topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ戦計画 - 2014.01.04 Sat

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0104 SAT DAY
 

       小話  
|||||
年始め:ゼロ戦 計画 |||||


  20140103syougatu8660.jpg

     東京にかえる兄のために、母 あわてて いなりずし作る。
     これがまた・・味付けの微妙な塩梅がとってもうまいのだ。


 新年が明けて・・日は昇りつつあるのかこの国は?。

 そんな、やや 不穏な空気が漂い始めた2014年のような気がしますが、
 みなさま、なにはともあれ、おめでとうございます。

 わたくし・・正月早々、
 なんら躊躇なく見事な妄想ダッシュでスタートを切りました。

 その新年妄想ダッシュのきっかけは、
 父に届いていた一枚の年賀状から始まる物語でございます。


 
  ||||||||||||||||||||| 永遠のゼロ |||||||||||||||||||||||


 食っては呑んで、呑んでは寝るという、
 まこと正しいお正月を過ごしていたあれは2日のことだったか?

 さすがの私も退屈きわまり、
 もう90歳を迎えようとしている父を映画に誘った。

 ここ数年で老いた父はすっかり出無精となり
 なおかつ昨年の秋に、ついにクルマの免許もお国に返してしまったものだから
 よけいに家から動かなくなってしまったこともあり・・

 大正14年生まれの父は昭和とともに生きた男、
 最近よく自身の戦争体験のことを話すことが多くなった。

 太平洋戦争時、父は彼方の大陸の地で航空機の整備をしていて、
 ときに特攻隊として出撃するゼロ戦を見送ったこともあるという。

 そんな父だから、
 ならばと誘った映画はあのゼロ戦パイロットを描いた " 永遠の0 " 。


 ・・で、どうよ父ちゃん、

    明日 一緒に映画を観に行かんか?

 

 と夜の酒宴の席で聞けば、
 おぉ〜行くぞ・・と、乗り気満々の気色で父の戦争話がはじまり
 深酒のせいもあってややその長話がしんどくなてきたころ、

 ふと父が話を切り・・黙って年賀状の束をめくり始めた。
 そして、おぉ〜あったあった、これやと、差し出してくれた一枚の年賀状。
 そこには筆に書かれた端正な賀正の挨拶がある。


   これは? 

    あぁ〜 この豊田さんは・・ゼロ戦に乗ってたんや。
    たしか真珠湾もミッドウェーも出撃した言うてたな。

 
    え? 

      ・・・・
(ぽか〜ん)


    ワシが若いころ仕事で一緒になってな、
    ワシも飛行機の整備兵やったからなんや気がおうてな。

    と、父ちゃん! この人、今も生きてるんか?

    生きてるからその年賀状が届くんじゃろ。
    でももう30年近く会うておらん、元気かのう?


 

  20140103syougatu8675.jpg

   3日早朝、東京へかえるためアンパンマン号に乗る兄を見送る。
   だがこの数時間後、東京での沿線火災のため東海道新幹線は全面ストップ。
   兄は岡山で折り返し、丸亀のわが家へ緊急避難して酒宴となる。

   

 聞けば、父と豊田さんは5年ほど同じ職場にいたが
 その後、勤務地がかわったのを機に以来会っていないという。

 しかし縁遠くなったあとも
 絶えることなく互いに賀状の挨拶はつづいているという。

 真珠湾からミッドウェーを生き抜いたゼロ戦搭乗員・・って、
 もしかしたらその記憶は父のうろ覚えかもしれないが、それでも・・である。

 できればお会いしてぜひにもお話を聞きたい。

 どこに住んでおられるのだろう・・と、
 父に届いた年賀状の差出人住所をあらため見てみたら・・その住所は、

   うわっ、ここ・・近くやないか(驚)

 その住所はわたしの実家からクルマで20分ほど、
 しかも私が帰省する時にいつも下りている高速IC 近くなのであった。

 こ、これは・・行かねばなるまい。



  ||||||||||||||||| 2014年 永遠のゼロ:現在進行中 ||||||||||||||||||||


    8f9edb53e2265226c67dbf145f97a43a.jpg

    真珠湾攻撃に出撃する 空母:赤城から発艦するゼロ戦。
    映画:永遠のゼロ のなかでも見せ場の一景となっていた。

    もしかしたら・・この写真の中に。



 近々にもそのゼロ戦搭乗員だった豊田さんにお会いすべく
 再会の席を持ったらどうかと誘うと、どうやら父もがぜん乗り気の様子。
 その席で父の座る連席でお話を聞けたら・・。

 そんな話があって観た " 映画:永遠の0 " なものだったから、
 感慨もひとしおでありました。

 2時間30分ほどもある長丁場の映画だったけれど、
 私の横に座った90歳近い父は、ずっと背筋を伸ばして観ていたようだった。

 映画を見終えて出てきた父に、どうだった?・・と聞けば、

   おぉ〜 よかったな。
   日本も、ここまでの映画が、できるようになったんやな。


 
 父の言った " ここまでの映画 " というのが、

 CGなどの技術的なことを言ったのか、それとも・・
 人間的な情に深いゼロ戦搭乗員の表現のことを言ったのか、

 それは定かではないけれど、あえてそんな議論を重ねれば、
 それは過ぎたるはなんとか・・だろう。

 ただ 家路に向かう車中 父はいつになくゴキゲンだった。



  ||||||||||||||||||||||||| 戦後生まれ代表 ||||||||||||||||||||||||||


  さて、父と豊田さんの再会計画はちょっと急がねばなるまい。
  なんと言ってもふたりに残された時間は限られている。

  できれば春までには・・と想う。
  もちろんゼロ戦搭乗員だった豊田さんのお話に胸沸くところあるが、

  それとはまたちがって、
  あの戦争を生き抜いたふたりの再会を間近で見届けたい想いも強し。

  まずは父があって、それからわたし・・と、
  戦後生まれは敬意と礼節をわきまえて列席に臨む所存なり。

  うむむ・・こ、これは、

   ひょっとして、妄想だけでは終わらないのじゃあるまいか?
   だとしたら、幸先がいい年明けのデキゴトではある。
 
 






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/384-c790afcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客 ミホ・アナ «  | BLOG TOP |  » 大餅つき大祭レポート

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。