topimage

2017-07

父と娘と男と・・ - 2013.05.13 Mon

  

      
2013  0513  MON DAY
 

      小話  
|||||
無伴奏チェロの余韻 |||||


 20130512kisaka9874.jpg

   この夜の夕食は、ある意味では " 最初の晩餐 " と言えよう。

   この迎賓スペシャルカレーは、
   ココナツミルクとフレッシュなトマトを使ったマイルド・ルーと
   スパイスを工夫して、ホールトマトとを使ったワイルド・ルーの
   味見の異なる2種のルーで完成されている。

   ど、どうだ!


     ( コラッ! カレーの話はもうエエから・・ )
 


  |||||||||||||||||||||  無伴奏チェロに唸る夜  ||||||||||||||||||||||||



 月は新月を迎えた土曜の夜、
 やって来たその男との、剣先を交わした試合は5時間におよんだ。

 初めて、目の前に立った男は・・正眼の構え。

 しかし、向かい合った男の構えには、
 殺気は無く、気負いもなく・・

 その静かで穏やかなる構えに、
 その力量をはかりかねて、父 やや戸惑う。
 
 一見、ただの浪人のようだが・・
 
 

   |||||||||||||||||||||| 礼、始め! ||||||||||||||||||||||||| 
 
 
 双方 道場に進み出て礼を交わし、
 いよいよ剣先を交える・・ さぁ〜 如何に来るか?

 私は待ちの構えで微動だにせず出方を伺う。

 男は、フッと静かに打ち込んできた。
 落ち着いた声で素性を名乗り、そしてこの夜の訪問の主旨を告げられた。

  
  明日奈さんとお付き合いさせていただいて7年になります。
  将来のこともあり、今日ご挨拶にあがりました。



  もちろん、この打ち込みに対しては、
  十分過ぎるほどに心構えしていた筋であったから、
  余裕をもって受けた。(・・とは言っても、実はかなり動揺した )
 
 ただ・・
 その太刀筋はあまりに素直なものだったが、
 必死と待ち構えていた私には、
 その打ち込みは浅く、工夫もなく、チカラが乗ってないようでもあり
 やや拍子抜けの感が漂う。

  むむっ、これきしの男にすぎないのか、こいつは?
 
    ↑:父の過剰反応ではある。


 |||||||||||||||||||||||| 隠し剣  旋風 ||||||||||||||||||||||||||


 そんな、
 まだまだ手応えなき静かな立ち会いのまま半時間あまりが過ぎ・・
 ならば‥と、こちらから仕掛けてゆく意を決める。

   待っていてはなにも分からん!

 基本の太刀筋で相手の構えを見定め、
 そして、いよいよ深く切り込んでは返し、振り向いては打ち込む。

 ほぉ〜・・受けは正確、意外にもチカラがあるな。


そんな静かなる立ち会いの流れが、一気に熱を放って白熱し始めた時がきた。
その起爆装置は " チェロ " の話題だった。

 実は、娘とその男とは、大学時代のオーケストラでの、
 弦楽器:チェロの先輩・後輩の縁。

 家内の、突発的不躾な希望で、チェロ演奏を所望することとなり。
 とつぜんの振りにその男、静かにコレを快諾。

 そうして、我がリビングにて・・

 彼の弾く " バッハ:無伴奏チェロ曲 " が、朗々と響き渡った。

 
 20130512kisaka9854.jpg



 ||||||||||||||| シンラ:シンフォニー・ホール |||||||||||||||


 演奏が終わり、その残響音が余韻と残るなか・・
 彼は、やはり静かにチェロを抱き、控えめに微笑んでいた。

 見栄も虚栄心もなく、力身もない・・静かなる心 か。
 それでいて、豊かに流れ切った無伴奏チェロ曲。

 いい太刀筋であった。

 

  ・・・・・・・・ バッハ:13番弟子 ・・・・・・・・

 
 このチェロ演目から、
 互いの剣技を尽くす真の立ち合いが始まったか。

 彼が、あまりに見事に、無伴奏返しなるその力量を垣間見せたので
 わたしも返す刀で、すぐさま鋭い切り返しを打ち込む。

 この剣が、ふふっ・・お主に受けられるかな?


  ならば、お主、
  ひとつ 私の無理なる願いはいかがであろう?

  君のその、チェロの演奏を、
  わたしの親しい子どもたちの前で弾いてはくれぬか。
  小さな音楽会の席をもちたい・・のだが。

  して、返答はいかに?



この私の力技とも言える強い一太刀に対し、
その受けザマがもし醜くあらば、問答無用、一刀両断もやむなし、

そして彼は、やはり、静かに答えた。

  はい、いいですねぇ。
  小さな音楽会・・で、子どもたちに・・か、
  楽しきこととなりましょう。

  では、いつのことに・・


   うむ、秋・・ではいかかであろう?

   承知、ならば曲目については・・


素直でキレイな受けを見せ、かつ、返しワザも見事であった。



  ・・・・・・・・ *** ・・・・・・・・・


 う〜む、この男、見かけよりその本領は深いと見れり。

 ならばと、
 さらなる奥義を尽くした秘剣でもう一太刀。


  実は、私のこの音楽会の希望には・・
  ひとつ下心もある。

  それは、私にとって・・娘にとっても・・
  これまで運命を共にしてきた私の友人たちがいてだなぁ〜

  この、ちょっとややこしい友人たちに対しての・・
  良き顔合わせの機会としたいと
・・。
  
  如何か?


  おとうさんの友人の方々のことは、
  これまでに明日奈さんより聞き及んでおります。

  心得ました、
  かなり 緊張しますが
(ニッコリ)。


  あぁ〜 いいやつなのかな、この男。



 |||||||||||||||||||||||||| 国境なき父団 ||||||||||||||||||||||||||||


 それから・・話は、
 とりとめもなく、あらゆることに広がって・・
 思ってもみなかった " 楽しき " と言ってもいい時間となれり。

 その談話のなか、
 2年前のこと、
 ハルマゲドン級の大げんかをした娘とも、
 彼を交えての談話のなか 会話ホットラインが復旧再開され、
 久しぶりに父娘での話を深めることもでき・・

 思えば、彼の太刀筋は・・
 そういう " 剣技 " なのか・・とも思えば、胸落ちるところあり。

 終わってみれば・・
 決死の覚悟で臨んだ父は、少し勇み足であったかと自嘲せり。


 キサカ君、

  秋の演奏会に向け、進める話も多々あろうから、
  また会うことにもなろう。

  楽しみにしている。



 20130512flog7524.jpg


 ふぅ〜・・ 2日経ち、やっと人心地がついた。
 
 さて・・
 わたしの友人たちには、みな、やはり可愛い娘がいるのだが・・
 先陣を切って真剣勝負に臨んだ父として言わせてもらえば、

 遠からず、君たちにも・・
 その時が必ずやってくるからね、
 ときに、
 みなの父なる奥義を見せていただこうか!

 との言葉を、すでに終わった者の・・
 悔しまぎれの" エール " としてここに贈ろう。

 がんばれ、娘をもつ世の父たちよ!

  
 
 |||||||||||||||||||||||| 補足絵巻 |||||||||||||||||||||||||||

 

 この夜、キサカ君の弾いた バッハ:無伴奏チェロ曲は、
 この夜の想いとともに特別な曲となるだろうな。


    


   どんな曲なのか?  興味がある方はどうぞ。

   チェロ奏者は、名高き奏者:ヨーヨー・マであります。












スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/288-c33f959b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タダコフ城砦での音楽会 «  | BLOG TOP |  » 娘とカレーと父と・・

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (475)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード