topimage

2017-08

まご娘 家に来る - 2017.07.28 Fri

 >> SHINRA  DEEP  FIEL STORY


  ||||||||||||| 2017  0728  FRI ||||||||||||||



   小話 [  まご娘 Mark ll 家にくる  ]


   
||||||||  7月25日の火曜日 のこと  
||||||||


      SSC_1110_20170728184119ddc.jpg

  
  ここのところ 毎朝 朝早くから・・

  庭のケヤキに陣取ったシャオシャオ・一個師団による
  高周波攻撃にさらされて耳がおかしい。

  毎夜 毎夜 私の庭で推定10~20匹あまりが孵化しているし

  半径5キロ内では
  もっとも立派な(目立つ)ケヤキが立っているのだから・・

  そりゃシャオシャオ軍が本陣を張るにふさわしい場所・・と
  わたしもそう思う。


  これも夏の一景よ・・と言いたいけれど

   ご近所へのご迷惑かとの懸案がつのり
   この秋にはついにこのケヤキを倒す・・との一計あり。

   わたしがこの家に引っ越してきたときに植えた記念樹、
   直径3センチ 樹高 2mばかりの、あの ひ弱なケヤキは・・

   今では直径40センチあまり 樹高は10mちかいかも?
   その姿容 仰ぎ見れば威風堂々として・・

   その木を切るのはつらいけれど・・

    これもしょうがない・・と決心がついた。

   



  SSC_1115.jpg


  その大きく育ったケヤキが、毎年毎年のシャオゼミたちを
  地中の根で養分を与え 育て 養ってきたのよね。


    ・・・ あ、ありがとう。




  ||||||||||||| ファースト・コンタクト ||||||||||||||||


    姉 はじめて " 妹 " に会う 

      第一種接近遭遇レポート


  先の25日 火曜日のこと・・
  娘と孫娘が退院するはこびとなり。

  出産が金曜日・・だったから、えぇ〜っと・・
  たった4日あまりでもう日常生活に帰ってくる・・ということ?

  す、すごいね・・母親って。

   数えてみれば・・ 一年前の今日って・・
   まだこの赤子はこの宇宙に存在すらしてなかった・・と思うと

   生命って・・す、すごいね。



  |||||||||||||||||||||||| 1'st Little Contact  ||||||||||||||||||||||||||||



  さて 病院内では 姉の孫娘は
  妹でもある赤ちゃんとの接触は禁じられていたため
  退院するこの日が・・

    初めて 妹に 会う 日 ・・だった。

   " その瞬間 " に 並々ならぬ関心を持つひとり男がいた。

  じっと静かに 後方に控え 息を殺して
  ひたすら機を待っていたジィジィである。

  そして そのときが・・

  

   SSC_2262.jpg


  ちいさな姉は、
  父親の胸に抱かれた小さな妹を
  その小さな心で迎えた。



      SSC_2264.jpg


  おぉ〜 !!

    孫娘は・・わたしの孫娘は・・ その小さな姉は、

    なんと! 

     一指相伝奥義:指先交友拳をもって
     そっと妹に ツンツンしているではないか!


    
  SSC_2275.jpg


   小さな姉よ

    短い間に よくぞ奥義を自分のものに・・

    おまえのその無垢なる対峙接近交友姿勢

    うむ
    呼吸は大洋のうねりのごとく その構え風に優しくあって 
    その動き 水 流るる様にして・・
    
      向かう姿勢は謙虚さと誠意にあふれている 


    小さな姉よ 見事であるぞ。


     
・・と柱の陰で

      ひとり声を殺し感涙しているジィジィであった。


  SSC_2294.jpg
 

  自分も2年前にここで生まれた縁で
  この日このとき 小さな姉は・・あの日に自分をとりあげてくれた
  助産婦さんに再会することができた。

   もっとも 当然ながら
   小さな姉はそれとは憶えていなかったけれど

 
  


  SSC_2813.jpg


  そして 小さな姉と もっと小さい妹は
  あまり大きくはない私の家に帰ってきたのである。


  
 
  SSC_2410.jpg   

  
   小さな姉は どうやら・・
   もっと小さい妹のことが可愛くてしかたがない様子?

   まだ2歳にとどかない幼子が? 
   そんな人間らしい豊かな感情を持つことが
   とっても不思議に思える。


      
    SSC_2891.jpg


 
  娘にとってのおばあちゃんは・・
  孫娘たちにとっての ひぃばあちゃんは・・
  つまり私の母は はや90歳が目前。

  父をなくした3月以来 まだ4ヶ月もたたないゆえに
  激動の波に翻弄されさびしい日々がつづいている

  ・・けれど

   小さな子どもたちの・・大きな波に飲み込まれて も

   どうやらそのビッグウェイブに乗って
   とっても嬉しそう・・  


       うむ・・ よかった。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/627-86bf5dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 娘に娘が誕生

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード