topimage

2017-08

 街の一片 - 2016.10.18 Tue



 >> SHINRA  DEEP  FIEL STORY


  |||||||||||||  2016  1018  TU ||||||||||||||


      小話 [   A  Piece  of  Town   ]

 

    
||||||||  街のなかの ART 一片 
||||||||
 
    20161017streetart8201.jpg

     無為積層構築物件:カサネガサネ


  
  絵巻ネタは両手にあふれんばかりあるのだが
  どれもがあまりにDEEPでコアな物件ばかりなのでオフレコ。

  ゆえの、だから・・のアート・ネタ。

  なにやらサヌキ王国海浜エリアは セトゲイ人気・・とかで
  にぎわいをみせているそうな。

  わたしも2年前に一部をまわって見てみたが
  芸術性のオーラやチカラを放っているものはほとんどなく、

  その多くが 作者の " 観念的な思い込み " しか感じられず
  観てまわりながら ツラくなってきた。

  たとえば・・


  ||||||||||||||||||||| 芸術は爆発委員会 |||||||||||||||||||||||||


  海岸に立ってた野球場のバックネットだと思っていたモノが
  近づいてみれば、えぇ〜っと・・ソラアミとかいう作品で、

  ん? コレがどうしたのだ・・と、 ???
  そこに立ててあった解説文を読んでみれば


   いろんな島の漁師さんの網をつくろって大きな網にして
   みんなの想いをひとつにどうしたこうした


   ・・とかなんとか。

   つまらん!
   おまえのその勝手な思い込みをおしつけるなよ。
   その想いを造形やデザインに入魂せんかい。

   でも、驚いたことに・・

  そこにいた その他大勢の方々は、
  これナニ?と見上げるまではわたしと一緒なのだが
  パンフレットの解説文を読み終えると・・

   へぇ〜〜 そうなんや、
   やっぱり 芸術家はちがうなぁ〜・・
などとつぶやきながら
   ササっと次の作品へと足早に去ってゆくのでありました。

     帰るまでに 全部見られへんで!

   まるでスタンプラリーイベントなのでありました。

   つくる方も観る方もこんなもんなのか。


  20161017streetart8220.jpg

   壁面重層投射型 : 家残像影壁画


  あんな観念的なイベント芸術まつりへ行かなくとも
  そこら辺の街なかをぶらりと歩けば、とってもARTな物件が
  あちらこちらに光っている。

  ヒトの手に作られたものなのだが
  意図してそう作ったわけではなく、偶然できてしまったモノだが

  ときに世の政をつかさどる創造主は
  その無為なるヒトの手に遊ぶときがあるようで・・

  その街角に隠れる風景の一片作品は、
  生まれからして ヒトの観念的なココロは一滴たりともふくまれず
 
  ゆえに無垢なる可笑しき美しさを漂わせている。



  20161017streetart8225.jpg

     幻想型信号塔配置交差点


  
  20161017streetart8102.jpg

    激烈型トタン壁:M型窓少住宅




  20161017streetart8159.jpg

    どこか不安定な がっしり堅牢住宅
  


    20161017streetart8160.jpg


    やわらかく雑な層と硬くきっちりな連続壁面

 
  まぁ〜なかにはビミョウなモノもありますが、
  どうです? おもしろきモノでございましょう?

  えっ?

    それも オマエの観念ちゃうんか! 


   えぇ〜・・と(汗)。


    総員 撤収せよ! 作戦アルファは失敗、放棄する!

    これより第2次作戦:ウルフドッグに移行する。
    
    装備はそのまま放置、

    逃げろ〜!


    OVER.




スポンサーサイト

● COMMENT ●

そうですね

私がセトゲーとかいうネットゲームの延長のようなイベントに
何の魅力も感じなかったことを端的に、わかりやすく解説していただき感謝に堪えません
玉石混合、作家さんがみんなだめだというわけではありませんが
それなりに名を成した方も参加されていますし、すべてを見たわけではありません
ツイタラとかSNスクールでしたっけとか、共有するという感動を押し付けるものにも興味がわかないのも同じ理由なのでしょう。
分らないものはわからない、面白くないものは面白くない、おお様の耳もロバの耳もはふたつ。
丸亀の神社は調べたらすぐ発見できました。見て、感じて、カメラに収めたいです。
最近、血に飢えた、いやシューティングに飢えた手ぶらカメラマンと化しておりますゆえ・・・

同意支援砲撃 謝謝!

今の世は とにかく なんでもかんでもイベント化して
いかに集客力の増強工夫で「成功」の有無を問う時代になってますね。

ソレに加え「拡散」というのもいかがなものか。
わたしはつねづね このネットでの情報の拡散による人の動きが
あの、海の中の、イワシの群れ団子にかぶります。

 あのイワシの群れが、ひとつの巨大な生き物のように見えるのは
 ただただ「隣のイワシの動きに合わして動く」・・という

 そんな、ごく単純なプログラムなのだそうで、
 なにをかいわんや・・であります。

今の情報化社会は 仕掛ける側にとってまっこと都合のいいシステムなんでしょう。
ちょいと刺激を与えれば たちまちイワシダンゴができますから、はい いただきます!

あの神社 アクセスが簡単でしょ!
こちらも まず地元を歩いて ナマの情報の収集につとめます。

どうやらゴルゴの血が沸騰しておるようですな(笑)。
ぜひにもあの神社を射止めていただきたく・・報酬はウドン$でスイス銀行口座へ。

あの界隈 まだナニかあるはず・・です。










 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/597-5d282ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京遠征秘話 «  | BLOG TOP |  » のぶらりレポート

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード