topimage

2017-07

2010 冬の棚田から - 2010.02.15 Mon



 |||||||||||||||||||||||
土佐 本山 樫の谷 |||||||||||||||||||||||

         ‥‥‥* あぜほ *‥‥‥
              

    azeho dia
ry
      天 狗 里 山 絵 巻
 
              天狗陰陽歴
                     2010 0215  


            七日巡り:月の日



   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 こちら里山派遣妖怪:天狗、


 もはや新年の挨拶をするにも弁解の余地のないほどに季節は巡り

 暦はもう2010年2月‥


  みなさま、

  新年はとっくのむかしに明けてました、

  あらためて今年も‥

  よもよもと、迷走‥遭難‥行方不明なこの日誌‥

  どうかよろしくお願いします。


 ‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥



 さて、こちらでは‥

 メインPCマシントラブルとヒューマントラブルのW攻撃に見舞われて

 完全冬眠体制下でなんとか年末年始をやり過ごしての復帰第一稿です。


 昨年の‥ ふがいなき自分の所業の数々、

 反省も後悔も、今や去った2009年の忘れ物箱に封印して、

   ( ↑‥世間さまはそう甘くはないぞ!)

 さてと‥

  2010年はじめの絵巻記録に筆をとります。


 


 


        [  枯畑遠澄遠景走荷車  ]

20100123tanada8871.jpg



2010年  寅年  一月のある日のこと‥

ぜひにも冬の棚田の一葉をカメラにおさめたく、
わたしの家族3人で‥

本山町吉延の棚田を訪ねました。


その日の朝にホームベースを出航して、昼前にめざす目的地、

土佐山岳エリアにある吉延地区に到着。





20100123tanada8912.jpg



大気が澄んで遠景のきく日和でした。

あぁ~‥さすがにこの季節、なんだか彩度の低い彩りの‥

枯れた風合いが冬らしく、陰影の浅い光景に‥


ときおりに空を走る雲が日を隠し、その影が山並みや田畑にかかる

タイミングを待って怒濤のシャッター連射。




季節変化を記録する為に
、これまでに何度か撮影したポイントで

以前の記憶を脳裏に見ながら棚田エリアを周回飛行。



20100123tanada8919.jpg





20100123tanada8881.jpg





20100123tanada8900.jpg



しかし‥

日が高いせもあって、なんだか表情の薄い写真ばかりになってしまった。


昨年に何度かここへ通ったとき‥

嵐だったり豪雨の中だったり‥それはもう大荒れな天気の中でのやむなき撮影を

余儀なくされたのだけれど‥

そんなときに撮った写真の方が、とても陰影が深く表情がある、

‥と知ってしまったでした。


だから‥

今年は四季折々に、天候が荒れる時を狙って撮影に臨むか‥と、

胸中 密かに胸躍らせてほくそ笑んでいる私である。






 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ SC1703 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥




午前中の棚田記録を終えて、そのあと棚田主である田岡さんとランデブー、

昼食をともにし‥ 昨年のさまざまなる互いの想い出話に時間が過ぎて‥

あっという間に出立のときが来て‥

別れ際、前もって注文しておいた‥田岡さんの棚田でとれた米を受け取り

名残惜しく、ちかぢかの再会を約束して見送る。


 品種は‥香り米の「ひのひかり」と「にこまる」

 それぞれ5キロづつ。



この日、家に帰りついてのち‥

さっそくに持ち帰った「にこまる」を炊いていただいた。

米の香ばしさが際立ち‥口の中で米が踊るほどに食感がいい。

噛んでいると‥ひときわに米の甘味と香りが立ってくる‥

そんな美味しい米であった。


うむ‥明日は、香り米「ひのひかり」でいこうか。


こうやって‥親しき人の手になる美味い米を、

そして香りや味の異なる品種を、日々に変えて楽しむ、

これは新しい食の楽しみ方と言えよう。




 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 転部絵巻 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



     
さて‥ 帰路につくまえに、

この日は、あとひとつの極秘任務を残していたのだ。


それは‥

吉延の棚田の写真なのだが、実はここの棚田はその広大な規模で

ありながら、その全景を捉えるには難しい地理的な問題があって

なかなかにイメージした絵が撮れないのだ。


6年ほど前のナショナルジオグラフィックに載った‥ここ吉延の

棚田の航空写真が、それはそれはすばらしい全景を見事に写して

いたのだが‥つまりここの棚田は空からでしか見えない全景なのだ。


つまり、森の中に立つ人には森全体が見渡せない、

‥なる道理と同じ理屈である。



だからと言って‥ 空から撮るのもそうそう簡単に叶うはずもなく

地上を這いずり回るしかできなくとも、

それでも少しでも高いところから撮りたい‥と思うのは人間の性と

いうものであろう。



‥‥で、次の写真を見ていただきたい。



20100123tanada-m8872.jpg




この写真は、その吉延の棚田から対岸の大石地区を撮っている。

赤くマークしている場所が、これまで撮っていた農道沿いにある

撮影ポイントで‥青くマークしている場所が、今回あらたに発見

した撮影ポイントである。


かねてより‥

この青くマークしたポイントでの撮影を狙っていたのだ。

さらには‥この日、ミーティングの席でのこと、田岡さんから


 そういや~ つい最近、

 この場所の木が伐採されたからきっと見通しが利くで‥


‥との情報を聞くに及んでは、これが撮らずに帰れるものか。

はやる心を押さえきれないほどに、クルマを走らせて撮影ポイント

に到着し‥


なるほど、杉の林が一区画ばっさりと伐採されていて遠景が見える。

クルマを捨て歩いて最適な場所を探し、ついにシャッターを切った。


そのときの写真をここに公開しよう。

なお、比較のために‥一枚目(上の写真)には、赤くマークした‥

いつもの撮影ポイントからの一枚を‥

そして2枚目に、青いマークの撮影ポイントからの一枚を‥

ならべてアップしておいたので、どうぞ。




>  いつもの農道からの吉延の棚田
 

20100123tanada8916-2.jpg





> 
今回挑戦した伐採ポイントからの吉延の棚田

20100123tanada8950-2.jpg




 ど、どうだぁ~ !!

 たしかに‥二枚目の写真ではやや立体感が出てるだろう。


 ・・・・。

 えっ? 

  あんまり‥ちがいが分からん ‥って。


 ・・・・

   なんだと


 えぇ~ぃ、黙れ黙れぇ‥!

 分かる人には分かるんじゃぁ~!


 ・・・

   あぁ~ もっと高くから‥


  



 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 補足 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 まさにこのとき、

 わたしの胸中でうごめき出した、ある " おそろしい作戦 " のことは

 いずれカタチとなるときに表明したい。


 





        
スポンサーサイト

● COMMENT ●

素晴らしき、写真!!!

天狗様、稲刈りで家族でお邪魔して以来、ご無沙汰しています。ブログもいつも楽しみにしていますが、今日は久しぶりに新たな素晴らしい写真とともにブログが更新されており、嬉しい限りです。大変でしたね、2年にわたるマシントラブル・・・。気のせいか、少しずつ暖かくなっているようで、次の田植えが楽しみになってきました。また、よろしくお願いします。ブログの更新も楽しみにしています。

塩たたきさんへ

あぁ~ びっくりしました。
こんなにも日誌記録にブランクが空いてしまえば、もはや読んでくれる方もいまい‥と思いつつアップしましたので、塩たたきさんのコメントを発見したときは我が目を疑いました。あらため‥ありがとうございます。今年も棚田で遊び倒しましょう。

写真も喜んでいただけてウレシい限りです。今は「雪の棚田一景」を虎視眈々と狙って現地から「白い頼り」の一報を待っています。雪の棚田も楽しみにしていて下さい。では‥さっそく2010冬の里山第二弾をアップしますね、どうぞ。

ご家族のみんなへよろしくお伝えください。暖かくなったらまた一緒に遊びましょう。   

お互いの無事を祝して・・・乾杯~。

お久しぶりです。
開けど、覗けど姿は見えぬ。
さては天狗さん夜逃げでも・・・
いやいやそんなはずは無い。日頃の疲れで眠り込んでしまったか。
トントン叩いて「天狗さん。起きてくださいな。もう正月が明けてますよ」
って声をかけようかどうしようか・・・≪もしかして、何か不幸でも・・
それでは、天狗さんの動きがあるまで戸は叩くまいと心に誓って幾年月・・・。
(バシッ!・・そんなオーバーな)と、とんでもない失礼なことまで考えておりました。

無事生存確認!!万々歳です。

冬の吉延の棚田はどんなだろう・・・
そんな事も思っていました。
ありがとうございました。
新たなビューポイントも開発!
楽しみです。

他に今日は嬉しい日でした。
健康診断で≪胃がん疑いあり≫で再検査。結果、良好!「胃と十二指腸が荒れてるが命にかかわるほどではないでしょう」の診断を頂きました。

お互いこれからも無理せず健康第一にやっていきましょう。
お願いします。

Re:北さんへ

北さん! こちら天狗‥生きています。
コメント‥ありがとうございます。

いやぁ‥何と言ったらいいのか、
ウレシくも‥恥ずかしき我が無作法の数々、申し訳なく‥、それだけにいっそうウレシさがまた増して‥

健康診断‥朗報とのこと、よかった! でも人間って、どこかカラダの調子がイマイチで、しかも長くつづくようだと気も重くなるものですよね。

さて‥今年はどうにかして「もっと高くから‥」棚田を撮ることに全力を傾ける覚悟です。あっ‥覚悟なんてつい言ってしまいましたが、例によって‥寄り道、休憩、冬眠ありの‥よもよもな計画ですから、よもよもとお待ちください。

またよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/47-5335a980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界里山勝手遺産:自立小屋 «  | BLOG TOP |  » 吉延公民館交流会(その一)

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (475)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード