topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金星:太陽面通過 - 2012.06.07 Thu

       |||||||||||||||||||| 四 国 辺 境  ||||||||||||||||||||

           
             
 


           天狗陰陽暦
      2012 0607  


          
七日巡り:木の日



   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ *** ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 金星太陽面通過をなんとかしようとした記録


20120606knsei0285.jpg



手元にある観測機器は上の写真の金環食観測用:子ども用減光グラス‥のみ。

この‥スーパーヒーローなりきりグッズのような減光グラスを、三脚に据えた

D300+SIGMA APO 70~300mm のレンズの前に手でかざして撮影に臨んだ。


ファインダーを覗きながら、左手でスーパーヒーロー減光グラスをかざして

太陽を視野にとらえようとしても、ちょっと油断すると視野がズレてしまい

もろに強烈な太陽光が目に入ってきてしまうので危ないことこのうえなし。


それでも何度か試みているうちに コツがのみこめてきてきて‥

やっと撮れました。

 
20120606kinsei0266.jpg



この画像をGIMPで拡大、レタッチして得られたのが‥

 コレ‥ である。


20120606kinsei0271.jpg


 はぁ? なんや‥これ?

‥と思った方、どうかお手間をとらせますが、写真をクリックして拡大した

画像をご覧ください。


 ねっ! ほら‥太陽の左端外縁ちかくに‥

 黒い点が‥見える‥でしょ? ねっ‥見えるでしょ?

 そ、それ‥金星、なんです。


まぁ〜 モノがスーパーヒーローグラスなんだから‥ こんなもんでも

私としては上出来の金星太陽面通過:記録写真となりました。



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 金星ノート ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


せっかくの機会なので、金星の‥

太陽系惑星兄弟のなかでも、ちょっと変わり者の金星のプロフィールを少し‥。


  金星の半径は6051km で、これは地球の約0.95倍でやや小さい程度。

  比して 太陽の半径は約70万kmで金星のおよそ116倍になる。


  金星-太陽間の平均距離は、およそ1億820万キロメートルで、これは

  地球と太陽との距離の約 7/10のところを公転している。


  大気はかなりあるが‥

  その 96.5パーセント が二酸化炭素で残りのほとんどが窒素‥だから

  猛烈な温室効果の結果、金星の表面温度は400℃ほどもある。

  地表大気圧は90気圧で、これは水深900mに相当するから呼吸はかなり

  困難と思われる。

  ちなみに金星表面は暑い雲に覆われていて硫酸の雨が降っているから

  ふつうの傘ではすぐにボロボロになる。


さてここで太陽系第2惑星:金星の‥

他の惑星兄弟とは異なった、あっと驚くべき個性的キャラを紹介しよう。



1.  自転軸が180度も倒立しているので、自転方向が他のすべての惑星とは

  逆の向きに回転している!


2. 自転周期は‥つまり金星の1日は、地球の243日時間もある!

  1日がやたらと長い。

  ちなみに公転周期は225日なので、これは金星の1日が暮れるまでに

  太陽を一周していることになる‥のだが? ほんまか!


3.  金星の大気上層では地球日:4日で金星を一周するような猛烈すぎる

  秒速100 mの風(スーパーローテーション)が、ず〜っと吹いている。

  これは自転速度の40倍である。


4.  全天のおいて最適条件下での金星の輝きは太陽・月の次に明るい。

  最も明るくなる時期には金星の光による " 影 " が観測できる‥らしい。

  日本でも白い紙の上に手をかざすと影が確認できるとの報告がある。


  ちなみに‥影をつくれるのは、太陽・月・金星にならんで

  もうひとつ‥なんと " 天の川 " も それがデキる‥らしい。


地球のすぐ内側を公転していて、大きさもかわらない兄弟惑星:金星が

太陽系の中で、なぜにこれほどに " 反抗的な暴れん坊 " なのかは、まだ

少しも解明されていないようである。


最後に‥この金星の素顔をアップしておきましょう。


15745.jpg


探査機マゼランが金星をおおう厚い雲を通し レーダー照射してつくった

金星表面の‥実際の画像です。


どうやら、地球型生物は‥期待できそうにありませんな。


でも‥とにかく‥

見上げる宇宙の視界の中で、太陽・月につづく明るい星という地位は

これまでも、これからも、ロマンと伝説を受け継いでゆくでしょう。







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://439motoyama.blog35.fc2.com/tb.php/91-844de649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謎のモンキチョウ «  | BLOG TOP |  » H女史を送る

プロフィール

yamagarara

Author:yamagarara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

ウェザーニュース

雨雲レーダー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (477)
棚田・里山 (9)
野鳥 (5)
棚田の虫 (3)
棚田 (0)
里山 (3)
生物多様性 (0)
環境保護 (1)
農業 (1)
無農薬・有機農業 (1)
虫 (7)
野鳥・虫 (1)
チョウ・蝶 (6)
アゲハ蝶 (1)
田植え (2)
野いちご (1)
カミナリ (1)
奥田シェフ (1)
ホタル (5)
原発 (1)
梅雨 景色 (1)
両生類 (0)
旅 (1)
カエル (5)
トンボ (1)
カマキリ (0)
火星探査 (3)
ハエ アブ (2)
ヘビ (2)
トカゲ (1)
スモモ (1)
写真展 (1)
蛾(ガ) (1)
みち草アート (1)
ユンボ (1)
カタツムリ (0)
宇宙 (6)
登山 (14)
子ども (4)
花 (2)
本 (1)
学習 (1)
写真物件 (1)
日記 (1)
映画 (1)
爬虫類 (1)
マテ貝 (2)

アクセス解析

証拠金

i2i アクセス解析

全国送料無料

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。