topimage

2017-08

妖怪のせいなのか? - 2015.01.08 Thu



 >> SHINRA  DEEP  FIEL STOR
Y


  |||||||||||||  2015 0105  SUN DAY  ||||||||||||||


      小話 [    妖怪のせいなのか   ]
      

          [   寒 光 未 枯 透 葉 彩 脈   ]

       20150108garden3175.jpg


  
はや1月の7日を過ぎ 日常も仕事も巡航速度で航行中。
  これと言って記すべき事件も事故もないままに絵巻記録もよもよもと。

  まぁ〜しかし なんですなぁ〜・・
  そんなことならば、最近感じた とりとめもなきコトを書き記して
  世の中を斬ってみよう。

  まずは・・妖怪ウォッチである。

  今や世の中の子どもや大人や猫も犬もみんなみんな妖怪ウォッチ、
  なのだそうで、たしかにあの独特の小気味よい妖怪ウォッチの歌には、
  実は私もハマっている・・と告白せねばなるまい。

  歌は知っていたのだが、そのTVアニメを知らない・・ということで、
  
   日本中の子どもたちの心を掴んではなさない・・と
   テレビではコレはひとつの社会現象なのだと騒いでいるものだから

  ならば・・と年の暮れにそのTVアニメを観てみた。


    ・・・・・・・||| 視聴中 |||・・・・・・・
  

  あぁ〜〜・・ なるほどね・・
  コイツはいわゆる「マーケッティング商法」という物欲アオリ企画の
  子ども騙しのアニメでありました。

  この手の商業的アニメはポケモンくらいから鼻につきはじめたかな。

  いい年をした大人たちが、会議室とかに集まって・・
  いかに子どもたちの物欲を煽って「金を稼ぐ」ことができるか
  クソ真面目にやってたのだろう。

    人類の子どもという種の
    本能や好奇心傾向を徹底的に研究して
    グッズ販売の利を上げる

    これはどこか 光に集まる集光性を利用して
    害虫を捕らえるトラップに似ている。

    
    
  こんな大人の陰謀企画に夢中になっている子どもたちが
  子ども時代の貴重なる経験が、そんなモノにハメられるなんて・・
  まっこと可哀想じゃないか!


   えっ?

    あんたも子供時代に
    仮面ライダーカードや怪獣フィギアに夢中になったでしょ?



  それとコレとでは次元がちがう。

  ちなみに私の世代の子供時代は、手塚治虫氏、石ノ森章太郎氏、
  赤塚不二夫氏、円谷プロなどなど・・みなさん「先生」と呼びたくなるほど。
  彼らの渾身のアニメで育てられたのである。

   子どもの時に読んだマンガを、大人になってから読み返してみて
   あらためて「あぁ〜こんなに深い話だったのか」と驚くことも多い。

   あのおバカなギャグマンガ筆頭の天才バカボンなどでさえ
   なにかしら哲学的な風を孕んでいたりする( 注:個人的感想 )。 
 
   
  
  あの時代、まず人気のあるアニメやテレビ作品在りきで、それにあやかり
  関連グッズをあとから造って売っていたのだ・・と思う。


  
  20150108garden3165.jpg

   冬本番 寒風吹きすさぶ庭ではあるが
   どっこい草木たちはこんな季節にも芽を出し ゆっくり成長している。

   写真は11月に種を蒔いた花菱草(ハナビシソウ)の芽。
   袋いっぱいの種をそこら中ばらまいたから30本近い芽が出てる(汗)。

   その左の肉厚の芽は、草ではないことには確信があるが
   なんかわからん謎の花の芽でこれはこれで楽しみ。



  あれは私の娘が小学3年生の頃だったか?

  当時「セーラームーン」が子どもの世界を席巻し始めていた。
  娘もその例にもれず、セーラームーン・グッズに走りださんとしていた。


   特にストーリーもメッセージもなぁ〜んもないそのアニメに
   夢中になりつつあるカワイイ娘の姿に どこかしら不快な気分を感じた父は
   一計を案じ、レンタルビデオ屋に、古本屋にと走った。



 それから「サイボーグ009」「ウルトラセブン」「ブラックジャック」など
 かつて私が夢中になったビデオやマンガを借りてきて英才教育計画を実践する。


  そしてわたしのこの目論見は早々と効果をあげたのである。

  一ヶ月もすると、もうセーラームーンにはあまり関心を示さなくなった。
  そこである日 意地悪い父は娘に聞いてみた。

   
   あれ? おいおい 娘よ。
   今からセーラームーンが始まるけど・・観なくてイイのか?


    う〜ん・・別にエエかな。
    なんか いっつも同じ話でツマラナイんよね、あれ。



  うむむ・・と 後は語らずして、父 溜飲を下げる。



  ||||||||||||||||||||||||||||| 妖怪事務局 |||||||||||||||||||||||||||||||||



  世のお父さんお母さんに告ぐ。

  こどもたちが喜ぶから・・というだけで与えてはイケナイ。
  子どもはその旺盛な好奇心でなんでもかんでも食べるものなのだ。

  なにを食べたかによって子どものカラダやココロは造られるのだから
  能動的な選択的子育てを意識していただきたい。

  ましてこんな子ども相手に「金儲け」を企てている輩が多い今では。



   ほんまに・・ どうしてそんな奴らが、
   時代の先見者とか成功者としてTVや雑誌で奉られているのだろう。


    どうして彼らは酷いんだ?
     どういて彼らは酷いんだ? 
  
     ドォワッハッハ〜・・ 
     よ う か い のせいなのね  そうなのね 

     ウォッチ! 今 何時? 
 
        一 大 事 ! ウィッス!
 


     あっ・・アカンて。 オレがやられてる。







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/514-ccdfd2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

WTウィルスに感染 «  | BLOG TOP |  » 正月と馬と酒

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード