topimage

2017-07

我が両親 MIMOCAへ - 2014.09.13 Sat

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0913 SAT DAY
 
   小話  
|||||
我が父と母 MIMOCAへ   |||||


     20140831mibuchi8717.jpg

 
   
    このオープニング写真は・・

 先の深淵キャンプにのときに、焚き火の炉に座わる近くに見つけたキノコ。
 
 現在この種を同定すべくネット図鑑を駆けずり回っているのだが、
 アレかなコレかなと、似てるようだが似ていないようでウムムと迷走中。

 おそらくは・・「オニイグチ」か、もしくは「オニイグチモドキ」。

 しかし・・

  オニイグチモドキという名は
  オニイグチの「〜もどき」なものだから、

  オニイグチがいかにも本物・本家で
  オニイグチモドキが偽物・なりすまし・詐欺のように聞こえて

  オニイグチモドキにとっては、
  この人間が勝手につけた名前に幾年の苦汁をなめてきたことだろうか?

  それにね、どうしてオニイグチが本家オニイグチで
  オニイグチモドキが「〜もどき」なのか? 
  ただ発見された順番・・のような気がするがどうだろう?

  いつの日にかオニイグチモドキが
  ちゃんとした唯一の名前を与えられることを願ってやまない。

  ちなみにこの両者・・食べられるとのことです。




   |||||||||||||||||||||||||| キノコの掟 |||||||||||||||||||||||||||


  ついで 他にもさまざまなキノコを発見。
  なぜか赤い系のキノコが多かった深淵の森の木陰である。

  どれもこれも不思議かわいい。


  20140831mibuchi8737.jpg



      20140831mibuchi8741.jpg



   20140831mibuchi8744.jpg



  20140831mibuchi8750.jpg


  原始的で単純な菌糸類のキノコたち
  一夜にしてたちあがり傘をひろげるキノコたち

  しかしそれゆえに、その造形デザインや毒性などの特異な化学特性には
  どこかグッとくるものがある。

   ときにまれに見るその危険な毒性は
   ただ単に 水と空気と土から一晩で合成されるのだから。

   それって・・その猛毒の原材料は
   水と土から得ている・・ということよね。

   うむむ・・と、にわかには信じがたいワタシなのである。



  ||||||||||||||||||||||||||| 逆帰省日和 |||||||||||||||||||||||||||||||
   

  20140905mimoca9169.jpg


 先の木曜日にこと、我が父と母を迎えに走り丸亀へ招待。

 我が娘がMIMOCAで企画している「拡張するファッション展」への
 娘によるご招待なのである。

  母はときおりにこちら丸亀に来ていたが、
  父が我が家を訪れるのは、えぇ〜っと・・十数年ぶりになるか。

  庭の木樹が・・デカくなってる・・と、立ち尽くす父の姿あり。
 

  20140905mimoca9171.jpg

  
  昼どきの賑いが終わった静かな " まどころ " で
  うどんをすすりながら親族会議を行い、

 
  20140905mimoca9180.jpg


  MIMOCA へ進撃。

  残念ながら娘の企画展は写真はダメなので
  常設展:猪熊さんの展示室での一枚。



  20140905mimoca9185.jpg


  にわかに洋裁に目覚めつつある娘にとって
  我が母:おばぁちゃんは 幼き頃よりの " 師匠 " にあたる。

  母は若き頃より " 洋裁 " で身を立てていた。

  ゆえに「拡張するファッション」の展示に我が母は興味津々、
  娘の解説を聴き終わっても 
  ひとつひとつの作品の前からなかなか動かないその様子は、
  息子としてどこか心安らぐ祖母と孫娘の光景となり。


  さて、これから我が父と母が
  何度 我が家を訪れることができるだろうか・・と
  ふと心陰りつつ見送った夕暮れのことでございました。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

くえます

鬼井口ですね・・・食えます。
かなり美味しい菌ですが、煮汁が真っ黒になるので見た目はダメです・・・
黄色のまっすぐはなぎなた茸で。くえます・・・

火炎茸だったらごめんなさい。数ミリで一生歩けなくなります。

赤いのは、分りません。

とりあえず喰ってみたら?

Kenzo_氏へ

くえますか! オニイグチ。

 あぁ〜 で知ってれば 現地で鍋に入れられたのに惜しい!
 キノコだけは " たぶん " では踏みきれなくて・・

 そうか そんなときは・・とりあえず喰ってみればイイのか!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/469-4f801220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺跡発掘:同窓の宴 «  | BLOG TOP |  » 土佐 プロフェッショナル eyes

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (475)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード