topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンラアカデミー出航 - 2015.04.11 Sat

 

 >> SHINRA  DEEP  FIEL STOR
Y


  |||||||||||||  2015  04 10  FRI DAY  ||||||||||||||



         小話 [  シンラアカデミー出航  ]

  SHINRA-COVER_20150411004104a06.jpg
  

  天狗陰陽暦:2015の年 4の月の10日
  ちょっと特殊なクラスを開講した。

  そのクラスの名は  " シンラ・アカデミー " 。
  この名はこれまでこの絵巻の中での架空のクラスのコードネームとして
  使ってきた名だが、とうとうリアルな名になった。

  今日のオープニング写真は、
  ちょっと気どって創ったシンラアカデミーの宣伝用ポスター?
  これを士官候補生たちの使うノートの表紙とした。

  ちょっと補足説明すると・・

   SHINRA = シンラ は、故事にある「 森羅万象 」の森羅から・・
   この世界にある有象無象のあらゆる存在・現象を目の当たりにして
   人類が感じる畏怖の情念にあやかって・・

   そして青と赤と黄のロゴマークは漢字の「 心 」をデフォルメしたもの。
   青は誠実、赤は情熱、黄は個性を象徴している。



  |||||||||||||||||||||||||||| シンラ管制室 ||||||||||||||||||||||||||||||||||


  シンラアカデミーのクラスは週一回:金曜日の夜。
  学校の勉強に関することには一切関与しない。

  このクラスには大きく3つの課題がある。

 1、 座学: 私に好きなことをしゃべらせろ。
         
   度10000mの深海だろうが、250万光年彼方のアンドロメダ銀河
   だろうが、はたまた5億年前の先カンブリア紀の海の世界だろうが・・
   他、医学、歴史、文学、経済、オタク、AKB48 などなど・・

   最新の情報をもって人類が知り得た世界へ
   私の語りで ちょっとだけ連れてってあげよう。

 2,頭工学 ① 世の中に 自分の頭を使って創意工夫をこらし
            ささやかながら打って出ろ。


   学校で描く絵や、音楽、作文において、子どもたちは・・
   その類まれなる適応力を発揮して、大人たちの、センセイの気に入るモノを
   作り書くことにだけ長けてしまっていてツマラナイ。

    これは選考するおとなの " センス " の問題なのだが・・
    ほとんどの学校は子どものセンスを矯正し殺しているように思える。

   そこで企業や自治体が企画している「公募」というジャンルで
   応募を募っている お菓子の名前やキャッチコピー、川柳、イラスト、
   写真、絵、エッセイなどなどに、とりあえず気合をいれて応募してみる。

   ちなみに初陣となる最初の必須テーマは
   高松盆栽のロゴマーク募集 と 高松老人会のマスコットキャラの猫の名前
   そのふたつである。

      できるだけ地元に関与するモノを課題にしたいのココロ。

      ちなみに、もしも 高松盆栽ロゴで優勝 すれば・・
      賞金 100,000 円である!


    努力と才能には 正当なる報酬が与えられる・・これ重要。


 3,行動学 ③  向こう3ヶ月の行動目標と計画を立て、
             なにがなんでも実行せよ。

   思えば日本の子どもたちは、
   6歳から18歳までの12年間を、あのコンクリートの箱のなかで
   ずぅ〜っと座って過ごし、ほとんど学校と家を往復しているだけの
   非人間的現状を憂いて・・

   とにかく学校と家以外のところへ出かける口実をつくるために
   美術館、映画館、登山、キャンプ、などの心躍る目標を立ち上げて
   万難を排して実行にまい進する。

   ちなみに最初の行動目標は・・「花見」である。
   12日の日曜日、荘内半島:紫雲出山の桜を愛でる宴を構えた。
   そしてサブテーマが与えられていて、それは・・
   当日の弁当は、可能な限り自分で作ること・・である。

     他に今日のクラスで決まった行動目標は・・
     近々に「猪熊美術館:鈴木理策 写真展」、そして5月のゴールデンな
     ウィークに「深淵:2泊3日の幕営キャンプ」が立ち上がった。



    ||||||||||||||||||||||||||||| シンラ広報室 ||||||||||||||||||||||||||||||||


   そしてこの日 子どもたちとの談話の中で
   おそるべし「 シンラの掟 」がふたつ銘文化されたのであった。 

   その1: 可能な限り五感を得て知識とするべし。

   その2: やらずに泣くよりは、やって泣け。

     その3:以降は、子どもたちと経験を重ねた上で順次追加。


  思えばこんな主旨をもって案内チラシをつくり、この春に中学を卒業した
  子どもたちの親御さんに参加を募っていたのだが、

  正直なところ、こんな学業には関係のないと言い切っているモノに
  親たちは、お金は出さないだろうな・・と思っていたのだが、

  なんと二人の子どもたちの家族が賛同してくれた。

  そればかりか、詳しく話を聞きたい・・と、先週の最初のクラスの時に
  ふたりのお母さんが授業?に参加してくれたのである。

   もともとは15年も前のそのむかし、当時の塾生たちと地下組織的に
   やってたことを、あらため表舞台で形作ったモノである。

   たった2人のスタートではある。
   人類にとっては小さな一歩だが、私にとっては大きな一歩である。

    今日の2時間半がどんだけ楽しかったか!
    子どもたちもそうあって欲しいが・・・

   さて・・
   神かくしの奥義を炸裂すべく、天狗の本領を
   とくとお見せしようぞ。


  









スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/529-ec1c758b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫雲出山 桜の宴 «  | BLOG TOP |  » 桃源郷の宴

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。