topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙飛行機大会 AIR CUP 1 開幕 - 2014.07.29 Tue

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0729 TUE DAY
 
   小話  
|||||
  紙飛行機競技会:スタート!  |||||


     20140727aircup7268.jpg

      
 天狗陰陽暦:2014年 7月27日 日曜日
 ウタヅーン自治区:グランパース前線基地前のパーキングエリアにて、ついに、
 あの練りに練り、温存し、待ちかねた、ある " 世界最低競技会 " が開催された。

 それはこれからの人類の航空界の未来を背負う・・と言いたいが、
 それにはちょっとあまりにもその荷が重すぎると言わざるをえない・・が、
 しかし! たしかに! この日に! 
 人類は大空に小さな一歩を記したのである。

 そ、それは・・

   PAPER PLANE AIR CUP 1 2014


 えぇ〜・・PAPER PLANE、つまり「 紙飛行機 飛行競技会 」なのですね。

 うむ、ここで解説せねばなるまい! 

   「 AIR CUP 1 」とは・・

  紙飛行機での滞空時間を競うという、
  どこでもやってそうな競技会のようだが、AIR CUP 1 はちと違うぞ!
  
  ではその競技規定:レギュレーションをザクっと公開しよう。



   ◎ AIR CUP 1 :  この飛行競技会は「屋外」で行われる。

     通常よくある紙飛行機競技会は、
     極力 風の影響を避けるため屋内で行われるのがふつうなのだが、

     AIR CUP 1 は 屋外全天候型が基本姿勢。
     ときに 風、雨、雪、台風、あられ等の自然現象に対し臨機応変な対応と
     柔軟で強靭な技術と研究と精神力が必要とされる。


   ◎ 年間で10戦ほどを戦う。

     F 1 :フォーミュラー 1 のように、
     年間を通じ、各地に点在する空き地等を転戦して全10戦ほどを戦い、
     各大会での勝者を決めつつ、ポイント制で年間チャンピオンも競う。

   ◎ 1コインCUP 参戦制度を適用、賞金が出る!

     勝利して得られるのが「名誉」だけではつまらない。
     参戦者から「エントリー代」として 1コイン:¥500を徴収して
     成績上位者から準じて相応の賞金が比率分配される。


      [  注:18才以下は 1コイン ¥ 100 -  or ¥ 10 - を検討中  ]

     ゆえに参加者が多ければ多いほど、賞金金額は膨れ上がる。
     ひとりひとりは小さな費用で、勝者には大きな報酬を! という
     夢と欲望にまみれた勝負なのである。

     大会ごとに徴収したエントリー代:総額の2割を常にプールして
     最終戦を終えたのち、年間タイトル獲得者に対しては相応の賞金を
     配分するものとする。


   ◎ 競技機体については

     A4サイズ:1枚という企画を満たしていて、かつ「折って」作られる
     機体であれば素材は、紙、金属板、木板、プラ板、ダイヤモンド・・
     揚げ豆腐、瓦せんべい等 素材は問わない。

    

   ||||||||||||||||||||||||||| 大空のサムライ |||||||||||||||||||||||||||||  

     
  20140727aircup7245_20140729120755e4e.jpg
  

  そしてこの日、競技会場に集まった大観衆の数は 
  およそ5万人( ー 4万9997人、つまり・・3人ですな)を数え・・
  
  この栄えある AIR CUP 1 開幕戦において
  まぁ〜 とりあえず、やってみようぜ!・・と集まった命知らずの
  飛行機野郎たちは・・

   私 と・・ビルド・ストーン氏 の「 2名 」なのであった。
  

  |||||||||||||||||||| PPAC 1 |||||||||||||||||||||||
  

      20140727aircup7272_2014072909112298d.jpg


  競技フライトは、前半30分 / 後半30分(途中 休憩10分)に分かれて
  それぞれに「3回の飛行」が許され、計6回の記録から最長滞空時間で
  勝敗を決するというスタイル。

  そして陽が西に沈みかけた午後 6 : 30 、
  人影まばらなゴールドタワー駐車場に競技開始の号令が響きわたる。

  実はこの会場となったゴールドタワー駐車場は、
  もちろん私有地につき「エエのかなぁ?」と一抹の不安があったのだが
  たかが紙飛行機、たかが2人なものだから・・「エエんちゃう?」との
  見切りスタートを切った AIR CUP 1 管制室。

  競技会場(GT駐車場)の真ん中には
  風をよむための" 吹き流し " が三脚にセットされ・・
  いよいよである。

   このことが、あとで・・この日の AIR CUP:オープン戦が、
   はや伝説として語り継がれることになるその伏線となろうとは、
   このときはまだ、紙のみ・・いや、神のみぞ知ることであった。

  ビルドストーン氏 および私 が用意したのは
  それぞれ素材:厚さの異なる4種の紙飛行機で、機体種はすべて
  世界記録を打ち立てた " スカイ・キング " であった・・が、
  どの機体にも、各自に飛行性能を高めるべく微妙な細工が施されていた。

  そして、第1投目の試技飛行が、
  地平線から赤く染まり始めた紅の大空に、愛と優勝賞金 ¥ 1,000 - を
  翼に託された紙飛行機がに舞い上がった。


    一投目、

    いきなりの10秒越えの大記録を出したビルドストーン氏に対し
    その半分にも届かない 4 秒 7 の最低記録に沈んだヤマガラ氏。

    2投以降、先行する者、追う者の・・
    胸が苦しくなるほどの、精神的な駆け引きをもはらんだ勝負が
    繰り広げられることになったのである。

    つづく。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/455-ce03d38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AIR CUP 1 戦記 2 «  | BLOG TOP |  » 桃:最終決戦

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。