topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙探査機 ヴォイジャー1号  - 2013.09.15 Sun

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2013  0916 MON DAY
 

     小話  
|||||
虚空の旅人:ヴォイジャー |||||


 hi-852-voyager-pia17036_0-nasa.jpg

  >> お知らせ

   今日の記録は宇宙サイエンスネタ・・なので、
   ちょっとメンドウクサイ内容に陥る可能性が大・・と思われ、
   適当に流してください。

 
 さて、NASAによれば、
 我らが惑星探査機 ヴォイジャー1号が、とうとう私たちの太陽のチカラが及ぶ
 エリア外縁を越えて恒星間宇宙を航行中なのだと!

 かつて人類が作ったモノで、
 もっとも遠くへ達したもので、かつもっとも高速で移動しているモノである。

 その探査機ヴォイジャー1号は、
 地球から187億 kmの地点を、秒速 17.06 km のスピードで、
 へびつかい座(さそり座のちょっと上)の方向へ、まっすぐ航行中。

  ちょっと数字が大きすぎて、
  それがどのくらい遠くてどれくらい速いのか、もうひとつピンと来ないので
  その数字をイジってみた。



  ||||||||||||||||||||||| NASA さぬき観測所 |||||||||||||||||||||||||


 ◎ どんだけ遠い?

 まず、距離だけれど・・
 地球と月の距離がおよそ38万kmだから、

  18,700,000,000 km  ÷ 380,000 km =  49210. 526・・・

 ということは、
 月までの距離のおよそ5万倍の距離 にあるということなのだが、
 これでもまだぜんぜんその " 遠さ " が実感できないので、

 ここで仮に 地球 - 月の距離を 1m とすると
 ヴォイジャーは、50,000m これはすなわち 50 km 向こうを飛んでいる、
 ということ・・かな?
 
 
  |||||||||||||||||||| NTT ドッコモ 宇宙通信局 |||||||||||||||||||||||


 もしアナタが、このヴォイジャー君に、
 祝:太陽系脱出の激励の電話をしたとすると・・

 あなたの声は、ほぼ光速でヴォイジャーに向かって飛んでいくのだけれど
 1秒間に地球を7周半という宇宙限界の光の速度をもってしても、
 
 ボイジャーに声が届くまで・・えぇ〜っと・・
 
18,700,000,000 km  ÷ 40,000 km/秒 =   467500 秒・・で、
 467500秒とは・・ およそ130時間 だから、
 
 およそ 5日ほどかかって、
 やっとヴォイジャー君のケータイにあなたの声が届くことになる。
 さらに彼の返事を受け取るには、また5日待たなかればならん。

 そして、これを書いてる間にも、
 ヴォイジャー1号は、1秒につき17kmづつ離れていってるから、
 えぇ〜私が今日の記録を書いている間にも・・

 今でおよそ30分ほど経ったから、
 その間に 30分 × 60秒/分 × 17km =  30600 km と、
 ヴォイジャーは なんと 3万km も向こうへ行ってしまったのだ。
 

 

   |||||||||||||||||||| 宇宙の歩き方 |||||||||||||||||||||||



  これからヴォイジャー1号はどうなる?

 宇宙が存在する時間の限り、永遠に、まっすぐ、秒速17km という速さで
 ずぅ〜っと飛び続けることになる。

 もし人類が滅んだとしても、ヴォイジャーは飛び続ける。

 宇宙は星で満ち満ちているが、 
 その空間は果てしなく広く、おそらくは、永遠に虚空を進む孤高の旅人、
 となるだろう。

 はるか未来に、どこかの星系の近くを通る時に、
 その星系の知的生命体がヴォイジャーを見つけてくれたら・・と願う。
 その時のために、ヴォイジャーにはちゃんとメッセージが積んである。

 このメッセージの発案者は、
 わたしの尊敬する今はなきカール・セイガン氏である。

 その記録ディスクの冒頭にはこんな言葉で始まっている。


  ||||||||||||||||||  メッセージ  |||||||||||||||||||||||
 

   
これは小さな、遠い世界からのプレゼントで、
   われわれの音、科学、画像、音楽、考え、感じ方を表したものです。

   私たちの死後も、
   本記録だけは生き延び、皆さんの元に届くことで、
 
   皆さんの想像の中に
   再び私たちがよみがえることができれば幸いです。


 このメッセージディスクを積んだヴォイジャー1号の打ち上げに際して、
 当時の合州国大統領 : ジミー・カーター氏の公式コメントが以下のとおり。
 


   われわれは宇宙に向けてメッセージを送った。
   銀河には2000億個もの星があり、いくつかの星には生命が住み、
   宇宙旅行の技術を持った文明も存在するだろう。

   もしもそれらの文明の一つがボイジャーを発見し、
   レコードの内容を理解することができれば、
   われわれのメッセージを受け取ってくれるだろう。

   われわれ はいつの日にか、
   現在直面している課題を解消し、銀河文明の一員となることを期待する。

   このレコードでは、
   われわれの希望、われわれの決意、われわれの友好 が、
   広大で畏怖すべき宇宙に向かって示されている。

            
           
アメリカ合州国大統領 ジミー・カーター


 人類は、宇宙の深淵を見つめることで、
 深い畏怖と好奇心を呼ぼ覚まされ、ひとつの共有意識を持てるような
 そんな気がする。

 人類親善大使でもある宇宙探査機:ヴォイジャー。
 航海の無事を祈る。

 OVER.










スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/345-a9aefa41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イトトンボ «  | BLOG TOP |  » 遺跡発掘現場:訪問

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。