topimage

2017-06

泣きのイベント裏話 - 2013.10.22 Tue

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2013  1021 MON DAY
 

     小話  
|||||
泣きのイベント出店話 |||||


  20101020bpoint4903.jpg


 雨が降ったりやんだり、そしてまた雨がやんだり降ったりな、
 そんな気分も湿る意気消沈日曜日のこと、

 地元ではだれでも知っている " とあるジーンズ・ショップ " が企画した
 お祭りイベントへどうよ・・というグランパース前線基地への出店依頼あり。

 オッカー司令官は、はなから乗り気でないご気分の様子だったが
 でもまぁ〜エエかという、なんら根拠なき動機で出撃を決意。

 そんなこんなで、出て来てはみたものの、
 当日は・・空の暗さにも勝る暗く湿った寂しいイベント模様となり。
 
 イベント会場には、スィートなお店やカレー屋、パン屋、カフェなど
 15店ほどもテントショップが並んでいたのだが・・

 お、お客さんが・・まったく来ない。
 


   20101020bpoint4894.jpg

       はい、7つも回っています!


 ほんとうに・・お客様が・・ぜんぜん来ない。

 たしかに天気は悪いということもあろう。
 だがしかし、・・にしても・・だ、来ないにもほどがある。
 朝の10時から夕方5時までで、
 わたしのザクッと数えた感じでは " 50人 " を越えることはなかったはず。

 だから・・昼過ぎのこと、
 小雨をついて始まったジャグリング・ショーに集まった観衆は、

   ほら・・こんな感じ ↓


 20101020bpoint4866.jpg 


 写真に写っている大観衆のうち、
 グランパース・メンバーが約半数で、その残りの半数はイベント関係者。
 純粋な観客は、右手前の子どもたちとお母さんだけ。

 それでも、さすが、大道芸人!
 ワザもさることながら、その巧みな口上でカワイイ幼き観客も沸いて
 どこか救われた心あり。

 小雨をついて打って出てくれたこの若きジャグラーの彼に謝謝!
 あとでちょっと話をしていたら、
 彼の後ろには、なんとキレイな奥さまと、胸に抱くは幼き赤子の包み。
 
 やられたら倍返し!
 などと鼻息荒く血なまぐさい このご時世にあって
 この大道芸人の小さな家族は、
 なんとまぁ〜、ホッとするほど温かき一景でありました。





  |||||||||||||||||||||| 一芸は身を助けるか? ||||||||||||||||||||||||| 


  そして、もうひとり・・会場でイイ感じの人あり。
  それも うら若き女性となれば・・もう何をか言わんや(?)。

  その女性は、会場の1画にひとりでブースを構えていた。
  彼女の店はメーキャップ・・なのだが、

  下の写真をご覧あれ、
  ただのメーキャップじゃないのある・・が、お分かりか?。

  
    20101020bpoint4809_20131021232748fe8.jpg


 ちょっと、こっ恥ずかしいツーショットでごめんなさい。

  われわれ初老の世代のおじさんたちは、こういう場合はねぇ〜、
  なにかをせずにはいられない質(たち)でして、
  それで、したらしたで
  なんとも微妙な空気をつくってしまう質のワルい世代なんです。

 わたしの鼻筋・・ほら、
 彼女の手になるお仕事、分かりました?
 そう、それは特殊メイク!

  わたしのメイクは遠目にわかりにくいので
  タケバンの旦那のデキをご覧あれ ↓


      20131020bpoint4769_20131022014923019.jpg


   ツゥ〜、痛ぁ〜〜い!

 ほんの15分ほどで、見るも痛々しい血のしたたる傷口がパックリ!
 強引なるタケバンの後押しによって、オッカー司令官とわたしの両名も、
 まっことバイオレンスな男ぶりになれました。

 しかし、彼女の前にわたしのシワ面をさしだして、
 こういうときはなんでか目をとじて、

 あとは彼女の手に身を委ね・・いや、顔を委ねて、
 なんだか妙にドキドキしてしまったものだから

 必死に場をつくろおうとして、
 変にマジメな会話ばかりとなったものだから
 余計に赤面しわしわヅラとなった・・かも。

 好きで一所懸命勉強してきたから、という彼女の話は
 不安はあっても迷いは感じられないところがとっても気持ちイイ。
 
 いつかまた、そういうことを仕掛ける機会あれば、
 彼女に特殊メイクを頼もうかな・・と心早る初老のおじさんでありました。
  


    |||||||||||||| 半泣 直樹 :追記 |||||||||||||||
 
 

  こら、イベント主催者!
  こんなに客が来ないのは、いくらなんでも企画:広報の手落ちであろう!
  
  せめて自分ところのジーンズSHOPで、
  ドドォ〜ンと全品半額バーゲンセールくらいしろ・・と
  半泣直樹は言ってるぞ。

  やられたら半チャン返し、
  この日の退屈極まった時間を返してもらう・・ところだが、
  若きジャグラーと特殊メイクのお姉さんの名に免じて
  今回は不問に帰す。

  その鬱憤は、夜のグランパース前線基地での宴会で
  おもいっきり妄想話を炸裂させて、

    まぁ〜 終わりよければ・・。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/359-bc980150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昼時うどん悲話 «  | BLOG TOP |  » エノモト邸へ

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (474)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード