topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客人あり - 2013.06.28 Fri

  


      
2013  0627 THU DAY
 

          小話  
|||||
客人あり |||||


    20130629momo8769_20130628145650.jpg
                       
         
桃が・・大っきく、ほんのり熟れてきた。

 木曜日、私に遠方より客人あり。

 彼の名はナガサ君(仮名)・・30歳を越えたばかりの広島男児で、
 ちょっと古風な男の匂いのする快男児。

 かつて私と、数々の遺跡発掘最前線で苦楽を共にし、
 同じ釜のうどんを喰らった仲なのである。


 >> ちょっとここで彼のことを紹介しよう。

  遺跡発掘時代、彼の身分は " 嘱託(しょくたく) " 。
  その安い給料を切り詰めつつ、なおもナガガ君は・・なんと! 
  月々6万円を奨学金返済に当てて、4年間で完済した男である。


 20130629momo8795.jpg


 そのナガガ君(仮名)は、
 ずっと遺跡調査に関わる " 正規職員 " を狙って、毎年、全国の自治体などが
 募集する " わずか過ぎる枠 " に挑戦を続けていた。

 そして・・とうとう彼も30歳を目前にし
 募集年齢制限のため最後のチャンスを迎えたナガガ君は、その年
 一切の仕事を辞めることで自ら退路を断ち、勉強に集中せんと帰省。


   ↑: ねっ、こんなところが、ちょっと古風でしょ?

 そうして遺跡調査に就くラストチャンスの年、彼は・・
 お国の、就職のためにがんばる人には、ほなら支援しましょか・・という
 ありがたき失業保険の手当にすがって食いつないでいた。

 しかし、この保険制度をいただくには、
 ちゃんと " 就職活動をやってます " という実績が求められるために、
 彼は、カタチばかりの就職活動の体裁を用意するはめに・・

 そんな " カタチばかりの就職活動 " のひとつに、
 ある会社の説明会に出て、なりゆきでそのまま入社試験を受けたところ、

 なんと! かなりな競争率だったにもかかわらず・・
 まったくその気のないナガガ君が " 合格してしまった!" のである。

 

 20130629momo8781.jpg


 不本意にも・・ウプッ(笑)、
 合格してしまった・・・ククッククッ(笑)、
 ナガガ君。・・・(笑転)

 さて、この運命を司る天上の誰かさんが投げた
 人生ゲーム:サイコロの一投。

 ナガガ君の胸の中、そのサイコロはコロコロと転がって・・
 ついに人生ゲーム盤上の端っこギリギリで・・とまった。


 20130629momo8786.jpg  
 
 そのときのナガガ君の苦悩たるや、いかばかりだったか。
 運命に神に遊ばれし彼の下した最終決断は・・採用通知の受領 であった。

 彼が、晴れて通うことになったその新しい職場は、
 広島県は あの宮島にある水族館内の ミュージアム・ショップ。
 全国にあるあちこちのミュージアムに展開する会社らしい。

 そうして入社2年目のこの春のこと、
 なんとナガガ君はその手腕を認められ、ミュージアムショップの店長に。
 本人のみならず、周囲も驚きそして喜んだ異例の抜擢であった・・と。
 
 その報を聞いたわたしは祝意を述べた上で、ふと聞いてみた。

   ところで店長になると、給料は上がるのか?

 ナガガ君、答えて曰く。

   はい、ヒラのときの " ざっと倍 " になりました ・・(破顔)。


 
 20130629momo8796.jpg
 
    ほらっ、桃のあの・・甘い香りが・・

 ほんの2年前まで、借りたイスのような職場で
 困窮な身の上ながら、実直な任務に汗を流していた、あのナガガ君が・・
 給料は当時の3倍近くの待遇で、将来を有望され・・

 うむ、彼ならば・・ 現場での信頼はゆるぎないだろう。
 よかったな、ナガガ!


 20130629momo8787.jpg


 そのナガガ君が、その日、
 わざわざに広島から私を訪ねてくれたのは、ただ旧友を深める、
 ためだけでなく、この日・・ついでながら、
 彼が連れてきた2人の若き男たちのコト・・であった。
 
 20歳と21歳になるその兄ちゃんたちは、
 店長ナガガ君のショップのアルバイトのふたり・・とのこと。

 その2人が、いつまでもこのままアルバイトでは・・と、
 他に将来を見据えた仕事を求めんと、がんばっているらしい・・のだが、

 下積み・叩き上げ仕事人であるナガサ君から見れば・・
 彼らの、言うこと成すことどれもが " ナッテナイ " ことばかりで
 
 これじゃぁ〜いかん、
 ならば・・と、私のところへと連れてきた・・とのこと。

 聞けば、ひとりは 写真・カメラに関わる職場をと言い、
 もうひとりは農業が・・と言う。

 ふふっ・・ふぁ〜はっはっはっ!

   飛んで火に入る夏の虫・・とはまさにコレを言う。


   ・・・・・・・ *** ・・・・・・・


  写真? カメラ? 

     ええとなぁ〜 オレの友人に写真で・・

  農業ってか? 困ったなぁ〜

     あぁ〜 オレの親しい周りに・・えぇ〜っと、
     誰のことから話そうか?

  他にもなぁ〜 

    ゼロから・・山のギアの店を建てた男がいてなぁ〜
    その友人は、山岳部出身で・・

 
 ただこの日、彼らと一緒にいる時間は午後の4時間ほどしかなかったから、

 話を聞くだけよりも、まずは・・
 そんな仕事をしている人に会ってみるべし・・と、
 
クルマの中で話を消化しながら、向かった先は・・
 こないだまで私たち親子がお世話になった・・桃のおとうさんのところ。

 この日から収穫が始まった桃の畑で、
 おかあさんが構えてくれたお茶席で、おとうさんの話を囲んだ。

 青年たちよ!

  ちゃんとした心根で未来の種を植え、
  必要なる、絶え間なき世話をつづければ、
  芽が出て、花が咲き、実が生るのは
  これ必然のことと知れ。

 ・・と、ふたりに語りながら、

   なぜか、自分のことばに
   ちょっと焦りに似た胸焦げるものある私の胸の内
   のことでありました。

 初モモ、香り高く・・甘くて美味しかった!
 









スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/310-23457186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蛍と北斗七星 «  | BLOG TOP |  » お母さんのことば

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。