topimage

2017-06

高知城一景 - 2010.03.17 Wed



 |||||||||||||||||||||||
土佐 本山 樫の谷 |||||||||||||||||||||||

               ‥‥‥* あぜほ *‥‥‥
              

       azeho dia
ry
          天 狗 里 山 絵 巻
 
                        天狗陰陽歴
                            2010 0317  


                      七日巡り:水の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


20100314tosa0321.jpg




3月14日の日曜日、

帰省していた娘を土佐へ送ったついでに高知城へ登城した。
高知へは、これまで数えきれないほどに通ってきたものの高知城へ
足を踏み入れたのは初めてである。


巷(ちまた)では、某大河ドラマの評判良く、龍馬を慕っての観光客が
土佐を席巻している、‥らしい。そういう私もその某ドラマを毎日曜日に
欠かさず見ているひとりなのだ。


司馬センセイの龍馬とは、ちょっと匂いのちがう新リョウマだが、
そんなことよりも‥ 今年の大河ドラマは、これまでのソレとはえらい
" 絵づくり " が変わっていて、コレがなかなかのデキなのだ。


部屋に差す陽光に温かさが感じられ‥またホコリっぽさが思わず咳き込んで
しまいそうになるほどにホコリっぽいし‥ つまりは‥その場の " 空気 " が
感じれて、なかなかエエきに。汚いものが、ほんとうにソレらしく汚い様が
またエエきに。

ただ‥ ひとつ首をかしげるのは、
なんでかどのシーンにも、あちらこちらに " ソテツ " や " シュロ " の木が
ある‥というか、あり過ぎること‥である。

おそらく、土佐の‥南国のイメージを効果的に見せようとしての " 演出 "
だろうけど、歩く町並みに家の庭に‥果ては田畑にまでソテツやシュロが
あれだけ繁殖しているのは、かなり不自然に見えてしまって‥


見ているシーンの画面のどこかに、つい‥ソテツやシュロを探してしまう
のはどうにも困ったことである。





 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥




20100314tosa0334.jpg



高知城内にあるサクラ開花を調査するための " 標準木 " を表敬訪問した。
このサクラが‥全国に先がけて咲いた高知の一番サクラ、その木である。
もうすでに、3分咲きくらいでした。

       [   その一手 寄るは心の 満ち引きか   ]

20100314tosa0318.jpg
 

写真は高知城内の一景、

おっさんたちが将棋の一手一手に、ただならぬ殺気を放ちつつ思わぬ
静かさのなか緊迫した空気が張りつめていた野外の道場だった。


 あぁ~‥いいなぁ、

    こういう場所は‥・・・。


そういえば子どものころには、あちこちの軒下や店の前の縁台でこういう
大人の勝負が火花を散らしていたっけ。


 ゲームというものは‥

  やはり こうあるべきである!


‥と、あらため心した風景だった。
テレビゲームに夢中になっている子どもたちの姿に欠けているものが、この
将棋を打っているおっさんたちの背中に見える。


 対戦相手の戦略を‥性格を‥

  そして心情までもを察して、一手に悩み、意を決し‥打つ


将棋の盤上に繰り広げられるは、駒(こま)の戦いではなく、人心の駆け引き
なのだ。だから‥そこを極めて行くと、その先には「道」が生まれたりする、
‥かもしれないのだ。




 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 将棋三国志 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



わたしも、稚拙ながら将棋をたしなむ者だが‥

こういう野外の‥素性の分からぬ棋士たちが集まる戦場に乗り込みたまたまに
向かい合った‥名も知らぬおっさんと一礼をして将棋盤に差し向かう‥なんて
場面を想像すると、なんだか血が騒いでくる。


その日に初めて会ったその人の指すその一手一手に、相手の力量や性格を読み
計りながら、誘いをかけたり仕掛けたりしつつ戦局を通して、その人となりを
知っていく‥

 そんな言葉を介さない交友は一種独特のDEEPなコミュニケーションである。



だから‥なのか、

 任天堂 DS なんかでひとり遊ぶ子どもの姿が‥
 ときに、自慰行為にふける姿‥に見えなくもなかったりする、
 ‥のかもしれない。


 男なら‥

  こっちを見て勝負せんかい!


 ‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥



願わくば、高知城下の野外道場に‥大人たちの勝負に息を呑んで魅入って
いる子どもの姿があればイイ写真になると思い、あたりを伺ったけれど、
小さな戦士の姿はなく・・・。


 世のこどもたちよ!
 テレビゲームもオモロいだろうが‥
 ほんとうの勝負というものは、そんなもんじゃない。

 この世には‥
 もっと血が騒ぐ‥オモロい勝負というものがある!


‥と、声を大にして叫びたくなるような‥そんな示唆を受けた
おっさんたちの勇姿なのでありました。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

由々しき事態に

「ワシらは下士」じゃきに、城には上がれんがです」と
龍馬は唇かみ締めて毎日家から城を眺めていたがです。
そんなガイドが聞こえそうですね。

TVドラマでソテツが多過ぎる・・??
そこまで気がつきませんでした。
本当かどうか・・・
伝、丸亀城の下級武士の子孫である北さん(これは怪しいと思うとりますきに)は、
未だに土佐藩の城下には行った事ないきに、ようわからんとです。(爆)

本当かどうか ≪つい‥ソテツやシュロを探してしまう・・・≫とありますが、
将棋打っとる写真をよ~く見ちゅうと・・・向こうの方に見えちょるのは、
ソテツじゃなかろうか・・と思うとりますが、どうじゃろうか?(爆)

インベーダーゲーム以来、
子ども達の遊び相手が人から機械ゲームに移りましたね~。
ゲーム機の増加に比例して、対人関係が苦手な人が増えてきた・・・
正に由々しき事態です。
人が人と向かえなくなったらお終いです。

北さんへ

すみません‥例によって、Re:コメントがこんなに遅くなってしまいました。

北さんのご指摘で‥将棋の写真をあらためて分析したところ、そこにソテツを再発見したときには、そりゃもう心筋梗塞を引き起こすくらいに笑い転げましたきに‥。

もしや‥ほんとうの土佐の城下にはシュロやソテツが繁茂しているのだろうか? わたしも機会をみて再調査に出向く所存であります。

子どもらのこと、TVゲームを禁ずるより、あんなカッコ悪いモノよりも、ずぅ~っとかっこ良く燃え尽きることのできる遊びへ誘うべく策を労するのが大人の責でもあり‥また楽しみでもあります。

ベーゴマ再普及などを思慮しつつ、ほくそ笑んでおります。ちなみに私はベーゴマの経験はないのですが、それだけにちょっとそそられています。

北さん、いつもありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/52-99e2b06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記録再開 テスト:アップ0805 «  | BLOG TOP |  » 雪は降ったか?

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (473)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード