topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩壁登攀:第二次遠征記 - 2013.12.04 Wed

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2013  1204 WED DAY
 

    小話  
|||||
岩壁登攀:第二次遠征 |||||


 20131203rockcliming6776.jpg


 けっこう暖かく感じた火曜日だった。
 この日、日の出前のまだ真っ暗な殺人的早朝時刻から岩壁へ出撃。
 前回のファースト・コンタクトにつづく続投編である。

 第二次アタック隊のメンバーは
 リーダーのオッカー司令官に 山を行く医者 Dr.カガワ氏と、
 そして54歳にしてチョ〜初心者の私・・の精鋭・ヒヨコ混合小隊となった。


 20131203rockcliming6618.jpg


 オッカー司令官とDr.カガワ氏の超本気ペアーは
 今回は一発目から " リードクライミング " に挑んでいた。

 クライミングはザクッと分けて2種の登り方がある。
 トップロープとリードクライミングで、


  |||||||||||||||||||||| 初心者クライマー列伝 |||||||||||||||||||||||


 ◎ トップロープとは・・

   
あらかじめ
   最上部から確保されたロープをビレイしてもらいながら
   安全に岩壁を登ることのできるクライミングスタイルを
   トップロープクライミングといい、

 ◎ リードクライミングとは・・

   
トップロープと違い、
   クライマーが下からロープを壁に付けてあるカラビナに掛けながら
   登っていくスタイル。

   数メーターの墜落をすることが多いので、
   トップ ロープに比べるとリスクが高く、クライマー、ビレーヤー共に
   かなりの専門性が要求される。


 ということ、なのである。


 
つまり・・リードクライミングは 
 自分より上にはロープ確保もなく、もし落ちたら・・
 かなり痛いだろうということが想像されるのだが、



 20131203rockcliming6647.jpg


 たしかに・・
 リードで岩壁を登ってゆくオッカー司令官のその様を見ているだけで
 股間の◉◉タマが " キュン " となるほどに緊張してしまった。


  あっ、これを読んでくださっている女性の方々には
  上の文中に不適切な表現があったことをここにお詫びしつつ・・

   なんでかわれっわれ ♂ は、
   身がすくむほどに恐怖を感じた時や、あっt!と思ったときは
   アレもすくんでしまうという現象が起きるのです。

     あれはアレを守るための防衛機能?なのか?


     20131203rockcliming6655.jpg

 
 上の写真のようなギアを使い、
 岩の割れ目や隙間を利用してロープをまわしてゆくのだが、

 もし落ちたときは・・
 このひとつひとつのギアが、文字どおり命を支えることになる。

 う〜〜む、・・・・・怖っ!



 20131203rockcliming6752.jpg


 おふたりの " ハードな訓練 " の合間を借りて
 わたしも岩の壁にとりついた。

 ルートは前回と同じ 2本のルートだったが

 前回が、もうとにかく、がむしゃらに、行き当たりばったり的に
 なんとか登れてしまった・・という " 猪突猛進スタイル " だったが、

 今回は・・足や手をおく場所が " よく見えて " ・・
 なんだか " クリアした " という満足感を得る。
 
 わたしはやっと・・ささやきレベルながら
 岩と会話をした・・と言えるのかも。

 どんなコトだって、
 行き当たりばったり的に向かうよりも
 知力を尽くして望めば
 よけいに楽しかろう・・というものである。




   20131203rockcliming6806.jpg



  Dr.カガワ氏は、ここのクライミング訓練には
  家からいつもこの小さな原付バイク:ゴリラでやって来られる。

  うぷっ・・(笑)。
  せ、せなかのザックのほうが・・バイクより、も・・
  お、おおきい!
 
  きっと、クライミングギアをぎっしり詰め込んであるから
  その重さもたいして変わらないだろう。

  おつかれまでした。
  また極寒になるまでに何回かはご一緒できたら・・と、
  よろしくおねがいします。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/374-831c5835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その名はアサギマダラ «  | BLOG TOP |  » タケバン邸:忘年会

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。