topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御飯革命記 - 2014.09.20 Sat

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  0919  FRI DAY
 
   小話  
|||||
我が家のご飯革命   |||||


  20140919dogama9327.jpg

 
  天狗陰陽暦:9の月の19日目の金の日

  それは息子と昼うどん(参考:ジャンボうどん:釜揚げ:大)を喰らい
  家に帰り着いてすぐに宅急便で届いた。

  やや重い箱を慎重に居間に置き、そぉ〜っと開けてみる。



  20140919dogama9338.jpg


  箱の中よりお出ました黒いブツは・・その名を「かまどさん」という。

  そう、かまどさん・・とは、
  その名のとおり ご飯炊き専用土釜なのでいらっしゃるのである。

  先日に、たしか自称:某国営放送でやってた番組で見て
  この土釜のその卓越した「ごはん炊きレベル」に心の動揺おさえきれず、
  一晩悶々として、翌朝やもたまらず ネットでポチ。

  これを作った伊賀焼の窯元の頭領の、
  ご飯炊きに賭ける職人気質な心意気が、わたしの胸中にくすぶっていた
  ささやかな " 飯炊き魂 " に火をつけた・・のである。



  20140919dogama9351.jpg


  この「かまどさん」については
  窯元:長谷園 ホームページにてご覧くだされ。

    コチラから →  伊賀焼の郷:永谷園

   ネットでこの土釜を探していたとき、
   はじめはこの永谷園という名から無勝手妄想して、
   おいっ・・あのお茶漬けの永谷園のコラボ商品・・オマケってか?
   と勘違いした。

     どうやら両社は まったく関係ないらしいのだ
     と分かるにつれ ちょっと安堵する。



  20140919dogama9354.jpg



  ちなみにこの「かまどさん」。

  窯元の頭領が苦節9年だったか? 試行錯誤を重ねに重ね・・
  作っては割り作っては焼き、焼いては投げ・・したかどうかは定かではないが
  きっとそうだったのである。

   こういう窯で炊くときに最も苦労するのは " 火加減 " 。
   そこを誰でもできるだけ簡単に・・と、土と工夫を練りに練って、とうとう
   12〜15分 中火だけで炊けるようにした・・と。

  伊賀焼は多孔質の土質ゆえ、米の水分を吸ったり出したりして
  それがお米を美味しく炊きあげるのにイイらしく、またそのまま置いても
  ご飯はベトつかず冷や飯がまた一段と美味いのだ・・と。

  し、しかも・・さらにである。

   「おこげ」もウマいんですよ!

  と重ね重ねに言われれば、あなた! どうするよ?


  
  ||||||||||||||||||||||||| 全日本飯炊き父の会 |||||||||||||||||||||||||||||


  実はここ最近、我が家の夕食のご飯は・・
  家長である私がその " 飯炊き " を担っている。

  我が家ではもう20年ばかり、圧力釜でご飯を炊いてきて・・
  飯炊き係は息子がやってきていたのだが、

  数カ月前にのこと、とうとうその30年選手の圧力釜のゴムパッキンが
  寿命を迎えてお陀仏に。

    圧力釜は永眠しても、ご飯は一日の休みもゆるされない。

  そこで、圧力のかからなくなった圧力釜・・
  すなわち無圧力釜という、なんとも無気力な聞こえのする、
  言い換えれば " ただの重い鍋 " で、

  どうにか美味しい飯を炊くべく水加減や火加減を探りながら、
  以来・・わたしが飯を炊いてきたのである。

  そして飯炊きを極めんとする日々を重ねるうちに、
  夕刻の飯炊きが・・

   とっても楽しくなってきてしまった!

  いや、今ではもう、一日の内でもっとも楽しみな事になっておる、
  と言っても過言ではあるまい。

   しかし、そろそろ・・
   無圧力釜での飯炊き試行は限界を感じ始めていた。

  そんなときにたまたま見ていたTVで始まったのが
  某国営放送のその番組だったのである。

  誰かが仕組んだとしか思えない絶妙のタイミングであった。
  


  ||||||||||||||||||||||||| 飯炊き幸福論 ||||||||||||||||||||||||||||
    

  さて、さっそくにもこの「かまどさん」で飯を炊き、
  その味を報告したきところだが・・

  この土釜は、まず「目止め」という儀式をしなければならない。
  
  多孔質な土釜ゆえ、まず微細な気孔を「お粥」を炊くことで
  目止めをする必要があるのだ・・と。

   え? 面倒くさそう・・って?

     なんの・・こんな儀式っぽいところに心が踊るのでございます。

  よってご飯レポートは次回に・・乞うご期待!
   

    ちなみにわたしの土釜は、
   「三号炊き」で 気になるお値段は ¥ 8,000 - ・・です、はい。



  ・・・・・・・・・ 御飯解放戦線:声明文 ・・・・・・・・・・


  全国民に告ぐ!

    君たちは 資本主義が掲げる護符「便利さ」につられ、
    人生における真にオモシロキことを搾取されている。

    今すぐスイッチポンで炊く電子ジャー方式炊飯器を破棄し
    土釜・鉄釜で再武装し決起せよ!

    美味しいご飯が人間をつくるのではない
    美味しくご飯を炊く時間が人間をつくるのだ。

    
           炊飯解放戦線:総司令部 二等書記 ヤマガララ

    


スポンサーサイト

● COMMENT ●

先生またまたおじゃまします。
私もかまどさん二年ほど、愛用中です。
あまりの炊きあがりの美味しさにジャーを処分してしまいました。
せっかくの食事。少しの手間で美味しいものをです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エリ・マキトカゲさま

おぉ〜コメントありがとう!

 なんと、このかまどさんを2年も前からご飯を炊いていると!
 しかも使っていた電子ジャーを追放してまでとは。

 エリは・・ずいぶんいい家庭を築いているのだな・・と感じた、
 ウレしきエピソードコメントとなり。

 さて このかまどさんのご飯レポート、
 近々にアップするから楽しみに。


 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/471-5c4b1a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜は娘のために・・ «  | BLOG TOP |  » 遺跡発掘:同窓の宴

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。