくしごとの戯れでございますから
 あの場所、あの時に、うわっ!・・と出会う方がどれだけ楽しきことか!

 全身びしょぬれ・・と?
 ほぉ〜かなり正確に、子どもらの干潟での修羅場が想像できてしまいますな!
 エエ事でございます。

 天気の良い日にはぜひ、ここで夕暮れをゆっくりお楽しみください。
 いいですよ、ここは!

 では、クマ一家にマテ神の御加護がありますように。

まさにキャンプ場側です^_^
なんせ20人近くの母子団体でしたから、、、
ただマテは、やはり中央のカレント沿いの沖が大きくて沢山とれてました。
参考までに♡
マテカップは町民運動会でいけそうにないので先生のご検討を祈っております!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/285-371f32e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桃と株価 «  | BLOG TOP |  » 桃香窯を訪問する

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。