topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐 プロフェッショナル eyes - 2014.09.07 Sun

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0907 SUN DAY
 
   小話  
|||||
土佐 プロフェッショナル eyes   |||||


  20140905eyes9111.jpg

   写真展会場へ入ると・・このウェルカムボードに迎えられる。

   うむ・・なるほど。 
   お主ら・・とうとう剣を抜いたな。

     よかろう・・受けて候!

   
   
 9月5日は金曜日は・・

 毎年 まだまだ暑いこの時節に、
 土佐で開かれている写真家たちの " 今年はコレでどうだ!"  の
 熱気が盛り上がる写真展「 Professional Eyes 」へ。

 もはやこの写真展へ行くのは " 巡礼 " と言ってもいいかも!

 今年は私の、あんなこんなな大人の事情で
 写真展:最終日になんとかすべり込みセーフで、連続参観記録を伸ばす。

  香川発の巡礼最終便に同乗したのは、

  GP:オッカー司令官、メロディ首脳:オモカワン女史に
  我が息子ダイキ、そしてGPでのご縁で懇意なある御夫婦、
  そして、長老:オッカー司令官の母上様の
  総勢7人の出撃とあいなり。


  20140905eyes9089.jpg


  上のウェルカムボードでご察しの通り、
  その見た目は一見  " おふざけアホバカモード全開 " なのだが、
  わたしの目はごまかせんぞ!

  今年の土佐の写真家たちは、なにをか強い心得でもって
  われらに対峙しているのである。

  しかもそれを、世に向けて
  アホな構えで向かってくるとは・・よほどのキレ者の衆であろう。
  古代の師である老子はかく言った・・「 上善 水の如し 」


   自ら低きところに留まる者を侮るべからず。
   なぜならその者は、欲す者ではなく与える者ゆえに強し。
   水を注いでくれる者に剣を抜く者がいるだろうか?
   まして伴に笑う合うときには。

  
           by  平成の帰宅困難詩人 やまがらら



  20140905eyes9094.jpg







  20140905eyes9093.jpg





  20140905eyes9120.jpg

   プロフェッショナル eyes の重鎮 Kenzo氏は
   その来客へのオモテナシもプロフェッショナルなのであった。

   この幼き女の子は、誰がだれでも怖そうに泣いていたのだが
   なぜかKenzo氏にだけは笑って応えたのである。




  これら作品群についての批評なぞは無意味なのである。
  ソレを感じることと説明することには大きな隔たりがある。

  ただひとつ言えば・・
  まぁ〜行って見てみんさい・・としか。

  しかもあなた 毎年に通うと・・
  これら写真家衆の写術に変化や迷いや試みが見えてきてですねぇ、
  その情景 まこと いとをかし。

   今年はなにか観ているこっち側へもレンジを拡げたか?


  20140905eyes9137.jpg


  写真展最終日の閉館までいたので、
  ついでの片付けお手伝い。

  わたくし・・こういう舞台裏での
  各人各様の織りなす景色模様が " 好き " なのでございます。

  ですから、片付けに忙しい皆の合間を縫っては
  ここぞとばかりに写真を撮っておりました。

    みなみなさま、こんな無礼をお許し下さい。



  20140905eyes9123.jpg



  20140905eyes9135.jpg



  20140905eyes9140.jpg



  20140905eyes9142.jpg



  20140905eyes9143.jpg




  20140905eyes9150.jpg


  そして最後には この・・


  20140905eyes9160.jpg


   大役を果たしたウェルカム写真も幕引きとあいなり。



      20140905eyes9166.jpg


  あぁ〜・・写真と写真家って、
  なにかしら、たしかに " へその緒 " のようなもので繋がっているぞ!

  しかし、考えてみれば まっ! それも当然だろうて。
  写真家が 産み、育てたものだから。

   我が子の晴れ舞台が幕を引いて・・
   そでで迎える父の影あり・・なぁ〜んちゃって!

  ちょっとウラヤマシイ。

    さて 来年はどう出てくる?
    




スポンサーサイト

● COMMENT ●

天狗さんへ

思い出します 
一昨年 見に行かせてもらいました
作品もそうですが kenzoさんのお人柄
子供さんは チャンと分かっているのでしょうね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まりもさんへ

まりもさんとの出会いのあの夜のことは今に新鮮なる記憶です。
今回のKenzo氏の写真は夜の星とホタルでしたから、いっそうあの夜のことが思いだされます。

ほんまにkenzo氏は、その一見 強面に見えて(失礼)、
いつもどこでも子どもたちには人気者でありますな。

  はい、子どもたちもチャンと分かっているし
  Kenzo氏もチャンとわかっている。

  そういうことなのでしょう(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/468-bb042022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が両親 MIMOCAへ «  | BLOG TOP |  » 夏の夜の親族キャンプ

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。