topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘とカレーと父と・・ - 2013.05.11 Sat

  

      
2013  0508  WED DAY
 

        小話  
|||||
迎撃カレー |||||


 20130512curry9841.jpg



うむ、まぁ〜美味いカレーが・・ デ・キ・た! ‥か・な?

 昨夜おそくから台所に立ち、
 およそ3時間ほどをかけて完成した 天狗スペシャル:辛香旨カレー。

 私の秘奥義:有頂天料理の・・
 水餃子・天津飯・炒飯・・に並ぶ 、四天王メニューの最右翼をなすのが
 このチキンカレーなのである。

 
この、天狗極旨秘香印度カレーは・・

 コリアンダーやクミン、ターメリックなど、
 ざっと10種類ほどの各種スパイスとトマトでつくりあげたこの・・
 スパイシーでジューシー、それでいて芳醇極まるこのカレーのルーツは、
 インドの方々がお家で作るチキン・カレーなのだ。

 日本伝統の " 僕の家のカレー " とはまったく系統のちがう味である。
 
 系統が違うと言っても、
 じゃぁ〜どちらの方が美味いの? ・・という問いは愚問であろう。
 どちらも美味しい‥のだ。

 このインド・チキンカレーは‥
 スプーンにカレーをすくって、口に入れるやいなや・・

 数種のスパイスの香ばしい香りが、
 立派なホールで、オーケストラの奏でる協奏曲が豊かな音場を作るかのように、
 口内から鼻孔にかけてスパイスの和音が響き渡るのだ!

 そして、そのスパイスの疾風が駆け抜けたあと、
 まるで残響音のように、トマトの酸味と肉系の旨味が静かな余韻となる。

・・と言ったらわかる、かな?

   えっ? わからない?  
   ちょっと表現が難しいんだな、食べれば‥わかる!




 ||||||||||||||||||||| 包丁人 味平 は 元気かな |||||||||||||||||||||||


 前夜から構えているこのカレーは、
 実は、今日 土曜日の夕刻に来る " ひとりの客人 " を迎えるための迎撃作戦。

 その客人と、私は  " 娘の父 " として相対せねばならない。

 ほんとうのことを言えば、
 きょうはどっかへ逃げてしまいたい心なのだが・・

 そいつの訪問目的というのがある要件で  " 私 " に会いに来ることゆえ,
 父として、家長として、逃げるわけにはいかないのである。


 よかろう。

  敬意をもって、最恵国待遇レベルで、
  そやつを客人として迎え撃とう・・ あっ、撃ってはいかんな。
 
  迎える晩餐は整った。
  これ以上、わたしのすることはない。
  この迎賓舞台で、
  さて、次は君の出番ではある。

  場合によっては・・
  切り捨て御免もやむなしの構えである。

   ・・と、強がってみたりしている小心な父である。



  うむ、あと・・・ 一時間ほどか。

    あぁ〜 ちょっとカレーの味を‥ 確かめとくか。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

なんだか、試験の前に掃除を始める心境を垣間見ました。
気を紛らわせる、いや、現実逃避のための料理・・・
まさに奥義でございます!
で、カレーは涙の味か?

天狗さんへ

色々スパイスが入って 美味しそうですね
食べてみたい~!!
でも 今夜のカレーは
妙に苦いか? 辛いか? 
そんな スパイスが効いていそうですね
ご自身は 一緒に食べて
お味が 分かったのでしょうか
そちらの報告もよろしく!!

けんぞ_氏、まりもさんへ

えぇ〜 おふたりへのご返事コメントおそくなりまして・・。

けんぞ_氏のご指摘はまこと " 的を得ている! " とみとめざるをえません(笑)。
ただ、その現実逃避のなかにあっても、少なくとも迎え撃つためにナニかをしていないと耐えられません。
向こうも覚悟の上の来訪ならば、こちらも相応の姿勢で臨まねば・・と。
ふぅ〜疲れました。

まりもさん!
カレーのデキは最高レベルでしたが、本番の晩餐のときの味は・・よくおぼえていません(泣)。

ただ、いただきます!・・の宣言ののち、
その男が最初のひと口を口にしたときには、わたしの緊張もトップ・ピーク!
美味しい・・との感想を聞いた時には、たとえそれが社交辞令であったとしてもホッとしました。

やっとカレーの味がわかったのは、翌日の残り物カレーを食べたときでした。
やはり二日目のカレーの方が旨いのかなぁ〜。

まぁ〜 あの夜の晩餐は、美味しい夜となった・・と言っていいの・・かな?
ご声援ありがとうございました。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/287-07803d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

父と娘と男と・・ «  | BLOG TOP |  » 桃と株価

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。