topimage

2017-08

課題はエボラだ - 2014.10.17 Fri

  
    >> SHINRA DEEP STORY

      
2014  1017 FRI DAY
 
   小話  
|||||
今日の課題は・・エボラだ   |||||


   

  20140928merody0591.jpg

    写真は今は昔の遡ること 9月末
    メロディ新拠点のオープニングセレモニーの一景。
    セメダイン風船フィルター使用

 
  ささやかに静かに過ぎる毎日ではあるが、
  世界はなにやら危うい感じの気配に緊張高まる様子のようで・・

  そのなかでもちょっと嫌な流れで気になって仕方がないのが
  あの エボラ出血熱の拡散状況。

   下のグラフは 
   今回のエボラが出現した3月から9月までの感染者数の経緯。

  003.png  

                    DATA SOURCE by  WHO

 青のグラフが総感染者数のグラフだが、
 このグラフの右上がりにグンと伸びる曲線は " 等比級数的 " な様相が見えていて

 コレはわかりやすく言うと・・

   感染を食い止めるための手立てが ほとんど効力をなさずにねぇ
   エボラウイルスが野放しに拡散しているよ。
   
 というグラフ・・なのである。

 エボラウイルスは、
 罹患者の体液などに直接触れるなどの接触感染というのが " 常識 " なのだが
 ちょっと不安なのはアメリカ国内での二次感染が起きたこと。

 わたしがエボラについて これまで観て読んだ知識では
 アメリカは戦時の細菌兵器対策のこともあって、そりゃもう過剰なくらいに
 万全に万全を重ねた防疫体制を整えている国・・のはず なのよ。
 
 特に エボラ危機を題材にした映画 " アウトブレイク " などを思い返すと
 今回の米国内の二次感染が安易に起きたことに 開いた口が ぽかぁ〜ん。

 そんなに " ズボラなエボラ対策 " だった・・ということなのか?
 そ、それとも・・

  もうひとつの可能性が怖い。

  もしかして・・エボラウイルスは、
  すでに変異進化して・・空気感染力を獲得しつつあるのでは?

  そうなると・・これは、オオゴトになる。



  ||||||||||||||||||||||||||||| 讃岐パスツール研究所 ||||||||||||||||||||||||||||||||


     m_9-e485d.jpg



  今日のアカデミーの授業は・・
  中学生たちを そんな話でまずビビらしておいて・・

  ならば いい機会だからついでに・・と、
  エボラ君を代表とする「ウイルス」についての講義となり。

  iPadを片手に 必要な情報を集め 子どもたちに調査を促した。
  ではほぼ私の狙いどおりの結果を出した調査の一部をここに紹介しよう。


 ◎ ウイルスは むちゃくちゃ小さい

    エボラウイルスの大きさは 80nm(ナノメートル)。

      1nmは 1mの 1,000,000,000分の1 10億分の1ですね。

    これでも 今ひとつ 大きさ(小ささ?)がピンとこない。

    水の分子 H2Oの大きさは 0.38nm だから
    エボラウイルスはその水の分子200個くらいの大きさ だから
    どちらかというと 原子・分子レベルといえる。


 Q: その大きさ小ささを分かりやすくプレゼンしてみろ。

    人間と比べてみたら?
    人間の身長を 1.75m ( 私の身長 ) とすると・・エボラは・・

      1800000000nm ÷ 80nm = 22500000

    これは人間の " 2250万分の1 " ということなのだが、
    そう言われてもなぁ〜まだピンと来ないな。

   だったら・・それは逆に言えば、
   エボラウイルスの2250万倍が人間の大きさなのだから
  
   エボラウイルスが もし人間の大きさ・・だとしたら、
   人間はどのくらいの大きさになる?

   それイイな・・よし 計算してみろ。

     1.75 m × 22500000 = 39375000 m

   ん? どんな数字やコレは?
   えぇ〜っと・・ これを km に換算すると・・
   わたしの身長は・・

     39375000m ÷ 1000 = 39375 km、

     およそ・・4万 km!

   こ、これはまた・・数字が大きすぎてピンと来ないぞ!

   えぇ〜・・

   ◯ 地球の外周ひとまわりがおよそ4万キロだから
     わたしが手で足の先をつかんで丸くなった大きさ。
 
   ◯ 地球の直径が1万2742kmだから 地球 3個分強の高さが私の身長。

   ◯ もし身長4万キロの私が地表に立てば、
     息を止めてがまんすれば私の頭は月までの距離の9分の1まで達する。
   

   おぉ〜 なんとかエボラの小ささが実感できるレベルまでいったな。



   ||||||||||||||||||||||| WHO are you ||||||||||||||||||||||||||||


   他にもいくつか・・

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   ウイルス族は あまりに小さいうえに、
   生物の基本構成物質である遺伝子がカケラほどしかもってない
   ゆえに生命ではないという学者もいる。

     遺伝子情報量(ゲノムサイズ)

      ヒト  : 3 ~ 6 G  ( ギガ )
      哺乳類 : 3 G
      昆虫  : 0.2 G   
      大腸菌 : 4 M
      ウイルス: 10 K


   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   
   あまりに小さく最小限の遺伝情報しか持たないウイルスは
   人間の細胞に侵入すると自分の遺伝情報を組み込みプログラムを
   書き換えて変質させる。

   エボラウイルスの場合、人間のカラダをつくっているタンパク質を
   破壊してゆくので、感染したカラダの細胞が片っ端から死んでゆく。

   たった数個のウイルスで宿主に感染する。
   ちなみに 細菌類(0157など)は数百個が必要と言われている。
   
     大腸菌 O157 の大きさは 約1μm(マイクロメータ)で
     これは1mmの1000分の1の大きさで、
     エボラウイルスのざっと1000倍の大きさ。

   などなど。

   さて これからの一ヶ月、アメリカや欧米のエボラ状況によっては
   世界の行く末を決める恐怖の一ヶ月となる。

   どうか 収束しますように。



   ||||||||||||||||||||||||| 野口英世13番弟子 ||||||||||||||||||||||||||||


   今日の エボラ研究授業は・・
   子どもらだけでなく 私も " 萌えた " 。

   う〜む・・ 
   子どもたちに 連立方程式や現在完了を教えるよりも
   こんなことしてアカデミーを維持できたら・・

    そのほうが きっと・・子どもたちの糧になる。

   と、最近その衝動おさえきれず困ったことになっている私です。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/479-2114dacb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳥取周回飛行レポート «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード