topimage

2017-08

嵐の去った朝:クマゼミの旅立ち - 2011.07.20 Wed


 |||||||||||||||||||
 四国辺境絵巻  ||||||||||||||||||||

           
  
  SHINRA Diary
            天 狗  絵 巻
 
             天狗陰陽歴
        2011 0720  


            七日巡り:水の日



    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 >> 
嵐の朝に。

20110721semi3354.jpg


 お知らせ

 本来ならば、前回につづいて世界小屋遺産「うなぎ小屋」を

 ご紹介するはずだったのですが、

 台風の去った今日の朝に起きたエピソードを

 絵巻ネタの新鮮度を考慮して先にここに記したく

 ご了解ください。

 うなぎ小屋は次回に‥。

 

     

 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 嵐の去った朝に ‥‥‥‥‥‥‥‥‥


台風6号:マーゴンが最接近した昨夜は‥窓の外に唸る風雨の音を

聞きながら寝入ってそして今朝、目が覚めたら‥

外がとても静かだった。


いつもどおり、朝の一服とコーヒーのために庭へ出て、嵐を生き延びた蚊の

猛攻のなか腰をおろすと目の前1メートルほど先、玄関先のアプローチの上に

 ん? 

  ・・・アレは?

‥と、茶色と青白い小さな未確認地上物体を視認せり。


駆け寄って見れば‥

ちょうど幼虫の殻からカラダが抜け出たばかりのクマゼミでまだそのカラダは

青白く、翅もクシャッと縮こまっていてほんとうに殻を破って出てきたばかり

の様子。

どうやら羽化のとき,運悪く昨夜の風に飛ばされたらしい。


まったく動かない様子なので、

すでに手遅れか? ‥とあきらめかげんで手にとってみれば

2本の前脚が弱々しくも動いている。


 よくがんばった、もう大丈夫だ。



  ‥‥‥‥‥‥ ファーブル研究所 ‥‥‥‥‥‥‥



これまで長きにわたり、我が庭で大発生するクマゼミどもに歴戦の死闘と

観察を続けてきた自称ファーブル13世の私である。


 君らのコトは良く知っている。


幼虫の殻から抜け出たばかりのセミは、しばらくの間はその柔いカラダが

ある程度固くなるまで抜け殻にぶら下がり、そして‥脚がしっかりと立つ

までになると抜け殻から這い出て、近くの木々の枝や葉にしがみつく。

次にその場所で翅を徐々にひろげて硬化するのをまた待つ。


私が救助したこのクマゼミは、

ちょうど殻から出てぶらさがり、カラダが固まってくるのを

待っている時だった‥と思われる。


ならば‥と、

リビングデッキに緊急救急救命テーブルをセットしてティッシュを数枚まるめ

その上にそっとセミを置く。

待つこと‥10分ちかく、

カラダに密着していた2本の前脚が、もぞもぞと動き出すやカラダを起こして

ティッシュのベッドの上を歩き出した。

 
  よし! いいぞ。


‥と、私の指をクマゼミに近づけると思った通り、前脚で一歩一歩‥私の指に

小さなかぎ爪をかけ、ゆっくりと這い上がってきた。


翅が伸ばしやすくするため、指からぶら下がるように支えてやると

私の小指の先端で動きをとめ動かなくなった。


    20110721semi3368.jpg


さて‥と、

 あとは待つばかり。

 ここでハッと気づいてやっと記録撮影にとりかかる。

 迂闊だった(泣)


20110721semi3355.jpg


小指を立てたまま‥翅が伸びて硬化するのを待つその間、

新聞を読んだり、パンにかじりついたり‥

やや不自由ながらトイレに座ったりして‥30分。


少しづつ‥少しづつ‥翅が‥ゆっくりと広がってきて‥ついに‥ピシッと

開ききり、翅はもうあのヤワな感じは消え、硬質で立派な翅となり。


 もうオマエは大丈夫だ。


 
20110721semi3394.jpg  


台風も東へ去ってゆく。

もうすぐ夏の日差しも帰ってくるだろう。


そっと庭の木の枝にあずけて‥彼(♂だった)を見送る。

やや右の翅に事故の後遺症が見られるが、この程度なら飛翔に問題はない

と思われり。


わずか一週間ばかりの空の下の命、

はねをのばして楽しんで欲しいものである。




 ‥‥‥‥‥‥‥ 天狗絵巻:補足 ‥‥‥‥‥‥‥‥


しかし‥

これから夏盛り‥毎朝、こいつらのウルサい盛りの季節

彼らとの死闘は始まったばかり。


 いざ‥正々堂々と勝負!






スポンサーサイト

● COMMENT ●

天変地異の前兆か・・・

またまたドラマチックな救助劇をありがとうございます。
しかしですね~、
今年はまだ蝉の姿見てません。
何か天変地異でも起きるのかな?と心配です。

※ こちら横須賀は「クマゼミ」
を見かけることはありません。
圧倒的に「アブラゼミ」「ニイニイゼミ」です。
今となっては、あのやかましい(笑)クマゼミの鳴き声が懐かしい。 

北さんへ

あっ‥そうか、クマゼミはそちらにはいない‥のですな。北限は今どのあたりなんでしょう?

セミの異常‥ちらほら聞きますね,今年は。たしかに我が家の庭でも羽化異常のセミがかなり多いのです。う~ん‥なんかイヤな予感。

7月20日くらいから庭の木でやっとクマゼミの大合唱が始まったようです。夏の朝の‥激闘の始まりでもあります。

ふ~・・・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/78-22788d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うなぎ小屋 «  | BLOG TOP |  » 世界小屋遺産:母子小屋

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード