topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊方原発を見に行った - 2011.05.03 Tue



 |||||||||||||||||||||||
 四国辺境雑紀  |||||||||||||||||||||||

           
       
shinra diary
           天 狗 森 羅 絵 巻
 
             天狗陰陽歴
        2011 0503  


            七日巡り:金の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  伊方原発よ! 

   とりあえず、初めまして‥

20110429ikata0405.jpg


 日誌再開のための弁明

この日誌記録が留ってほぼ一年。もとは土佐の国の山間部で進められて

いた439プロジェクトの一環であった「吉延棚田」の後方支援発信する

ためのブログ通信でありました‥が、もろもろの[ 大人の事情 ] のために

439と吉延が、それぞれ異なる未来への道を歩みはじめた局面を迎えて

これ流浪のブログとならざるをえず、記録継続をあきらめていました。


 日誌再開のための釈明

しかし、3月11日の東北大震災と福島原発事故のあの日から、

胸中に湧いてくるじっとしてられないこの気持ち。ここ四国にあっては

彼の地での様子も原発事故の成り行きも、ただただテレビや新聞などの

メディア・フィルターで濾過された情報ばかり。


遠方の地の本当の現状を知ることも叶わず、‥かといって何もできず。

しかしながら、自分の住むこの四国のことならば目も届き手も届く。

ならば今一度、ここに‥

ささやかならがらも、ひとりの小さな目と手と足で見た自分の住む

国の雑記を記したくなってきた次第にて‥

恥ずかしながら、天狗絵巻再開のことよろしく候。


 なお日誌記録再開に当たり

 多少の絵巻の装丁を変更しました。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥  *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 >> 伊方原発を見てみたかった。



私の経営している掟破りの学習塾:シンラ・アカデミーでは新しい

子どもたちを迎える際の親子ミーティングで、必ず問う私が密かな

楽しみにしている問答がある。



 ‥‥‥‥ シンラ・アカデミー面接会 ‥‥‥‥‥



 ‥で、話はかわるが、

  君はクジラを知ってるか?

  オレはよく知らないので知ってるなら教えて欲しい。


‥と尋ねると、

たいていの子どもはこのあまりに幼稚な質問に多少戸惑いつつ

知ってる限りのクジラ知識を教えてくれるのだ。


 黒くて‥大きい魚みたいやけど‥

 頭から噴水を出してる、

 ザトウクジラ‥ってのが おるで。

 海の中におるわ。


 
ときにかなり詳しい子どもが、けっこう博識な知識を語って

くれることもある。


 クジラはなぁ~ あれ、哺乳類なんやでぇ。

 それからな、世界最大のクジラは シロナガスクジラで‥


 
例外なく子どもたちが知っているのは、クジラは大きい生き物

だということ、実はココが私の問いの仕掛けたワナなのである。



20110429ikata0390.jpg


 ほぉ~ クジラって、

 ‥大きいのか?

 それは‥君のお母さんくらい大きいのか?


 そんなに小さくないわ!

 もっと大きいで‥


 へぇ~(驚)、じゃぁ~ゾウくらい大きいのか?


 ゾウよりもっともっとデカいよ。

 世界最大の哺乳類なんや!

 シロナガスクジラは40メートルもあるんやで!

 あれは家より大きいわ!



 うわっ! そ、そんなにデカいのか!

 そうなのか、へぇ~・・・




20110429ikata0422.jpg



 センセイ、なぁ~んも知らんのやなぁ‥

 ほんまにクジラ、知らんのぉ?



 あぁ~ 本当にセンセイはよく知らないんだ。

 ‥で、ぜひ教えて欲しいのだが

 君は‥

  そのクジラを " どこで " 見たの?

 
 えぇ~っと‥ 見たことはないけど‥

 テレビで見たことある。


 ‥テレ‥


  テレビ( ←わざと大げさに驚く )



20110429ikata0372.jpg

 四国の西端にある佐田岬は、標高300~400mの峰々が

 海の中に連なる長さ50キロほどもある凄い岬だった。



なにかこの会話の怪しい成り行きを察した子どもたちは、

やや警戒心をもちつつ‥


 そ、それから、

  本にものってたけど‥



 ホンマか!

 ‥とすると、きみん家のテレビや本は‥

 ゾウよりも 家よりも大きいんか?



 きゃははっ!

  そんなに大きないわぁ~‥。

  ふつうのテレビや。


 じゃぁ~ そのテレビで見えるクジラ‥って、

 けっこう " 小さい " な。




20110429ikata0441.jpg


 せっかくだから‥と、佐田岬先端にあるという灯台を

 目指したが、車道の終着点からはその灯台が‥

 見え‥ない?

 え? もしかして‥

  右奥の山の左斜面のところ‥あれ‥が‥

 


20110429ikata0442.jpg


 シグマ300mmでファインダーを覗くと、

 た、たしかに‥ソレは 白い灯台だった。




20110429ikata0496.jpg


あらためて案内版を見ると‥

さらに2キロ弱を歩いて行け‥とある。



     20110429ikata0461.jpg


陽も暮れかけていたが、

ここはやはり‥せっかくだから‥と、歩き始めたが

なかなかにアップダウンのキツい道に

ヘロヘロになりながらも




20110429ikata0473.jpg


とうとう四国の西端に到達した。

海の向こうは すでに九州なのだ、当たり前だが‥。

眼下の海は、

外海から内海へ向かう潮の流れが川のように速い。

その波間の中に‥

一艘の小さな漁船が外海へ向かおうと奮闘していた。



20110429ikata0480.jpg


20110429ikata0481.jpg


船は何度か潮の流れに押し戻されて‥

しばらく島の影で休んだのち‥ふたたびエンジン全開して

とうとう難所を乗り切って‥


大きな景色の中での ささやかなれど‥

船を操舵する人の意志を感じさせるなかなかの舞台劇だった。



    



  ‥‥‥‥‥‥ SC1703 ‥‥‥‥‥‥‥


クジラ問答のエピソードは、

私が伊方原発を見に行くその行動の基盤と本質を同じう

するものである。


ちなみに‥私はクジラをこの目で見たことがないので

「クジラは大きい‥らしい。」

‥と言うことにしている。



経験上‥クジラをほんとうに見たことのある人と、

ただ間接的に知識でクジラを知っているだけの人とでは、

その語る口調の旋律が大きくちがってくるのだ。

おおざっぱに言えば‥


 ◎本当に見たことのある人の語り

 見たときの状況をできるだけ伝えようと情感が感じられ

 その言葉は図らずながらもユーモアも放ちつつ心地よい。


 ◎知識だけで知っている人の語り

 単調になりがちで、ときにイラチな調子際立ち

 知識をならべるその一方的なその旋律は疲れる。



どんなことでも、

たとえそれが、自分の手や足の‥目の届かぬものでも

自分が本当に知っているもののその延長に感じなければ

知ることも想像することも道をはずれてしまいかねない。


ニュートンが、「リンゴ」の延長に「月」を‥

「リンゴ」と「月」の延長に「重力」を見いだしたように‥

そういうふうにして得たものでこそ、

みなが共有できうる情報となると思える。

 
伊方原発訪問レポートは、

あの場で感じた印象情報をまた次のレポートで記そう。



20110429ikata0322.jpg



     20110429ikata0317.jpg

 
‥にしても、

このできたての熱いじゃこ天は‥ふっくらしつつも

けっこう歯ごたえがあって‥

思わず家内と目を合わせた
(最近は滅多にない)ほどに

美味かった。


 よかろう‥

 今度はこのじゃこ天を、我が料理秘伝に加えるべく

 とりあえず作ってみなければなるまい。


この地元の海から獲れた魚由来のこの美味しいじゃこ天の

感動の延長に、伊方原発の資質の一面が、見えた‥ような

見えなかった‥ような。






スポンサーサイト

● COMMENT ●

お久しぶりです

お久しぶりです。
再開準備から早10ヶ月。
話の筋と言い長さと言い
準備周到だけあって、
長げえのなんの、鯨の髭ほどもあった・・・バシッ!

元気そうで何よりでした~。
吉延の棚田・・期待していたのですが残念です。

北さんへ

うわっ‥北さん。
こんなに早くコメントをいただけるとは‥驚きました。

吉延と439は袂を分かちましたが、御心配なく。私はあれからもずっと双方ともに活動を継続していますので、吉延の棚田からのレポートは続行していきます。

この日誌を休んでいる間に、昨年秋のことでしたか‥吉延の棚田米が初出品でいきなり全国一位になってしまうというビッグニュースがありました。

今年は吉延のホタルを狙っています。ここだけの話ですが‥ここのホタルが‥凄いんですわ。

この我がままな流浪のブログに、またおつき合いください。あらため‥あたたかきエール・コメントに感謝します。




 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/55-687de09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヤマガラ飛翔絵図 «  | BLOG TOP |  » 記録再開 テスト:アップ0805

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。