topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子 熱が出る - 2013.05.19 Sun

  

      
2013  0519  SUN DAY
 

       小話  
|||||
息子 熱が出る |||||


  
   20130519yamagarara0012.jpg

          題目: よっぱらいのオッサン




 きょうの午後おそく " 気性庁 " は、

 1ヶ月にわたって活発化していた私の全身震度 M 8.7クラスの多発性咳震が
 ようやく沈静化してきた・・と発表。

 しかし、今後まだ一週間ほどはM5.0クラスの余咳がある可能性があるとして
 注意を呼びかけている。

  ゴホッ!


  |||||||||||||||||  誘発地震警報  |||||||||||||||||||


 気性庁:緊急速報です。

 
父を震源として多発していた群発咳震だが、5月17日 金曜日になって
 桃の畑から帰宅した息子:ダイキン・スカイウォーカーに咳震が活発化、

 同日 夜になって同息子の群発咳震はさらに激しさを増し、
 この事態を重く見た母が緊急体温測定を試みたところ、その結果は・・

  あっ!‥と驚く " 38.8 ℃ "
 

 すぐさま家庭内に緊急対策本部が設置され、
 わが家は戦時下における戒厳令下に入り、起きうる不測の事態に備える。


  息子は高い熱が出ると痙攣発作が起きやすい。

  そうなるともう私たち家族の手に負えず、119番のお世話になる。
  これまで救急車搬送された回数は両手に足りない。

  ただ、その発作は見た目にとても激しい症状なのだが、
  病院について処方がすめば、実にあっけらかんと治まってしまうから、
  わたしたちもそれほど慌てないまでにはなった。




   20130519yamagarara0013.jpg   

           題目: いきがるオッサン


息子の、緊急時処置対応に慣れてはいる・・けれど、
そういうとき、未だに慣れない‥不安に駆られるとても怖い時間がある。
それは・・

  ・・・・・・・ *** ・・・・・・・・


コトが起きると まず即座に119番へ連絡し、

発作のおきている息子に対し、私が、できる、やるべき、緊急処置を施し
次に
家の中での搬送路を確保・・

 時計を見て発作が始まった時刻を確認して・・

もうそれ以上、親としてやるべきことがなくなって・・
あとは息子に寄り添って座り、震えている手をにぎり、顔を見ながら・・

もうあとは、

 ただただ待つだけしかない時間がつづく。

 そのときになって、
 窓のカーテンに日差しが静かに揺れるのを見、
 ゆっくりと スズメのチュンチュンと鳴く声が聞こえてきて・・
 次に外を往く子どもたちの声やクルマの騒音が聞こえ、
 外の日常が息を吹き返してくる。

 どうやら世界は、息子の身に起きていることには無関心のようで、
 唯一それを知り得ている私が、もうするべきことがないのであるから、
 
 その5分ほどの " 待つだけの時間 " は、
 とても静かに、とても長くて、とても怖い。



ほどなく遠くに救急車のサイレンの音がかすかに聞こえてきて、
また、自分にやるべきことができるようになることが、
気持ちホッとさせてくれる。

 

  ||||||||||||||||||||| 急病時:家族心理捜査官 |||||||||||||||||||||||
 

 あらっ、おかしい・・オモシロネタで始めたはずが、
 
話の流れのままに深刻なエピソードになってしまってるぞ。

 でも、だれしも・・
 自分の家族の緊急事態は経験しているものだからね。

 さて、
 息子はその後、一夜明けて熱も下がり落ちついた。
 しかし日曜は様子見のため父が外出禁止令を発令、息子は家に軟禁状態に。

 平成退屈男と化した息子が、家のなか、よもよもとして・・
 見ているこっちがイライラする一日でありました。

 
 

 

スポンサーサイト

● COMMENT ●

天狗さんへ

5分待つ時間って 本当に 長くて 恐怖ですよね
我が家の実父は 心臓が悪く それも 母がお出かけすると
体調が 悪くなり 救急車を・・・
そんな時は 普段なんでもない 5分がとても長いですね

天狗さんも 息子さんも 早く治して
元気になってくださいね

あのー、おしえてください。

本文とは全く関係のないようなあるような、やまがらら画伯の解説が聞きたいのですが・・・
なんですか、これは、「アートだから考えるな、感じろ!」ってな返事はゴメンなスって!

まりもさんへ

だれしも経験ある緊急時のあの無力な5分間、静かで怖い5分ですね。

おとうさん、その後はお元気なのでしょうか? 
にしても・・おとうさん! お母さんが出かけたときに限って・・とは!

息子はもうすっかりナニゴトもなかったかのように元気に桃畑でお仕事でした。
まぁ〜元気であればすべては「日本昔ばなし」になるものです。

ご心配ありがとうございました。

けんぞ_氏へ

はい、解説せねばなるまい。

2013年5月19日、突如 彗星のように現れ、そして流れ星のように消えたしまった幻の画家、
そのヤマガララ画伯は " 超積層次元キュビズム急進派 " の先鋒となる画家と伝えられています。

このほど我が広報室では、ヤマガララ画伯への独占インタビューに成功しましたので、
後日、この紙面上にて発表する予定です・・が、

そのヤマガララ氏はタイヘンな暴走妄想家のようなので、あまり関わりにならないほうが・・。
お,おたのしみ・・に(汗)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/292-92f81c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

睡魔軍との攻防戦 «  | BLOG TOP |  » 桃の畑からの便り

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。